History

History helps to build the World of Tomorrow

「伝えられなかったヒロシマ・ナガサキ」

Hiroshima and Nagasaki Memorial

先日、明治学院大学の国際平和研究所発行の小冊子(PDF)を、送付していただきました。ハノーファー(ドイツ)から戻リ、受信メールをチェックしていた時のことです。

ハノーファーが広島の姉妹都市とはつゆ知らず、期せずして友人(かの王宮庭園のマネージャー)の誕生日祝に行ったのですが。

原爆の日の前夜、友人一家に旧市街を案内してもらい、広島から贈られた平和の鐘にも触れることができました。教会の壁には、被爆者の方たちの写真も展示されていました。

20代の頃、別のドイツ人夫婦にホロコースト関連物の保管所に連れて行ってもらったことがあります。その場所も、そこで何を見たかも、ほとんど覚えていないのですが。その後、あまりのショックで小一時間、身体ががたがた震えて口が聞けなくなったのを覚えています。自国の歴史に向きあう経験則の違いにも、驚いたものです。

。。。下につづく

"Hiroshima and Nagasaki Censored" par Kiyoko Horiba

Hiroshima and Nagasaki Censored by Kiyoko Horiba

Au Japon, les misères de la guerre, les raids aériens et les bombes atomiques ont souvent été évoqués alors que d'autres aspects, en particulier la mémoire des crimes de guerre, ont été quasiment passés sous silence au cours des dernières années.

Parmi les jeunes Japonais, nombreux sont ceux qui peuvent avoir entendu parler du daihonéi happyou ou "bourrage de crânes" de la propagande militaire mais ne presque rien savoir du système de censure imposé par les forces d'occupation après la guerre ou même ignorer que le Japon ne se classe que 67ème sur 180 au World Press Freedom Index 2018 (72ème l'an dernier).

C'est pourquoi j'aimerais attirer l'attention des gens sur notre histoire. Voici un lien vers le magnifique ouvrage de la poétesse Kiyoko Horiba intitulé Hiroshima and Nagasaki Censored qui a été publié cette année par Meiji Gakuin University (International Peace Research Institute).

N'hésitez pas à partager ce document avec autant de personnes que possible. Merci d'avance.

Lire la suite...

"Hiroshima and Nagasaki Censored" by Kiyoko Horiba

Hiroshima and Nagasaki Censored by Kiyoko Horiba

In Japan the miseries of war, the air raids, and the atomic bombs are often told, while other aspects, particularly the memory of war crimes, has been far less discussed.

Many Japanese people may know about the daihonéi happyou or force-feeding military propaganda. But, what little known is about the censorship system by the occupation forces after the war or even the fact that Japan ranked 67 out of 180 in the 2018 World Press Freedom Index (72nd last year).

That’s why I would like to draw people’s attention to our history. Here is Hiroshima and Nagasaki Censored, wonderful work by Kiyoko Horiba, poet, which was published by Meiji Gakuin University (International Peace Research Institute) this year. Please share this work with as many people as possible.

Read more...

a partial Japanese translation of the World Inequality Report 2018

This blog has a partial Japanese translation of the World Inequality Report 2018 by the World Inequality Lab including Thomas Piketty and more than 100 researchers in more than 70 countries.

ピケティの「世界不平等報告書」の概要 一部・邦訳掲載

昨年のお正月。トニー・アトキンソンが亡くなったニュースを耳にした。

「世界不平等報告書」の概要

ある学会会場への帰り道、バスの座席に1人ですわる彼を見かけ声をかけたことがあった。それからホテルの会場まで Luxembourg Income Study や OECDの調査について話しながら、歩いて帰ったのを思いだす。翌朝も、席につくと目の前に彼がいた。なんとも謙虚で気さくな紳士が病気を患っていたことを知り、とても悲しかった。

今年になって「世界不平等報告書」を読んだ。彼の残した仕事を、同僚・友人であるピケティと世界の仲間である100人以上の専門家たちが受けつぎ、強化を図っていた。アトキンソン(アマルティア・センもアダム・スミスも)は、経済学の根幹をささえるのは倫理だと、くり返していた。

