History

History helps to build the World of Tomorrow

学ばない・学べない日本

あっそうか。ヨーロッパの人にとっては、火を見るよりも明らかなことなのだなあ、と納得した。 あまり政治的でない人も若い人も、ごく普通の欧州人たちは、安倍首相とヒトラーとをはっきり同一視しているのですね。彼ら二人の近さ・類似をごく明白なこととして見ていて、それを指摘され驚く日本人は「何をとぼけて」って感じでしょうか。

私は10年近く、ヨーロッパのいわゆる「尖閣諸島」で暮らしました。歴史上、何度も国名が変わったところです。国境の町で、5月をむかえるのは毎年興味深いものがあります。去年も書きましたが、フランスとベルギーにとっては5月8日は戦勝記念日です。フランスでは祝日で、同日、敗戦国のドイツとその占領下にあったルクセンブルグでは、もちろん祭日ではありません。

今は近隣国から集まった人たちが、欧州の仲間として一緒に働き未来を建設しているのですが。その日常は同じ日の出来事に対し多面的に歴史を再検証し、歴史の記憶が一致しているかどうかその整合性を確認していくグループ作業でもあります。

5月8日が近づき、ラジオ(フランス・アンフォ)でフランス人の老年女性が当時のライトモティーフ(leitmotif)、サビの部分をうたっているのを聞きました。ヒトラーはパリのラジオ局を占拠し、プロパガンダを流したのですが。脱出先のロンドンで亡命政府・自由フランスを樹立したシャルル・ド・ゴールは、ロンドンラジオ(BBC)を通じて、フランス国民に抵抗闘争を呼びかけたのです。

"Radio Paris ment, Radio Paris ment, Radio Paris est Allemand"

mentir (嘘をつく)のmentモンとAllemand (ドイツ)のmandモンが韻を踏んでいます。ドイツのラジオ放送は嘘だらけという、皮肉な曲調を紹介していました。約70年前の歌が、彼女の頭にはっきりと残っているのですね。

国境のつながった欧州では、それぞれが歴史から学び、悔い改めざるをえなかったわけです。敵を許し共存し尊重するようになっても、互いの国がしたことは決して忘れない。歴史上おきた出来事はもちろん重要なのですが、それ以上にそれらの出来事をどう認識し社会として記憶していくかがもっと重要だと欧州人は考えているようです。

。。。下につづく

三つの国の国境にて

突然、義弟が再婚するという知らせがあった。彼は、やんちゃでプレイボーイなので、来夏の結婚まで持つかは分からない。いや、彼は本気か? <神妙にお縄を受けて共暮らし> (時実新子)。「とにかく婚約はメデタイ。楽しもう」と、彼らの住むベルギーにむかった。

彼らの新居は、オランダ・ドイツ・ベルギーの三つの国境が集まった、三国点の近くにある。普段、欧州の国境を、県境のように行き来しているにもかかわらず。かつてヨーロッパや世界を制覇しようとした三つの大国が合体する一点を見ながら、それぞれの国境をひと足でとび越えながら、なぜか言いようのない興奮と感動をおぼえた。

おそらくヨーロッパ人にとって、三国点は私が子どもの頃に三国岳に登った体験と似通っているのかもしれない。

だが、島国で生まれた私には、三国点はものすごく新鮮だった。「日本もこんな地続きの国境があったら、もっと外交に長けていただろうに」と、ふと義妹となる人につぶやいたら、「ウイ(そうね)」と即答が返ってきた。

。。。下につづく

Peaceful solution to the disputed Diaoyu-Senkaku islands

Yesterday I (Japanese woman) went to two Chinese grocery stores in Luxembourg to buy a bag of Japanese rice from California, Korean seasoned seaweed, imperial-dragon gyoza wrappers, and Taiwan highland (gao shan) oolong tea.

In Mexico and Spain, people mistook me as a local resident and asked me directions in Spanish. Similarly, Chinese and Korean people often talk to me in their languages. Happily, I try to make conversation with them, using some words which I have learned from Chinese, Taiwan, and Korean friends over the years (i.e., hello, 1, 2, 3,..., delicious, so-so, it doesn't matter, thank you, see you, I love you, etc).

Maybe, it was just a figment of my imagination, but yesterday one of the Chinese owners was slightly distant, not as cheerful as usual. Though, later I realized that she put two extra oranges in my plastic bag for free. Then, I thought of the ongoing dispute over the islands among countries.

Today I was reading two articles by Gavan McCormack who presents background information about the territorial disputes (The first article is translated into 中文, 한국어, and 日本語): "Small Islands – Big Problem: Senkaku/Diaoyu and the Weight of History and Geography in China-Japan Relations".

Nuclear Disarmament and the Capability Approach

I have been writing a paper entitled "Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster." So, I think of Hiroshima, Nagasaki, and Fukushima everyday: three man-made disasters. Here are notes from (about) three people on Hiroshima/Fukushima.

John Rawls (whose work has heavily influenced the philosophy of the capability approach):

50 Years After Hiroshima.
"The fiftieth year since the bombing of Hiroshima is a time to reflect about what one should think of it. Is it really a great wrong, as many now think, and many also thought then, or is it perhaps justified after all? I believe that both the fire-bombing of Japanese cities beginning in the spring of 1945 and the later atomic bombing of Hiroshima on August 6 were very great wrongs, and rightly seen as such. In order to support this opinion, I set out what I think to be the principles governing the conduct of war—jus in bello—of democratic peoples. These peoples' have different ends of war than nondemocratic, especially totalitarian, states, such as Germany and Japan, which sought the domination and exploitation of subjected peoples, and in Germany's case, their enslavement if not extermination" (Dissent Magazine, Summer 1995).

Syndicate content