Sachieさんのブログ

欧州にて — 学術会議をめぐる雑感

Symbol of the oldest university in the world in Bologna

大学を英語でa university と言います。これはラテン語の universitas に由来し、“a whole” を指します。つまり総べてひっくるめて“all-inclusive” の総合知の学舎を「大学」と呼びます。(ウイキペディアにも載ってますよ)「大学」には「学問の自由」が不可欠で、ここ900年ほどの伝統です。今回の日本学術会議会員候補6人の任命拒否・人事介入問題で、現政権はそういった「広い視野」に乏しいということが明らかになった気がします。

未来志向なら、科学的知見は政策決定に無くてはならないものです。リベラルな知識人の研究は、警察国家への歯止めにもなることでしょう。

予算委員会質疑を見ていると、政治家にかかわらず、「民主的に」熟議することに苦手な日本人が多いという印象があります。さらに「リーダー」と「マネージャー」が混同されているようにも思います。日本の「指導者」と言われる人には、実は単なる「マネージャー」が多い。彼らはトップダウンで「上(ワシントン)」や横から言われた仕事をするだけで、指導者の資質である長期的ビジョンや人を惹きつける温もりやカリスマに欠けていそう。非を認めて謝るのも、リーダーの度量だと思いますよ〜。(米国憲法修正第1条は、表現の自由ですよ)

要警戒 「ベーシック・インカム論」

Poverty - Begging elder - credit: FGTB.be ACCG.be

コロナウイルス第二波の影響は、専門家たちの予想以上に大きいのではないでしょうか。この緊急対策としてベーシック・インカム論がぶり返し、フィンランドや、オランダ、イタリア、ドイツなどの国々や限定地域で行われてきたベーシック・インカム (BI) 制度を導入する社会実験が、より現実味をおびてきました。

そんな折、日本でも竹中平蔵さんが月7万円のベーシック・インカム論を紹介したようです。これは危ないとすぐに感じました。それにしても、ベーシック・インカムや社会的共通資本や福祉について常々考える人たちがいる世の中で、常に自分の儲けを追い求める人たちもいるのだなあと感心しています。それを証するように、世界の大富豪たちの所得はコロナ禍で飛躍的に伸びているではありませんか。

この分野の専門家でロンドン大学教授・経済学者のガイ・スタンディング (Guy Standing ) は、年齢や性別、婚姻状態、就労状態、就労歴などに関係なく、すべての個人に一律で最低限の生活費を支給する制度をユニバーサル・ベーシック・インカムと定義しています。

。。。下につづく

2020年 夏の雑感

Flower on the Corniche - the Balcony of Luxembourg-city

ルクセンブルクの封鎖措置は近隣国と比べると、ゆるいものでした。ここは森の国なので、存分、森林浴をして春を乗りこえました。一方、フランスやベルギーでは外出時間や距離がきびしく制限されていて、友人たちはとても辛そうでした。ドイツも似たりよったりでしょうね (ドイツの友人とは、コロナ以外の話しかしなかった)。

EUには国境表示があまりないので、森の中でフランスと知らずに歩み入って罰金切符をもらった人や、いつものように卵を買いに道を渡ったら、ベルギー側で潜んでいた警官から400ユーロの罰金を取りたてられた人もいたようでした。4ユーロの卵が400ユーロになる理不尽。人を罰することが目的化したような、フランスとベルギーの春でした。コロナでEUのもろさが表面化した気がします。

それでもルクセンブルクでは、まず一人につきマスクが5枚、その後しばらくして50枚配布されました。マスク配布は即効でした。真夏なのに道をゆく人たちは、おおかたの人たちがマスクをつけています。中にはアゴや手首や上腕にしたり、もちろんホームレスの人たちもマスクを装着。

。。。下につづく

Sommes-nous vraiment prêts à retourner à notre routine ?

eXtinction Rebellion Luxembourg

Avant de retourner à la routine, des débats, discussions et autres examens publics sont nécessaires.

