International

let's see how the International affairs impact us

オリンピックとTPP。希望を歴史の中に見つける

フランス人の友人が「さちえ、オリンピックの招致おめでとう」と言ったのがきっかけで、欧州の仲間はブラック・ユーモアで日本の放射能問題を延々と笑いとばした。

日本は大地震、津波、台風、竜巻、豪雨、豪雪と災害が多いけど、一番の災害はあの人だ。もはや安倍首相の嘘は、世界中に知れ渡ることとなった。「ああいう友達がいるだけで、もう敵は他にいらない。(バカな友達を持つと、自分に大きな災いをもたらすという意味)」ヨーロッパ地方の言い伝えがある。

ヨーロッパのブラック・ユーモアは、イジメではなく徹底的に苦いニガイ風刺で、日本も欧州の問題も自らの死でさえも、トコトン笑い飛ばし辛らつに批判する。(笑い飛ばすからと言って、彼らが死を怖れないのではない)。でもあそこまでブラックに笑い飛ばすと、ともかく「後は、元気に一日一日を生きていこう」という気になるから不思議だ。

。。。下につづく

Three frontiers (Belgium, Germany, and the Netherlands)

三つの国の国境にて

突然、義弟が再婚するという知らせがあった。彼は、やんちゃでプレイボーイなので、来夏の結婚まで持つかは分からない。いや、彼は本気か? <神妙にお縄を受けて共暮らし> (時実新子)。「とにかく婚約はメデタイ。楽しもう」と、彼らの住むベルギーにむかった。

彼らの新居は、オランダ・ドイツ・ベルギーの三つの国境が集まった、三国点の近くにある。普段、欧州の国境を、県境のように行き来しているにもかかわらず。かつてヨーロッパや世界を制覇しようとした三つの大国が合体する一点を見ながら、それぞれの国境をひと足でとび越えながら、なぜか言いようのない興奮と感動をおぼえた。

おそらくヨーロッパ人にとって、三国点は私が子どもの頃に三国岳に登った体験と似通っているのかもしれない。

だが、島国で生まれた私には、三国点はものすごく新鮮だった。「日本もこんな地続きの国境があったら、もっと外交に長けていただろうに」と、ふと義妹となる人につぶやいたら、「ウイ(そうね)」と即答が返ってきた。

。。。下につづく

激怒するEU。行き詰るアメリカ。他人事ですまない日本

今朝ラジオ(フランス・アンフォ)が、ドイツ週刊誌シュピーゲルの暴露を伝えた。
source: France Info (June 29, 2013)

独誌によると、アメリカ国家安全保障局(NSA)は、ヨーロッパにおける個人情報の収集だけでなく、ニューヨークにある欧州連合(EU)の国連代表部や、ワシントンのEUの代表部施設、ブルッセルのEU本部のコンピューター・ネットワークに侵入し、電子メールや内部文書にアクセス、盗み見し、通話を盗聴していたと報じた。独誌は、CIA元職員エドワード・スノーデン氏が所持する機密文書の一部である、NSAの2010年9月付けの「極秘」と指定された文書を、取材源として閲覧したと述べている。

EUのマーティン・シュルツ議長は、アメリカに事実の明確化を求め、独誌が報じたことが事実であるならば、今後の欧米関係、大西洋自由貿易協定の行方を大いにそこねるだろう、と表明している。欧州緑の党のダニエル・コーン=ベンディット共同議長は、アメリカに対する報復として、自由貿易に関する交渉の停止を呼びかけた。

シュピーゲル誌
source: Der Spiegel (June 28, 2013)

ガーディアン誌
source: The Guardian (June 30, 2013)

。。。下につづく

TPP世界支配の拡大をもくろんだ大企業独裁

一つ目のビデオは、アメリカのNGO「パブリック・シチズン」のロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」。この一分ほどのビデオにすべて、語られています。

www.citizen.org

二つ目のビデオは、カナダきってのアグリビジネスの批評家ブルースター・ニーンさんと妻のキャサリン・ニーンさん。TPP問題を大変心配しながら、日本人へ心のこもったメッセージです。ブルースターさんが端的におっしゃってるように、「TPPの目的は、人々の幸福ではなく、企業の幸福です」。TPPにサインでもしようなら、日本の食料自給も、国民皆保険も全部つぶされてしまいます。(製薬会社は高齢者が多く、原発事故の健康被害も心配される日本をねらってる訳です)