300頁にわたる報告書を訳すのはムリなので(経済の専門家たちがもっと上手に訳されるでしょうが)。特に興味をもった2ページを訳(意訳)してみた。グラフを見ると、われわれの共通財産である「公」の富が「私」へと移動していることがわかる。現在、公の富が私物化された、国有地の格安払いさげたという問題が取りざたされている。その諸問題の背後で、種子法は廃止され(みんなの種が、誰かさんの種になり)、TPP 協定はすすみ、アベノミクスと株価バブルで大企業と富裕層はさらにうるおう一方、公的債務は蓄積し、公ひとりひとりの教育や福祉への投資は減り、公的年金も減り、政府は人々の負託にこたえられず、国力が衰えていくという日本のすがたを映す鏡のようである。

。。。下につづく

Uncle Sam and weapons - a forever story

Uncle Sam black-marketing weapons

100年前からの連続性

clinic

スペインはアンダルシア。

昨年のクリスマス・イヴに、Blanco y Negroという雑誌(1891年に創刊)を蚤の市で見つけた。主に芸術や文学を扱う週刊誌で、現在も発行されているようだ。

1915年9月26日、1.271号のページをめくると、ベルギーやオーストリアの女性参政権についての記事があり、その中にこの風刺画がある。画家の名は、Pedro Antonio Villahermosa y Borao で通称Sileno。ページ数は見あたらず、文の内容と挿絵とはそぐわないが、一枚の画が多くを物語っている。

アンクル・サムのアメリカの足元には、(紛争・戦争の当事国が債務に苦しむのは重々わかっているから)現金決済という札とともに武器がずらりとならび、背景に潤う軍事産業が見える。戦闘狂なるものの軌跡。米国の軍事産業の言いなりに防衛力を整備していると、日本の富もドルの嗜好品として煙となり消えていくという図説ですね。

同時に、日本の歴史についても考えさせられる。以前、加藤周一氏(NHK「歴史としての20世紀を語る」)がドイツや日本の戦争責任を問いながら、水面下にいるナチの残党について言及していた。ハーケンクロイツの旗を振っていた人たちはどこへ行った。戦争が終わったからといって、急に消えるはずはない。「南京で子供を殺したおじさんはどこ行ったの。それは我々の隣に住んでいるとても良いおじさんなわけじゃない。親切で・・・」みたいなことを言っていた。

。。。下につづく

Introduction to Abe’s Constitutional Amendment

Recently I have read some papers on the 2015 security legislation, the collective self-defense, and the LDP’s constitutional revision push.

This video explains what I have learned for the past months in only 5 minutes. Very nice! Please share this with as many people as you can!

5分でわかる改憲案

スペインの軍事独裁政権でのお話。

死の床にいた独裁者のもとへ、信奉者たちがわかれを告げにつどい寄った。「われらがリーダ。フランコ将軍よ。アディオス。アディオス」

それを耳にしたフランコは、その場にいた医師に問いただしたという。「さよなら、さよならって。彼らはどこへ行くのだろう」

この混濁した意識と方向性を見失った様子は、同胞・日本人を「こんな人たち」と呼んだ秋葉原での安倍さんとかさなるように思う。

最近、集団的自衛権や自民党の改憲案について、少し読みとってきましたが。忙しい人には、これが一番わかりやすいように思います。まったきを得た5分のビデオを、ぜひ多くの人たちに見ていただきたい。

。。。下につづく

Momotaro Story

This blog is about the articles of Okuizumi Eizaburo (1940 – 2013) on “The Story of Peach Boy and Japanese Culture.” It was published in the Japanese American newspaper, Mid America Guide, from February to August (except July) in 1996.

I think that Momotaro is still relevant in today’s Japan. Okuizumi writes that evil Oni (鬼) is Oni (隠), namely something invisible (it can be seen it as Japan’s perception of foreign threats). Momotaro story can be also associated with Nippon Kaigi school’s regimentation, hate indoctrination, and instrumentalization of children. Peach Boy is a very interesting subject to study, indeed.

奥泉栄三郎さん(1940-2013) 「桃太郎と日本文化」

Momotaro

「それにしても、あなたは年寄りの友達が多いねぇ。僕も含めてね」なにを話していたかは、覚えてないが。そう言って、奥泉さんは明るくはじけるように笑った。

彼がいなくなれば、友人関係はそれで終わってしまうものだと悲しかった。ところが、病気になった彼に代わって、妻の圭子さんという友人をあらたに得た。奥泉さんの人生は、この賢くやさしい女性にささえられてきたのだと知るようになった。

その圭子さんが、この春、彼の残した「桃太郎と日本文化」という文書を送ってくれた。

室町時代から語りつがれる民話が、軍国主義を正当化する童話として、GHQに禁じられた時期があったという。「赤鬼・青鬼」は「鬼畜米英」で、「鬼ヶ島」を「真珠湾」にたとえたのだから、ムリもない。ピーチ・ボーイの改変史を知ったのは、近年ジョン・ダワー氏の本を読んでからである。

奥泉さんも、随分まえから桃太郎をみていた。うれしいのと同時に、これは年上の友人からの警告だろうか、と思ったりもする。

つまり「桃太郎人気にご用心」ということだろうか?