Il était près de 19h15. Nous nous promenions près du pont Adolphe, à mi-chemin entre la gare de Luxembourg et le centre-ville. Nous avons entendu les sirènes des véhicules d'urgence; au moins six camions de pompiers et ambulances se précipitaient vers la gare. Plus tard, nous apprenions qu'un incendie s'était déclaré dans notre voisinage. Toutes sortes d'équipes de professionnels ont agi rapidement pour stopper cet incendie à Luxembourg. Pendant ce temps, de nombreux incendies continuent à ravager l'Amazonie, au Brésil, au beau milieu de cette pandémie:

« la déforestation en Amazonie a atteint un niveau record depuis janvier. Cette déforestation est de 55% supérieure à celle de la même période de 2019. » (source: France Info)

La forêt pluviale amazonienne est populairement appelé le « poumon de la Terre ». Même si cette analogie est incorrecte, sa capacité d'absorption (entre 20 et 25% des émissions de dioxide de carbone planétaires) est loin d'être négligeable. Ironiquement, au même moment, nous subissons le coronavirus qui s'attaque principalement aux poumons. Peut-être, faut-il aussi y voir une métaphore ?

( Lire la suite 。。。)

Comment tenir bon durant le confinement ? Notre cas luxembourgeois (3)

Hyowon Chi - musicien professionnel vient jouer sur son balcon

6) Concerts aux balcons

Un jour mon compagnon m’a dit : « Peux-tu entendre de la musique ? Une flûte ». Je n’entendais rien. Mais il a insisté. Alors, je l’ai entendue faiblement et j’ai donc ouvert une fenêtre. Nous avons alors vu quelqu’un jouer de la flûte traversière sur le balcon d’un immeuble tout proche. C'était un voisin qui rétrospectivement s’est avéré être coréen. Par la suite, nous avons constaté que ce petit intermède musical arrivait tous les midis comme une pause dans notre longue journée de confinés en l’égayant d’un moment de réconfort et d’oubli du virus. « Notre » musicien se nomme Hyowon Chi et il est flûtiste professionnel.

Selon Hyowon, au début de l’initiative, il était prévu de jouer en duo avec son amie Hélène (flûtiste à l'OPL) qui habite un autre immeuble juste à côté du nôtre. Tous les jours, de leur balcon respectif, ils auraient joué ensemble mais il s’est avéré impossible d'être synchronisés à cause de la distance. Nous aurions bien eu besoin d’un « petit » Seiji Ozawa dans notre voisinage. Alors, ils ont décidé de jouer tous les jours à midi à tour de rôle. C'est ainsi que leurs concerts de balcon ont commencé depuis le 19 mars quand il faisait encore assez froid.

( Lire la suite 。。。)

Comment tenir bon durant le confinement ? Notre cas luxembourgeois (2)

Résident permanent

2) DIY : Réparer et recycler les choses

Cet objet non identifié a été sauvé par mon compagnon des poubelles de notre immeuble d’où il essayait de s’échapper... je parle bien du petit alien et pas de mon compagnon… :-) Après une bonne séance de nettoyage pour les deux (douche et lavage à la main… je vous laisse deviner qui a pris l’option douche), le nouveau venu est resté assis dans le salon pendant quelques mois en attendant les pièces pour le réparer.

Dans l’intervalle, mon bricoleur a fini de recoudre son sac-à-dos (que le cordonnier refusait de réparer), en utilisant des outils qu’il n’avait encore jamais vus (achetés sur Internet à un prix très modeste : 25 euros) et en apprenant les techniques de couture du cuir grâce à des vidéos trouvées en-ligne. Le sac est à présent plus solide qu’il ne l’a jamais été.

( Lire la suite 。。。)

Comment tenir bon durant le confinement ? Notre cas luxembourgeois (1)

Magnifiques rhododendrons à deux pas en bas de chez moi

Il y a quelques années, alors que je profitais avec mon compagnon du fameux Happy Hour de la Brasserie Alfa, en face de la gare de Luxembourg, deux vétérans américains de la Seconde Guerre Mondiale étaient assis à côté de nous au comptoir. Je suis japonaise, expatriée depuis bien longtemps, et mon partenaire est belge. Ils nous ont raconté leur « pèlerinage des Grandes Guerres » commencé en Normandie, en passant par la Marne et Verdun, et qu’ils poursuivaient vers Bastogne. Avant de les quitter, je leur ai indiqué les endroits à visiter en ville en glissant malicieusement que la brasserie bordait le « quartier chaud », ce à quoi l’un d’eux a lancé d’un ton juvénile « Vous plaisantez ?! Par où y va-t-on ? » et nous nous sommes tous mis à rire.

