Welfare

aids, quality of life, the social protection and the like

これからの社会保障-ケイパビリティの視点から

clinic

ブリュッセルからルクセンブルグへの帰り道。列車内は混みあっているが、本が読めないほどうるさくはない。隣の4人がけの座席には、こども連れの老婦人がいた。

彼女の両脇には、孫のロイック(7歳)とジャック(3歳)。やさしく声をおとしたおばあちゃんの読み聞かせに、たのしげな笑い声がたえまなくひびいて、彼らの幸福感が通路をへだてた私にまで振動して伝わってくる。いつまでも聞いていたいような小気味よい笑いの音曲に、体がほぐれていく気がした。ふと耳にはいる会話をたどるうちに、彼女の忍耐強い養育態度にひき寄せられた。

聞いたところでは、フランスからブリュッセルへ孫をむかえにきたらしい。一週間(万聖節の休み)、彼らをあずかるという。絵本の読み方からも、教養のある女性であることがわかる。7歳のロイックはフラマン語もイタリア語もわかる。そこに彼女が、英語で説明をくわえる。私も調子に乗って、ルクセンブルグ語では、日本語ではこういうのよと言いそえた。経済的にはもちろんのこと、文化的にもなんと恵まれた家庭だろう。彼らは、次世代のリーダーとして育っていくのだろう。

隣席で私が読んでいたのは、阿部彩さんの「子供の貧困II」(岩波新書、2014年)である。日本には、100まで数えられない高校生がいるという。なんということだろう。財務省のお偉い方々がいったという。「『阿部さん、わかりました。では、何をすればよいのですか。具体的に、どのような政策を打てば子供の貧困は解決するのですか。それがわかれば、私たちだってお金をつけますよ』その時、言葉が出なかった。それが今でも悔しくてたまらない」(page. iv)。

。。。下につづく

あなたも・わたしも・みんな ⎯⎯ 「障害者」の定義づけ

相模原障害者施設殺傷事件について

シカゴ市内の精神病棟で、元クラスメートにばったり会った。

広大な州立病院で「さち」と呼ばれて、お互い目をあわせて一瞬かたってしまった。

4・5年ぶりの再会で、名前がすぐに思い出せなかった。互いに「この人は患者なんだろうか、あるいは・・・」ととっさに判断しようとしていたように思う。

彼がそれを問いかけた。「なんで、ここにいるの?」

私は大学から来ていることを告げ、彼もリサーチでインタビューしに来ているのだという。そんなことを話しながら、笑いあった。白衣やパジャマなど「役割」を示すユニホームがないから、たたずまいや言葉づかいや語彙で、判断するしかない。ハロウィンの日は薬物中毒の男性が、担当医に扮して蝶ネクタイをつけていた。そんな病棟である。

。。。下につづく

年金があぶない!

著書の「資本主義の終焉と歴史の危機」(集英社新書、2014年)の中で、水野和夫は次のように述べています。

「私が資本主義の(しゅう)(えん)を指摘することで警鐘を鳴らしたいのは、こうした『成長教』にしがみつき続けることが、かえって大勢の人々を不幸にしてしまい、その結果、近代国家の基礎を危うくさせてしまうからです。(12頁)」

「このように、現代の経済覇権国であるアメリカは、『地理的・物的空間(実物投資空間)』での利潤低下に直面した一九七〇年代半ば以降、金融帝国化へ(まい)(しん)すると同時に、グローバリゼーションを加速させることによって『電子・金融空間』という新たな空間をつくり、利潤を再び極大化させようとしました。これがアメリカによる資本主義の延命策でした(38頁)」

社会学者のサスキア・サッセンは、近年の経済疲弊、富の一極集中、貧困の拡大などはエリートの陰謀というよりは、制度・組織・テクノロジーなど社会的なプロセスが生んだ結果で、それが世界中に広がっているとし、それを略奪形成(a predatory formation)と呼んでいます。predatoryというのは、他種の弱小動物を捕って食べる動物をいいます。

。。。下につづく

Réflexions et recommandations sur l'engagement de la relation soignant/soigné

Fixons l'objectif…

Face à la personne âgée en situation de grande vulnérabilité, il est nécessaire d'apaiser le stress des soignants, de redonner du sens aux pratiques, et de fédérer les équipes autour du "prendre soin personnalisé".

