"Stupeur et tremblement" Introduction

Amélie Nothomb est l’ennemie publique numéro 1 des femmes japonaises. Même si je ne crois pas qu’elle soit bonne sociologue, je suis restée stupéfiée par la richesse de son vocabulaire et j’ai tremblé face à la complexité et à la subtilité de la langue française qu’elle manie avec tant d’aisance...

ケイパビリティ・アプローチ。関西弁でできひんかな。

私の母国語は、関西弁である。友人のマリさんはもう在米生活が50年以上になるのに、普段から流暢な上流お嬢様言葉で話される。もともと関東圏の方だから、日本語は私のように怪しいバイリンガルではない。「まあー悔しいわ。わたくし関西弁を話される方がうらやましくって」「マリさん、私の関西弁はかくし芸じゃないんですよ。これが地なんです。これが母舌(マザー・タング)ですよ」普段、あまり日本語を使う機会はないが、ふと関西弁が出たりする。

関西弁は私の道具である。外国にながらく住んで、日本語を忘れかけても関西弁のぬくみを忘れることはない。諧謔を含み、率直で温かみがある言葉。関西弁、地方弁を使ってガクモンをできないものか。日常の話し言葉で考えたり話しながら、地方限定や季節限定にとどまらない普遍性を見つけることはできないものか。そうや、やってみよう。思いついてから、なかなか実行にうつせなかった。

Let me introduce myself

My name is Sachie My name is Sachie (phonetically Satchié) Mizohata.

"Collaborative enterprise," a way to tackle the Capability Approach operational challenges

Sachie Mizohata — (answering the question "Overall scientific interest and innovative aspects of the project" for the Luxembourgish fellowship in January, 2007.)

The social-issues.org Community is open

Today is a celebration day!

After more than six months analysis and development, the project social-issues.org releases the first public version of its Community platform.

Syndicate content