Oui, nous vivons dans le quartier cosmopolite de la Gare de Luxembourg. Toutes sortes de cultures, langues, nationalités et classes sociales s’y côtoient, y compris des millionnaires, des artisans, des commerçants et d’autres types de travailleurs. On y croise également ceux qui gagnent leur vie par des voies moins louables. Et puis, nous y trouvons aussi nos perles rares. J’y reviendrai dans un de mes prochains billets. Bref, c'est un lieu de vie sociologiquement intéressant.

Dans ce billet, je veux partager avec vous mes astuces pour faire face au confinement sans sombrer dans la morosité, la névrose phobique voire la folie douce. Bien sûr, nous sommes biologiquement câblés pour marcher et, en l’occurrence, se promener en forêt ou faire du sport en plein air est ce qu’il y a de mieux. Mais est-ce envisageable en ce moment ?

( Lire la suite 。。。)

Dancing at home!

This is so cool! soooo Luxembourgish! This nice little song reminds us that we are not “separate islands,” but a part of the larger society! Solidarity!

「コロナウイルスは今やここに」「外に出ないで、家で踊りましょう」「2メール距離をおいて、手洗い励行」「病人、虚弱な人、お年寄り、そして彼らをケアする人たちのことを私は想ってますよ」という手作り感のある連帯のビデオです。ルクセンブルク社会が、一瞥できると思います。

Danzt doheem

Si soten : « O mei, de Virus ass elo hei
a Schutzmoossname gëtt et eng ganz Rei.
Beim Schwätze respektéiert zwee Meter Distanz
a wäsch deng Fanger sou oft s de kanns. »

ルクセンブルクの春陽

Eglise St Jean - Neumunster

目覚めた時に、フランスに住む友人からメッセージがあった。「天災無情、人間互愛。做苦難人的後盾、讓災難的背後仍有溫情、在溫情中看見希望」

さすが台湾の国際人。「コロナ禍を乗り切ろうね」という彼女の温かさが伝わってくる ――――――

13日の金曜日。あわてて美容院に電話をして、髪を短く切ってもらった。その夕方、ベルギーの学校、飲食店、劇場などが一斉封鎖になった。翌日、国境沿いのレストランで美酒美食を堪能した後、15キロほど森の中を歩いた。そして日曜日の深夜、ルクセンブルクでも封鎖措置がはじまった。ベッテル首相が3ヶ月間の非常事態宣言を発表した。つまり夏頃に、非常事態は一旦終息するであろうという見通しが示されたことになる。感染第二・三波が出現すれば、非常事態はさらに延びるだろう。

3月21日現在のルクセンブルクのコロナウイルス感染者数は670人、死者8人。感染者数が一日で40%増加している。政府は急遽、新しく病院を建設することを発表した。あわせて中国政府から約17億円相当のマスクや人工呼吸器などの医療品が、届けられた。

。。。下につづく

気候危機 II 崩壊ふたたび

Salt Creek Falls by Andrew Coelho on unsplash.com

水や食べ物、住まい、エネルギーなどの生活必需品が不足し、「通常運転」がもはやできず社会の基底がくずれることを「崩壊」と呼ぶ。

近年フランスでは Pablo Servigne らの崩壊学の本がベスト・セラーとなり、この酷なゆく末をわが子にどうやって説明すればいいのかと泣いて相談する若い母親や、アメリカでは優秀な学生が退学し、手に職をつけて活路を見いだす人たちもいるようだ。その「崩壊」をテーマに映像化した日本映画に『サバイバルファミリー』(2017年公開)がある。

わが街ルクセンブルクでは、崩壊を語る人も、有事に備えるために農業を営む知友も増えてきた気はするが、日本と同様、一般的に危機意識は低い。さながら「12月23日の七面鳥」感がある。(エサもねぐらも申し分なく、まさか、あくる日に丸焼きになるとは夢にも思ってない様子)