Les soignants sont des humains comme les autres, mis à part qu’ils soignent les autres humains.

Chaque jour et chaque fois qu’ils se rendent au travail, ils sont face à la grande vulnérabilité de l’être, à sa grande fragilité, et à son insondable finitude. Les questions qu’ils affrontent sont des questions existentielles et philosophiques qui bouleverseraient la plupart du commun des mortels.

Personne d’autre que les soignants ne touche d’aussi près la part de mystère que représente la vie suspendue à la douleur, la souffrance morale, et la déficience ; Tout soignant essaie d’établir la distance qui protège et qui "met des gants" pour aller toucher l’être et la vie qui "prend aux tripes".

巨大地震・現時点で思うこと ─ 在外日本人からの提案

若い世代への期待

日本から離れていても(またそうだからこそ)私、アイディアくらいは出せます。

今回の震災後、融通が利かず手をこまねている大人たちのそばにいて、歯がゆさや苛立ち、怒りを感じている若い世代もいるかもしれません。このブログを読んでくれる人たちの中に、「私たちにしかできないこと」を模索している人もいるかもしれない。

私自身の経験から、思うことなのですが。何か前例がないことを、しようと思う時。自分よりも年上で、名も力もある人や団体に頼ろうとして、結局、そうゆう人たちや団体にはいろいろな制約や規則があって、あまり頼りにならないと感じたことがありました。有名な人ほど、時間も大きなリスクも取れないかもしれません。

もちろん、自分たちにしかできないことをしようとすると、前途に多難はあります。足を引っ張る人たちも、いるかもしれません。

でも、座視してられない。それなら、既得権を持った大人たちの承認や援助を待たず、無名な自分たちで前に進んで行ったほうがいいかなあ、と。

40,000 French/European kids invited to Paris by the Secours Populaire

パリ ― 思い出の夏休み 8月19日

This morning I heard a radio news report (France Info) on the Secours Populaire, a non-governmental non-profit organization.

Today the Secours Populaire will have “a day for those who cannot afford vacation travel” or provide a sort of escape for those kids from low-income families. 40,000 children (3000 out of them from outside France, other EU countries) are invited to Paris to visit the Louvre Museum, the Versailles Castle, and/or the Stade de France (the national stadium of France). Kids of some groups will enjoy treasure hunt and nautical activities on the beach of Paris-Plage. Then, all the kids will be reunited on the Champs de Mars, the vast park at the foot of the Eiffel Tower to have a picnic lunch. There, 200 streets artists will also entertain the children.

What an initiative! What a nice invitation for the kids!

 

Picture: courtesy of Christophe Eyquem under the Freemage.fr Art Libre license

パリ見学に子供4万人を招待

パリ ― 思い出の夏休み 8月19日

今朝のラジオの、ちょっと心温まるニュース。

本日パリに、4万人の子供達が集まるらしい。子供の大半はフランス全国から、うち約3000人は仏国外のヨーロッパ諸国からやって来た少年・少女たち。

この冒険に参加するのは、夏休みの間、あまりどこにも行けない低所得家庭の子供達だ。彼らは今日一日、パリで思いっきり夏休みを楽しむ。

ルーブル美術館も、ベルサイユ宮殿も、国立競技場も、今日は子供のために貸し切り状態になり、お昼はエッフェル塔のふもとに広がる公園に子供4万人と付き添いの人たちが集結して大ピクニックをする。そこに200人ほど大道芸人もやって来て芸を披露したり、空に風船を放ったり、セーヌ川沿いに夏季限定でできたビーチ(Paris Plage パリ・プラージ)でスポーツを楽しんだり、宝探しをして過ごすらしい。