。。。下につづく

Deported of Indochina: "We Are Forgotten Ones of History"

インドシナにおける強制送還:「我々は歴史から忘れさられている」

Jérôme Jadot, Cécile Mimaut - www.franceinfo.fr "Les déportés oubliés d'Indochine" (21-04-2016)

今年4月、週末。のんびり朝食をとりながらラジオ(フランス・アンフォ)を聞いていたら、涙にむせびながら話す男性の声が耳に飛びこんできた。あんな風につらそうに高齢の男性が泣くのを耳にするのは、祖父が若い頃に(曽祖父の破産が原因で)苦労したといって泣いたとき以来である。

これは訳さなくてはいけないと思い、フランス・アンフォに一応許可を得ようと連絡したところ、約1ヵ月後に許可をいただいた。(こちらが忘れていることでも、欧州人は忘れていない!)できるだけ多くの日本人に、読んでいただきたい。

4月21日 2016年 ジェローム・ジャド(国営ラジオ フランス・アンフォ)
今週日曜日の強制送還記念日は、ナチスによる強制収容所の犠牲者への追悼と尊敬の意を表する。だがその日は、我々があまり耳にすることのない、第二次大戦中に強制送還されたその他の犠牲者たちを含むものではない。1945年3月~9月の間、15,000人のフランス人はインドシナの日本収容所に収監されていた。

キャンプの生存者のインタビュー。

。。。下につづく

「敗北を抱きしめて」(Embracing Defeat)雑感

This blog is about my thoughts on John W. Dower’s book Embracing Defeat in Japanese. Several years ago, I read the conclusion chapter only (yes, shame on me). I thought that we Japanese already know this stuff, so the book had been sitting on my bookshelf for years.

But somehow I thought of this book and started reading it. And, once I started reading, I could not stop… and I kept murmuring to myself or growling “Omoshiroiiiii (interesting).” It was an immense pleasure to read.

Contrary to the lyrics of the Southern All Stars (the school textbooks run out of time before getting that part), the book starts with “the part we most want to know.”

It is said that Japan has changed remarkably for the last seven decades. Yet, seemingly there are so many things unchanged: low status of women, their legal and social oppression, poverty, younger women’s resorting to sex work, the gap between the rich and the poor, the inept government, and the like.

I find the chapters on politics most fascinating. Also, I like the chapters on how the image campaign successfully transformed the emperor of war responsibility into an almost saintly figure.

When I started school, the emperor was already a transformed character. But, as a child, I could sense his discomfort: something painfully awkward, stolid, and severe. (Although kids do not have a wide vocabulary, we could feel and judge things.) I was intrigued by his past and character (e.g. what happened to him?). Perhaps, that was the part that even the successful campaign could not change. And, the book provides us some important answers to “the part we most want to know” in our history.

「敗北を抱きしめて」(Embracing Defeat)雑感

ジョン・ダワー先生のベストセラーは、後半をすこしひろい読みしただけで長らく書架においたままだった。浅草の女性ストリーッパーの写真や雑誌の図説を見て、俗っぽい内容の本なのかと勘違いして本を開かずにいた。

昨年成立した戦争法について考えていたとき、この本にあてどなく手がのびて13章から終章までじっくり読みおえた。あまりにおもしろくて序章にもどった。どうして読まずにいたのだろう・・・。

言葉(英単語)ひとつにしても、惜しげもないゆたかな語彙も表現も、話の展開も、限りなくおもしろい。おかしみは尽きず、つい読み急ぐのだけども、一気に読むのはもったいないような、底ふかい愉悦感。「おもしろォーい」と何度もうなりながら読んだ。

ダワーを読まずして、なんとしよう。

全体にただよう文学的な風合いには、星屑を散らしたように、ラテン語が(フランス語も)使われていた。なるほど目でも愉しめるように、四字熟語のように効果的に視覚に訴えてくるのがわかる。英文にも「眼福」ってあるのだなと知らさせた。

。。。下につづく

コンテンツの配信