だが社会崩壊は、歴史上の事実として存在する。ジャレド・ダイアモンド(地理学・歴史学・人類学者)は崩壊の要因として、5つ挙げている。
1)環境崩壊・資源の枯渇
2)気候変動
3)近隣国との敵対関係
4)友好国の減失
5)誤った環境対策である。

。。。下につづく

気候危機 I

ビデオを見ると、その人は泣いているようだった。屈強そうなアメリカ人記者は、アルピニストでもある。

あのハワード・ジンに「すばらしいジャーナリスト」と言わしめたダー・ジャメイルが、聴衆の前で声をつまらせ涙ぐむのは、やや異様なことに思えた。イラクなど数々の紛争地域に赴任していたこの従軍記者は、トラウマがあるのだろうか。見ている側の私が戸惑った。

環境と気候の非常事態の真相を見きわめるために、アラスカ山脈を起点とし、アマゾンの熱帯林やオーストラリアのグレート・バリア・リーフにも足を運び、それぞれの専門分野の第一人者に取材を行い、多くの証言と科学的知見をもとに本にまとめた。今、地球で何が起こっているのか。その報告会で、彼は言葉を失っていた。

そして、彼の悲しみの深さを知った。それは戦争ではなく、気候非常事態による喪失、PTSDなのだ。彼は知っている。気候危機は、もう抜き差しならないところまで来ているのだと、現状の深刻さに感じ入った。

。。。下につづく

The Climate Crisis

Cover of the book ''The End of Ice''

Last December I watched a video of Dahr Jamail. He briefly stopped talking about his new book on the climate crisis. To my surprise, he was weeping. I first thought he had severe PTSD due to his experience in Iraq as a war reporter. He continued to talk, coping with grief. Then, I came to realize the depths of our climate crisis. He was actually dealing with climate PTSD.

Recently I finished reading his book The End of Ice (New York: the New Press, 2019). I read it calmly in the beginning, digesting climate realities, and then suddenly I felt so depressed.

(Reading his book, I thought of our beloved medical doctor, Tetsu Nakamura. He wrote: “In Afghanistan, there is a proverb that says, ‘One can live without money, but not without snow.’” Indeed, he was right about the importance of ice, snow, and water. Similarly, he was interested in insects, which are also vital to our existence.)

Jamail’s book is very interesting and certainly worth a read. In the face of the global climate crisis, we will need this kind of journalist, who can work in a very timely manner, as things are so rapidly unraveling, and it is so hard to keep up with them.

Tomatoes

Tomato tree in Luxembourg

My husband brought back three baby tomato plants in late June.

All of them have flourished without chemical fertilizers or pesticides, though I used Effective Microorganisms (EM) given by our friend and charcoal powder.

プチトマト

Tomato tree in Luxembourg

6月末。ベルギーの家から夫が、トマトの苗木を持ち帰ってきた。30センチ弱、心もとない苗木が3本あった。「これを誰が育てるの?」と思いつつ、とりあえず大きめの鉢に植え替えてベランダに出してみた。

夏の間は毎日水をやり様子を見ていたら、あれよあれよと言う間に大きくなった。成長にあわせて、鉢も大きくしてみた。

それから友人のギドに、手作りの EM (Effective Microorganisms) 入りの小瓶をもらった。この人は週末になると自然保護区のような家に帰り、ドイツで農業実験をしている。

その頃、散歩コースである森で山火事が起きたようで、燃えた木々がそのままに放置されていた。その炭になった部分を少しいただいてきて、それを粉々に砕いて「木酢液」と「テラプレタ」をイメージしながら(あくまでもイメージで、正確なものではない)土に混ぜた。そしてその土に、酸っぱい匂いのするEMも混ぜてみた。

。。。下につづく

Deconstructable house and environmentally friendly aircraft

These days I have been overwhelmed by many things: Typhoon Habigis, superstorms, fires in the Amazon, climate emergency, habitat destruction, socio-economic consequences, and many more. These two videos sent by friends are very interesting and uplifting. Watch them when you feel a bit down.

Visit ''Designing for Deconstruction - X-Frame'' nice housing retrofitting

Visit ''Solar Impulse - Around the World to Promote Clean Technologies''

コンテンツの配信