International

let's see how the International affairs impact us

This year and beyond

The year is coming to an end, and this is my last article in 2014. We've read and heard a lot about crimes, illnesses, injustices, the Ukraine crisis, shoot down of Malaysian Air Flight 17 with nearly 300 people on board, abduction of Nigerian girls, Ebola virus and on-going Middle East conflicts.

In fact, there are more happy stories and remarkable progresses than gloomy ones. There have been useful research findings and inventions, such as robotic exoskeletons that can provide support to a ravaged body that needs to heal. There are now about 3 billion people in the world who have Internet access. The FIFA World Cup, which was held in Brazil from June 12 to July 13 and won by Germany, was a success. The Rosetta spacecraft's Philae probe landed on Comet 67P, which was the first time in history. National and international laws have been introduced and collaborations established to combat organised and cyber crime, terrorism and tax evasion (e.g. US FATCA - Foreign Account Tax Compliance Act that requires US citizens, including those who live outside the US, to report their financial accounts held outside the country; and obliges foreign financial institutions to disclose to the Internal Revenue Service (IRS) information about their U.S. clients. This increases national tax revenues as it makes it difficult for US taxpayers to conceal assets abroad). There have been local and global meetings, conferences, working parties, fund-raising events and other gatherings addressing social, political, economic and environmental concerns.

ベルギーの志道館

Long life to Shidōkan!

Longue vie au Shidōkan!

Cette année marque le dixième anniversaire de Shidōkan, club de iaido à Libramont, en Belgique, fondé par d'ardents disciples de Ogura Noboru Sensei, Gérard (Gési) Simon et Gérard Gatelier. Maintenant, le club entretenu avec succès par Gatelier et d’autres. Beaucoup de membres consacrent une bonne partie de leur vie à la pratique et à l’amélioration de leurs techniques de iaido et la connaissance des aspects philosophiques afférents à la discipline. Une personne, par exemple, fait chaque semaine 120 kilomètres de route pour aller pratiquer, tandis qu’une autre personne pratique près de 6 jours par semaine, gardant un jour libre pour que sa femme puisse le voir!

Je me demande ce qui est si fascinant dans le iaido (s’entraîner pieds nus dans un dojo pendant des heures). Une personne m’a dit que c’était "la poursuite du bien-être, celui qu’on gagne et celui qu’on partage."

(Lire la suite...)

Summer holiday (UK)/vacation (US)

I was nearly finished writing an article entitled "Not on holiday." After lines and lines of experiences of men, women and students doing summer jobs to put food on the table, pay for driving lessons, save for university studies, etc.., I decided not to go ahead with it. I realised that my thoughts were all over: from the economic crises, social evolution to work ethics, and these issues are boring as a summer reading. So, I'm going to talk about my tomorrow's visit to central Europe instead.

From Metz (the capital of Moselle in the north-east of France where I live) to Prague (the capital of the Czech Republic where I'll stay for 4 days) is 7 and a half hours by bus. From Prague to Bratislava (the capital of the Slovak Republic where I’ll be for 4 days), is 3 and a half hours by bus.

The Czech Republic is a member of the European Union (EU) but not of the Euro Zone (thus money exchange will be a bit inconvenient -- about 28 Koruna to 1 Euro); has a population of slightly over 10.5 million; has a multi-party democracy with the Prime Minister as head of its government; and has varied landscapes and temperatures. The warmest month is July and it’s sunny and festive in August.

Hearing on the TTIP held at the Chamber of Deputies in Luxembourg

Chamber of Deputies of Luxembourg - Courtesy: Wikimedia Commons

Picture taken by Ex13. Licensed under Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0
(CC BY-SA 3.0)

This blog is a short (Japanese) summary of the hearing on the Transatlantic Trade and Investment Partnership (TTIP) which was held at the Chamber of Deputies in Luxembourg on July 11, 2014. I added some comments on the TTIP.

環大西洋貿易投資連携協定(TTIP=米欧版TPP)に関する公聴会

Chamber of Deputies of Luxembourg - Courtesy: Wikimedia Commons

7月11日。ルクセンブルグ(代議院)で、環大西洋貿易投資連携協定に関する公聴会が開かれました。会合はテレビ中継され、録画はネットでも見れます。

環太平洋のTPPと環大西洋のTTIP(またの略をTAFTA)。日本人でヨーロッパ市民でもある私には、両方とも気がかりです。両協定には対アメリカという共通項もありますから、海千山千の欧州人たちがどう渡りあうのか非常に興味があります。