経団連は「いや、自分たちは大丈夫」とほくそ笑んでいるのでしょう。ですが、900ページのTPP文書を初めて見れるのがこの夏で、交渉参加の許可が9月というのですから、いまの日本の政治力・交渉力・英語力で、経団連にさえ有利な条件交渉は、到底不可能ですよ。

ramshorn.ca/visible-state-invisible-government

三つ目のビデオは、デモクラシー・ナウ!でのロリ・ワラックさんの包括的な説明。自由貿易とはタテマエで、TPPの内実は大企業のむきだしな利潤追求。日本が不平等で屈辱的な条件を受けいれないなら、ビスネスの邪魔をちょっとでもしようなら、日本政府相手に大企業が法廷闘争できるという仕組み。つまり大企業がさらに儲けやすいよう、TPPに合わせて国内の法規制や手続きを変えて、一度決まったらそれが最後(企業の裏には、高給で雇われた優秀な弁護士団が勢ぞろい)、無制限に賠償を求めていくという段取り。地域産業優先と国産品愛好を禁じ、はては地方政治・内政への干渉の権利。なにしろ、そんなに公正で、みんながモウカル協定なら、どこの参加国の国民もそっちのけでコソコソ秘密会議しません。おっそろしく手のこんだ組織的悪だくみです。

。。。下につづく

Environmental and economic factors contribute to racism and xenophobia

«You told us Australians are cool, considerate, welcoming and simply easy-go-lucky. Have you seen today’s newspaper L’essentiel?” my Belgian student said while taking off his jacket. After he had sat down, he added, “You will be shy, as an Australian, of what they did to the French tourists.” (I suggested the word “embarrass” instead of shy).

Right after leaving his company, I rushed to get the copy of L’essentiel, the most read newspaper in Luxembourg because it’s free and easily accessible (it’s in stands and distributors in strategic places, such as bus stops, train stations, airports, shopping centres and supermarkets). Page 2 of its 23/11/12 issue had an article about the verbal harassment of xenophobic nature against a young French woman by bus passengers in Melbourne. It had a photo with this caption, “La video de cette aggression sur www.insultes.lessentiel.lu. I did watch this video and, in the beginning, felt embarrass. As the video was coming to an end, however, I started to reminisce on positive Aussie qualities and multiculturalism. I salute the fellow who filmed the incident! Xenophobia (fear of people who are different from the majority in the population) exists Down Under, but it’s not widespread and not tolerated by the general Australian population.

The last 4 years of my public service job in Australia, before moving to Europe, were spent participating in many working parties, policy development, debates and activities geared towards eradicating racism and discrimination. Though governments and many Australians endeavour to have a just, fair and tolerant society, there’s still a lot that can be done.

Peaceful solution to the disputed Diaoyu-Senkaku islands

Yesterday I (Japanese woman) went to two Chinese grocery stores in Luxembourg to buy a bag of Japanese rice from California, Korean seasoned seaweed, imperial-dragon gyoza wrappers, and Taiwan highland (gao shan) oolong tea.

In Mexico and Spain, people mistook me as a local resident and asked me directions in Spanish. Similarly, Chinese and Korean people often talk to me in their languages. Happily, I try to make conversation with them, using some words which I have learned from Chinese, Taiwan, and Korean friends over the years (i.e., hello, 1, 2, 3,..., delicious, so-so, it doesn't matter, thank you, see you, I love you, etc).

Maybe, it was just a figment of my imagination, but yesterday one of the Chinese owners was slightly distant, not as cheerful as usual. Though, later I realized that she put two extra oranges in my plastic bag for free. Then, I thought of the ongoing dispute over the islands among countries.