Towards Other Ways of Measuring Human Development - What an Indicator of Quality of Life Might Contribute

Towards Other Ways of Measuring Human Development - What an Indicator of Quality of Life Might Contribute presented at the Human Development Index 20th Anniversary Conference, at Cambridge, UK, on the 28-29 January 2010 by Ricardo Nogales Carvajal, Universidad Privada Boliviana

Resumen

Este documento presenta los detalles de un nuevo enfoque propuesto para la medición de la calidad de vida en Bolivia a través de un Indicador de Calidad de Vida. Aunque existe un único marco conceptual (Enfoque de capacidades de Sen), dos versiones de este índice se presentan: i) la primera, se construye utilizando un Análisis de Componentes Principales adaptado a variables cualitativas y se concibe como un instrumento para evaluar la distribución del presupuesto del gobierno nacional entre los 9 departamentos de Bolivia, ii) la segunda, se construye utilizando un análisis factorial exploratorio y se la concibe para el diseño de políticas públicas de apoyo a las familias bolivianas de los migrantes internacionales. A lo largo del documento, estas dos versiones del Indicador de Calidad de Vida se comparan con el índice de desarrollo humano, desde perspectivas teóricas y metodológicas.

Ver toda la presentación (Inglés)...

Descargar el resumen como un archivo PDF

Towards Other Ways of Measuring Human Development - What an Indicator of Quality of Life Might Contribute

Towards Other Ways of Measuring Human Development - What an Indicator of Quality of Life Might Contribute presented at the Human Development Index 20th Anniversary Conference, at Cambridge, UK, on the 28-29 January 2010 by Ricardo Nogales Carvajal, Universidad Privada Boliviana

This presentation, “Towards Other Ways of Measuring Human Development - What an Indicator of Quality of Life Might Contribute”, was presented by Cristian Ricardo Nogales Carvajal, associate professor at the Universidad Privada Boliviana to a workshop entitled “Twenty Years of Human Development: The past and the future of the Human Development Index.”  The workshop was held under the auspices of the Von Hugel Institute/Capability and Sustainability Network of the Univ. of Cambridge and the United Nations Development Programme (UNDP)/Human Development Report Office (HDRO) at the University of Cambridge, on 28-29 January, 2010.

http://hdr.undp.org/en/reports/global/hdr2010/events/

Abstract

This document presents details of the new approach suggested for measuring Quality of Life in Bolivia through a Quality of Life Index (QoLI). Although there is a unique conceptual framework (Sen’s capabilities approach), two versions of this Index are presented: i) the first one is constructed using a Principal Components Analysis adapted to qualitative variables and is conceived as a tool for assessing the national government’s budget distribution amongst the 9 bolivian States; ii) the second version is constructed using an Exploratory Factor Analysis and is conceived for designing public policies to support bolivian international migrants’ families. Throughout the document these two versions of the QoLI are compared to the HDI, both from theoretical and methodological perspectives.

See the whole presentation...

Download abstract (PDF file)

Page 22: Conclusions (2)

Towards Other Ways of Measuring Human Development - page 22:

Page 21: Conclusions (1)

Towards Other Ways of Measuring Human Development - page 21:

Page 20: Conclusions

Towards Other Ways of Measuring Human Development - page 20:

Page 19: Analysis (4) - Results of the Factor Analysis (3/3)

Towards Other Ways of Measuring Human Development - page 19:

Page 18: Analysis (3) - Results of the Factor Analysis (2/3)

Towards Other Ways of Measuring Human Development - page 18:

Page 17: Analysis (2) - Results of the Factor Analysis (1/3)

Towards Other Ways of Measuring Human Development - page 17:
Syndicate content