13日日曜日、会合録画を夫と一緒に見ました。中継を6時間も見るのは、結構きついだろうと思っていたのですが、休憩を挟み(午後2時~9時過ぎまで)見入ってしまいました。ディベートは、思いのほかおもしろかった! 参加者全員が用意周到で、時には声をあらげながら興味深い論戦を展開しています。

欠かせないのが。正月にはモチ、商談/悪巧みには古だぬき。ルクセンブルグの鉄の女性、正義感に燃える市民団体の代表者等々。公聴会の内容をまとめましたので、日本の方たちにもぜひ参考にしていただきたい。

。。。下につづく

Transatlantic Trade, "the norm-making power of the global capital market," and Sassen

By now, many people probably have heard of the Transatlantic Trade and Investment Partnership (TTIP; in French Le partenariat transatlantique de commerce et d'investissement) and its deregulation purpose. The TTIP is a proposed secret trade deal between the European Union and the United States. Our friends (accountant and functionary) told us something like this ― only two groups in Brussels work to block this deal, whereas more than 200 groups are hired to push for the agreement with a perspective of “new growth.” (Do not be fooled because of nice words such as “free trade” and “new growth.”) The former has the budget of 200 million Euros, while the latter get billions of Euros. They thus argue that the deal is not about a corporate lobbying, but a bribery to be precise. They are very concerned about the TTIP, but they also think that it would be very difficult to win European Commission approval because the trade decision should be agreed by 28 countries … and it takes a lot to bribe.

市民の目と口をふさぎたい理由


世界がネルソン・マンデラの訃報に接した12月6日、安倍政権は特定秘密保護法案を強行採決しました。自由の闘士が亡くなった日に、日本の民主主義が踏みにじられるとは、あまりにも皮肉です。

なるほど今の法律ではできない情報隠蔽や言論弾圧の必要性が差し迫ってきた、知られるとまずいことがあるのだということが、彼らの拙速なやり方でかえって明らかになりました。

秘密は隠せば隠すほど、ハデに知れ渡る
1898年1月13日、文豪エミール・ゾラがスパイ容疑で逮捕されたドレフュスを弁護する手紙を、L'Aurore紙の一面に「J'Accuse...! 我は弾劾する!」という見出しで発表しました。フォール大統領に宛てたその手紙が世論を喚起し、冤罪事件解決への大きな一歩となりました。

Quand on enferme la vérité sous terre, elle s’y amasse, elle y prend une force telle d’explosion, que, le jour où elle éclate, elle fait tout sauter avec elle. On verra bien si l’on ne vient pas de préparer, pour plus tard, le plus retentissant des désastres.

(要約)真実を黙らせて地下にうめると、それは増幅し爆発力としての力をたくわえ、ある日、一切を爆破しふきとばす。有名な一節です。

  • 。。。下につづく

TPP as Star Wars’ Trade Federation!?

I find trading is like a war. When I wrote a blog on the Trans-Pacific Partnership (TPP) agreement in Japanese a few months ago, I drew an analogy between the TPP and Star Wars’ Trade Federation. I did not mean to be funny at all. Rather, I think my analogy was not bad at all. Senator Palpatine (who seemed to be a good guy in the beginning) said:

"Supreme Chancellor, delegates of the Senate, a tragedy has occurred, which started right here with the taxation of trade routes, and has now engulfed our entire planet in the oppression of the Trade Federation!" (from Star Wars wikia)

Now I see Mr. Obama is like Senator Palpatine who is eager to conclude the TPP, “corporate power tool of the 1%.”

Remember? In his August 31 statement on Syria, President Obama said:

"I’m also mindful that I’m the President of the world’s oldest constitutional democracy. I’ve long believed that our power is rooted not just in our military might, but in our example as a government of the people, by the people, and for the people.”

Find more references here...

オリンピックとTPP。希望を歴史の中に見つける

フランス人の友人が「さちえ、オリンピックの招致おめでとう」と言ったのがきっかけで、欧州の仲間はブラック・ユーモアで日本の放射能問題を延々と笑いとばした。

日本は大地震、津波、台風、竜巻、豪雨、豪雪と災害が多いけど、一番の災害はあの人だ。もはや安倍首相の嘘は、世界中に知れ渡ることとなった。「ああいう友達がいるだけで、もう敵は他にいらない。(バカな友達を持つと、自分に大きな災いをもたらすという意味)」ヨーロッパ地方の言い伝えがある。

ヨーロッパのブラック・ユーモアは、イジメではなく徹底的に苦いニガイ風刺で、日本も欧州の問題も自らの死でさえも、トコトン笑い飛ばし辛らつに批判する。(笑い飛ばすからと言って、彼らが死を怖れないのではない)。でもあそこまでブラックに笑い飛ばすと、ともかく「後は、元気に一日一日を生きていこう」という気になるから不思議だ。