Today I was reading two articles by Gavan McCormack who presents background information about the territorial disputes (The first article is translated into 中文, 한국어, and 日本語): "Small Islands – Big Problem: Senkaku/Diaoyu and the Weight of History and Geography in China-Japan Relations".

Right to water

Nice documentary film recommended. Watch below:
www.bottledlifefilm.com/index.php/the-story.html

As a citizen, it is time to ask oneself if it is worth or simply feasible to fight against international corporates and local industries for the human right to good-quality, drinkable, and affordable water.

...and of course, the excellent film of Annie Leonard and her team:
"Story of stuff: Story of bottled water"

Also, you may be interested in:
"Challenge corporate control over water: think outside the bottle!"

...and this: "Public water works!"

...and this: http://warisacrime.org/node/40335

人権としての水へのアクセス。水をめぐる争奪ドキュメンタリー

最近、すぐれたドキュメンタリー映画を立て続けに見ました。その一つが“Bottled Life”です。配給会社が後でいい日本語タイトルをつけるでしょうが。無理やり日本語にすると、「ペットボトルに入れられた命、生活、暮らし」とでもいいましょうか。

ペリエ、サンペレグリノ、ヴィッテルなど、70品目以上のミネラルウォーターを幅広く手がける世界最大の食品メーカ・ネスレ(Nestlé)をめぐるドキュメンタリーです。スイス人ジャーナリストRes Gehrigerが、本社、アメリカ・メイン州、パキスタン、ナイジェリアなどを取材し、ボトルウォーター・ビジネスの戦略・実態にメスを入れてます。自国スイスに本部をおく巨大多国籍企業のひずみを、スイス人が告発し複数の映画賞を受賞した労作です。

メイン州では、当企業による商用用途としての水資源の(無制限)利用確保とその拡大、地域住民との水をめぐる攻防、水源の荒廃、地元の女性活動家たちの活躍などを描写。

Communication patterns and behaviours of French and English speakers

Last Saturday, I was finishing an article on French politics when I realized that we didn’t have enough food for the weekend, and because shops are closed on Sunday, I rushed to our local supermarket. I was thrilled because I filled the trolley in less than an hour, but at the checkout my excitement turned into an unpleasant experience. My first bankcard didn’t work and the second one flashed with “code faux”. After trying twice, the cashier informed me in a high-pitched voice that I keyed in the wrong numbers and I couldn’t use it anymore. Slightly embarrassed, I scraped all the cash I had including the Euros hidden in the secret compartment of my wallet intended for emergency use only. She remarked twice that I made a mistake and when I was exiting the premises she uttered in a loud voice, “Regardez, la carte de Monsieur fonctionne”. There was no need for her to let everyone know that unlike mine, the bankcard of the man behind me worked.

I went straight to my bank, which is just across the street, and tried the same code. It worked and there’s no explanation why it failed before. I went back to the shop and told the cashier that I was disappointed with her behaviour. She raised her voice even louder, which caught the attention of the security guard who came and inquired what was happening. As I was explaining, she insisted I entered the wrong code. I told her to calm down as it’s normal for people to press wrong buttons but it’s not acceptable to be rude at customers. She didn’t have a clue what I was talking about, so I repeated “It’s uncivilised to talk in that manner.” The security guard interrupted and said “Je ne crie pas” (I’m not screaming). It was obvious my statement wasn’t for him… The French…!

The Debt Crisis and Its Impact on the Festive Season

A country’s debt includes public (also known as government or national), financial (business & investment) and household borrowings from internal (domestic) and/or external (foreign) sources. According to the European Commission’s Eurostat, the government debt/Gross Domestic Product (GDP) ratio of 27 EU members was 80% in 2010 (Greece 142.8% at the top and Estonia 6.6% at the bottom of the list); and is forecast at 89% in 2012.

Eurostat 2008 survey found that 1 person in 20 lived in a household with arrears (consumption loans, home/car/appliance repayment and bank overdrafts) which means they spent more than their monthly disposable income. The economic crisis had just started and its impact wasn’t that evident yet during this period, so today it’s more likely to have quadrupled.

