日本人「難民」

3日前、フランスに戻った。今回は関西に2週間、滞在した。昨年は3週間、帰国した。時差ボケ、文化ボケで過ごす一週間目、「あれはナンだったんだ」とヘマや混乱を分析する二週目、そしてやっと慣れたころに出国する日本。

「日本に帰ると反動的にテレビをよく見る」と、ある雑誌に塩野七生さんが書かれていたが。私もそうだ。不在の時間を埋めるように、むさぼり見る。テレビでいつもやってるのが、グルメ・レストランなどの紹介。食べるシーンが異様に多い。それから外資系の保険のコマーシャル。「病人や年寄りは二束三文ですよ」といのちに値札をつけられてる気になる。外出すれば歳末でもないのに、買い物客でごったがえしているデパートの売り場。日本人は飽食と消費に呆けているのかと不思議な気がする。どこかヒャとするニュースや人の言動。「人間関係が希薄になっている」と聞いて、「そうなの」とうなずく。道行く若い女性たちの化粧の上手さは目を見張るくらいなのに、片や女性たちの社会的地位はそんなに向上してない。自分への問いかけも含めて、疑問に思う。

今回の一時帰国では、改めて日本では「役割」で生きている人たちが多いのかなあと何度も思った。「先生」とか「上司」「長男の嫁」「小姑・姑」、「息子・娘、父親、母親」というもろもろの役割としがらみ。同僚、家族間の役割・責任分担を慣習どうりこなせる人は、「いい人」になり、そうでない人は「常識のない」放埓な人と評価される。

スーパーにならぶ野菜パックのように、日本女性にも、もろもろの規定サイズはある。この「規定」を窮屈に感じる「できそこない」の女性はトコトン基準からはみでて、一番ラジカルなケースは海外に逃散するしかない。女性たちが外国に(短期・長期さまざま)出るのは、ある年齢以上になると「個人」としての可能性を追求できずに、「奥さん」や「おばさん」の役割を負わされることに疑問を感じるからであろう。そんな国で「優等生」でいようとしたら、元気がなくなる。

感受性のアンテナを日本よりにチューニングすると、日本社会の良さが見えてくる。何といっても、食生活の豊かさに驚く。霜降り肉やくだもの、伝統料理を食べて「美味しい」を連発すると、家族や友人たちに「いつも何、食べてんの」とあきれられる。それから良質のサービスと効率性。北米から帰るとそうでもなかったが、フランスから帰国するとこれはつくづく感じることだ。「ミシュランガイド東京版」の発売にあたり、ニューズ・ウイーク誌(2月11日号)で、記者が「日本で食べて一番まずかった料理は、フランスで一番美味しい食事よりも、まだよかった」と書いていたが。これをもじれば、日本で一番遅いサービスが、多分、フランスではまずありそうにない超特急サービスかもしれない。近所の目抜き通りにある高級ブティックのウインドウが割られ、修理されたのは3ヶ月後だった。この国の「社会問題」とも思える賃貸マンションの天井や風呂場の水漏れは、修理されるまで(大家の良心にもよるが)少なくとも3年はかかる。眼科や歯科の予約は早くて半年後。予約が一年後になることも、珍しくはない。消費者としてサービスや商品に関する苦情を言っても、相手の対応は変わらず、「文句をいうあなた」が問題の一部として見なされてしまう。この社会の闇を知らない旅行者たちが、今日もルーブル美術館やシャンゼリゼ通りを目指しパリを訪れる。

数日前までは「がっしり、大柄」の日本の私は、フランスで「標準サイズ」に戻る。そういえば日本製で「大きいサイズ」の私は、アメリカでは「スモール」サイズの服を着ていた。在日「ガイジン」ぽかった私も、フランスで真正の少数派、外国人に戻る。

日本に帰ってもフランスに戻っても、家族・親戚の家でも親友の家でも、それぞれの家に「ただいまあ」と言って帰る。二国を行き来した3日間くらいは、両国の良いところと嫌なところを比べては、無国籍ゾーンを行ったり来たりする。その国の味覚を取り戻すのにも、少し時間がかかる。海外旅行をすると電気環境が変わり、その国の電圧に対応するようなアダプター(変圧器)を使うように、五感の微妙なチューニングが必要になる。一方の国の「平常」に戻っていない居心地の悪いまま、両国を観察する。どの国にもまるまる属さないが、どこに行っても安心できる帰属感はある。どの国にもある、その国の良さ。「生活の質」。住みやすい国と、住みにくい国。便利な国と、不便な国。豊かな国と、貧しい国。これらを判断するには、人生をどう過ごしたいか、何が大事かという価値観にもかなり左右される気がする。

コメント

新しいコメントの投稿

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するさらに詳しい情報...

CAPTCHA
This question is for testing whether you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
画像CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.