。。。下につづく

Three frontiers (Belgium, Germany, and the Netherlands)

三つの国の国境にて

突然、義弟が再婚するという知らせがあった。彼は、やんちゃでプレイボーイなので、来夏の結婚まで持つかは分からない。いや、彼は本気か? <神妙にお縄を受けて共暮らし> (時実新子)。「とにかく婚約はメデタイ。楽しもう」と、彼らの住むベルギーにむかった。

彼らの新居は、オランダ・ドイツ・ベルギーの三つの国境が集まった、三国点の近くにある。普段、欧州の国境を、県境のように行き来しているにもかかわらず。かつてヨーロッパや世界を制覇しようとした三つの大国が合体する一点を見ながら、それぞれの国境をひと足でとび越えながら、なぜか言いようのない興奮と感動をおぼえた。

おそらくヨーロッパ人にとって、三国点は私が子どもの頃に三国岳に登った体験と似通っているのかもしれない。

だが、島国で生まれた私には、三国点はものすごく新鮮だった。「日本もこんな地続きの国境があったら、もっと外交に長けていただろうに」と、ふと義妹となる人につぶやいたら、「ウイ(そうね)」と即答が返ってきた。

。。。下につづく

激怒するEU。行き詰るアメリカ。他人事ですまない日本

今朝ラジオ(フランス・アンフォ)が、ドイツ週刊誌シュピーゲルの暴露を伝えた。
source: France Info (June 29, 2013)

独誌によると、アメリカ国家安全保障局(NSA)は、ヨーロッパにおける個人情報の収集だけでなく、ニューヨークにある欧州連合(EU)の国連代表部や、ワシントンのEUの代表部施設、ブルッセルのEU本部のコンピューター・ネットワークに侵入し、電子メールや内部文書にアクセス、盗み見し、通話を盗聴していたと報じた。独誌は、CIA元職員エドワード・スノーデン氏が所持する機密文書の一部である、NSAの2010年9月付けの「極秘」と指定された文書を、取材源として閲覧したと述べている。

EUのマーティン・シュルツ議長は、アメリカに事実の明確化を求め、独誌が報じたことが事実であるならば、今後の欧米関係、大西洋自由貿易協定の行方を大いにそこねるだろう、と表明している。欧州緑の党のダニエル・コーン=ベンディット共同議長は、アメリカに対する報復として、自由貿易に関する交渉の停止を呼びかけた。

シュピーゲル誌
source: Der Spiegel (June 28, 2013)

ガーディアン誌
source: The Guardian (June 30, 2013)

。。。下につづく

TPP世界支配の拡大をもくろんだ大企業独裁

一つ目のビデオは、アメリカのNGO「パブリック・シチズン」のロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」。この一分ほどのビデオにすべて、語られています。

www.citizen.org

二つ目のビデオは、カナダきってのアグリビジネスの批評家ブルースター・ニーンさんと妻のキャサリン・ニーンさん。TPP問題を大変心配しながら、日本人へ心のこもったメッセージです。ブルースターさんが端的におっしゃってるように、「TPPの目的は、人々の幸福ではなく、企業の幸福です」。TPPにサインでもしようなら、日本の食料自給も、国民皆保険も全部つぶされてしまいます。(製薬会社は高齢者が多く、原発事故の健康被害も心配される日本をねらってる訳です)

経団連は「いや、自分たちは大丈夫」とほくそ笑んでいるのでしょう。ですが、900ページのTPP文書を初めて見れるのがこの夏で、交渉参加の許可が9月というのですから、いまの日本の政治力・交渉力・英語力で、経団連にさえ有利な条件交渉は、到底不可能ですよ。

ramshorn.ca/visible-state-invisible-government

三つ目のビデオは、デモクラシー・ナウ!でのロリ・ワラックさんの包括的な説明。自由貿易とはタテマエで、TPPの内実は大企業のむきだしな利潤追求。日本が不平等で屈辱的な条件を受けいれないなら、ビスネスの邪魔をちょっとでもしようなら、日本政府相手に大企業が法廷闘争できるという仕組み。つまり大企業がさらに儲けやすいよう、TPPに合わせて国内の法規制や手続きを変えて、一度決まったらそれが最後(企業の裏には、高給で雇われた優秀な弁護士団が勢ぞろい)、無制限に賠償を求めていくという段取り。地域産業優先と国産品愛好を禁じ、はては地方政治・内政への干渉の権利。なにしろ、そんなに公正で、みんながモウカル協定なら、どこの参加国の国民もそっちのけでコソコソ秘密会議しません。おっそろしく手のこんだ組織的悪だくみです。

。。。下につづく

Syndicate content