In France, 1.3% (900,000) of its population has excessive debt; and 220,000 have filed for bankruptcy. In the UK, 331 people every day become insolvent (J Davies, Creditaction, viewed 7/12/11). Based on census data, USA had a consumer debt of nearly $2.4 trillion, and 1 in every 160 people was bankrupt in 2010.

... more on roladesocietalblog.com

Qu'est-ce qui est le plus rationnel: se sentir en sécurité avec une arme nucléaire ou vivre en sécurité sans elle?

YouTube montre une œuvre d'art intitulée «Une Carte Temporelle de Toutes les Explosions Nucléaires depuis 1945" par l'artiste japonais, Isao Hashimoto. Avec des spots lumineux clignotants et des sons, il montre 2053 explosions nucléaires qui ont eu lieu entre 1945 et 1998.

www.youtube.com/watch?v=LLCF7vPanrY

Si à la suite d'un de vos essais nucléaires, la radioactivité due à la matière fissible impliquée dans l'explosion contamine le sol, l'eau, l'air et la nourriture dans mon pays, ces matériaux radioactifs se répandront inexorablement sur ​​de longues distances par l'air et par l'eau, et ils retourneront petit à petit dans votre pays pour y empoisonner la chaîne alimentaire et contaminer les aliments que vous, vos enfants et petits-enfants mangez.

Alors, est-il plus rationnel d'avoir une arme nucléaire pour se sentir en sécurité, ou de ne pas en avoir?

Which is a more rational decision? To be safe with a nuclear weapon or to be safe without it?

YouTube shows an artwork "A Time-Lapse Map of Every Nuclear Explosion since 1945" by Japanese artist, Isao Hashimoto. With the flashing lights and sounds, he shows 2053 nuclear explosions which took place between 1945 and 1998.

www.youtube.com/watch?v=LLCF7vPanrY

If your nuclear explosion contaminates the soil, water, air, and food in my country, those radioactive materials spread across long distances through air and water, go back to your country, may enter the food chain and heavily contaminate the food you, your children, and grandchildren will be eating.

So, is it more rational to have a nuclear weapon to be safe, or not to have it to be safe?

アーティストの橋本公(いさお)さんは、1945年から1998年までの間に行われた2053の核実験(日本の原爆も含めた)をアート作品として、音と光の点滅と実験回数で表されています。

Dr. Beat Richner - giving the medecine of the richest to the poorest

If you are going to visit Cambodia soon, please check out the concerts performed by Dr. Beat Richner. Dr.

カンボジア・セロ弾きのお医者さん

今年の夏は、驚くニュースが多い。

ローマのホテルでテレビをつけたら、ロンドンの街が炎上する画面が映しだされた。いったい何が起きたんだろう。夏休み気分が、一気にふきとんだ。イギリスでの暴動、ノルウェーで起きた爆弾テロ事件、記録的な干ばつ、深刻な飢饉の問題。最近の世界の災厄を考えると、悶々とした気分になる。その極めつけは、やはり日本の問題。長期戦の原発問題に怒りをキープするのにも、結構体力がいる。

なさけない気分になったら、地道に生きる人たちから勇気をもらう。今回は、カンボジアで働くスイス人の小児科医・Beat Richnerさん。カンボジアやスイスでは、尊敬されている有名人物だ。「セロ弾きのゴーシュ」でなくて、セロ弾きのお医者さん。彼は海外からやってきた旅行者のためにチェロを弾いて医療活動の資金をつのり、無料でカンボジアの子どもたちを治療している。(あまりお金のない)若い旅行者からは血液を、中年からはお金を寄付してもらう。

お金持ちのうちに生まれても、貧しいうちに生まれても、人間として同じ権利を持っているんだよ。お金のあるところじゃなくて、病人がたくさんいるところに最新医療の設備が要るんだよと、当たり前のことをおっしゃる。

カンボジアに行く機会があれば、ぜひ彼の病院に行ってみたい。
プノンペンの病院 Kantha Bopha I and II
シェムリアプの病院  Jayavarman VII

Conteúdo sindicado