Family / Community

The private sphere also finds its share in social-issues

パリ見学に子供4万人を招待

パリ ― 思い出の夏休み 8月19日

今朝のラジオの、ちょっと心温まるニュース。

本日パリに、4万人の子供達が集まるらしい。子供の大半はフランス全国から、うち約3000人は仏国外のヨーロッパ諸国からやって来た少年・少女たち。

この冒険に参加するのは、夏休みの間、あまりどこにも行けない低所得家庭の子供達だ。彼らは今日一日、パリで思いっきり夏休みを楽しむ。

ルーブル美術館も、ベルサイユ宮殿も、国立競技場も、今日は子供のために貸し切り状態になり、お昼はエッフェル塔のふもとに広がる公園に子供4万人と付き添いの人たちが集結して大ピクニックをする。そこに200人ほど大道芸人もやって来て芸を披露したり、空に風船を放ったり、セーヌ川沿いに夏季限定でできたビーチ(Paris Plage パリ・プラージ)でスポーツを楽しんだり、宝探しをして過ごすらしい。

少子化と公園 

ある公園の注意書きを読んで、仰天した。「公園利用者やご近所の迷惑になるようなボール遊びはやめてください」「花火をしているのを見かけたときは警察へ通報します」このような注意書きがいたるところにある。なにやら公園で遊ぶ子供たちを迫害し、告発するようで穏やかでない。なにしろ、その公園には公衆トイレ以外、大した遊具も設備もない。最低限の公園

Syndicate content