Governments / Politics

Let's talk about our representatives and institutions

ドローンの違法飛行とヨウ素剤

9月~10月。この秋、たくさんの妊婦さんのお腹をさわった。私のまわりは出産ラッシュで、ベルギー人、スロベニア人、アルジェリア人の友人カップル3組があいついで親となった。分娩室からでてきたアルジェリア人の友人は、出産シーンをくわしく知らせてくれた。2回ほど倒れそうになったらしい。

日本人の『叔母』としてはうれしいのと同時に、この子たちがこれから生きていく難事にみちた1世紀を思うと、心配せずにはいられない。

現在、私たちが住むルクセンブルグ市では、ヨウ素剤の配布作業が始まった。万一の原発事故発生(カテノム原発は市から南南東約25キロ、国境近くのフランス側にある)にそなえた実施で、全居住者にヨウ素剤と対応マニュアルが薬局で無料配布された。

ルクセンブルグ内には原発はないが、パンフレットには事故発生を知らせる速報、避難経路、子どものいる家庭、農家、自宅の菜園、飲み水、新鮮な野菜の確保などくわしく緊急用の対応が書かれている。

原発から25キロ圏の自治体に住む運命について、あらためて考えずにはいられない。私は日本と欧米で暮らしてきたのだけども。思い返せば大半は『原発銀座』の近くだった。幸い原発事故はなかった。が、大人になれば『他者におこったことは、自分にもおこりうる』と考えるようになる。

。。。下につづく

年金があぶない!

著書の「資本主義の終焉と歴史の危機」(集英社新書、2014年)の中で、水野和夫は次のように述べています。

「私が資本主義の(しゅう)(えん)を指摘することで警鐘を鳴らしたいのは、こうした『成長教』にしがみつき続けることが、かえって大勢の人々を不幸にしてしまい、その結果、近代国家の基礎を危うくさせてしまうからです。(12頁)」

「このように、現代の経済覇権国であるアメリカは、『地理的・物的空間(実物投資空間)』での利潤低下に直面した一九七〇年代半ば以降、金融帝国化へ(まい)(しん)すると同時に、グローバリゼーションを加速させることによって『電子・金融空間』という新たな空間をつくり、利潤を再び極大化させようとしました。これがアメリカによる資本主義の延命策でした(38頁)」

社会学者のサスキア・サッセンは、近年の経済疲弊、富の一極集中、貧困の拡大などはエリートの陰謀というよりは、制度・組織・テクノロジーなど社会的なプロセスが生んだ結果で、それが世界中に広がっているとし、それを略奪形成(a predatory formation)と呼んでいます。predatoryというのは、他種の弱小動物を捕って食べる動物をいいます。

。。。下につづく

Naomi Klein’s New Book and the Poison of Capitalism

In this blog, I translated the English article (below) on Naomi Klein’s new book into Japanese and added my thoughts.

ナオミ・クラインの新刊書。資本主義の害毒

日本が直面する貧困、格差、生活保護の切捨て、生活の質、幸福度の測定、環境、エネルギー問題、異常気象、規制緩和、遺伝子組み換え食品、地産地消、ブラック企業、国際貿易、TPP秘密交渉、戦争、(非)民主主義などの諸問題をよくよく考えると、資本主義とグローバリゼーションという大きな問題に行きあたるように思う。

これらの問題を考えぬかずに、からまりつながる複雑なシステムの全体像をさぐり、解決策をデザインしていくことはむずかしい。ややこしいが、お金がつくられるしくみもわからないと、いけない(ビデオを参考にしてください)。

資本主義やグローバリゼーションの泰斗(頭をよぎるのは宇沢弘文 、ギー・スタンディング)にはスーパースター(学者やジャーナリストのレベルで)も多いが、私が今、注目しているのは、サスキア・サッセンとナオミ・クラインのふたりだ。

今月9月にクラインの新刊書「This Changes Everything <資本主義>対<気候変動>」が発売したこともあり、彼女の短いインタビュー記事を訳してみた(ブログ後半。左派への5つの大事な教訓。ナオミ·クラインの新刊から)。読みやすくするための工夫をしたが、誤訳や改良する点があれば、指摘していただきたい。

。。。下につづく

Transatlantic Trade, "the norm-making power of the global capital market," and Sassen

By now, many people probably have heard of the Transatlantic Trade and Investment Partnership (TTIP; in French Le partenariat transatlantique de commerce et d'investissement) and its deregulation purpose. The TTIP is a proposed secret trade deal between the European Union and the United States. Our friends (accountant and functionary) told us something like this ― only two groups in Brussels work to block this deal, whereas more than 200 groups are hired to push for the agreement with a perspective of “new growth.” (Do not be fooled because of nice words such as “free trade” and “new growth.”) The former has the budget of 200 million Euros, while the latter get billions of Euros. They thus argue that the deal is not about a corporate lobbying, but a bribery to be precise. They are very concerned about the TTIP, but they also think that it would be very difficult to win European Commission approval because the trade decision should be agreed by 28 countries … and it takes a lot to bribe.

Concerning two images of Abe's political methods: dirty tricks and war horses

Stolen Bride blinkers - Courtesy: Wikipedia.org

Picture by Chabata_k (Japan). Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 license

The political methods adopted by Abe Shinzo and his LDP make me think of two images. One is a sort of dirty magic where they trick the Japanese people into a horrible life situation (e.g., poverty, without much livelihood protection, more and more taxes or burdens for the ordinary people, neoliberal pro-corporate policies, the TPP, strengthening the existing secrecy regime, the Japanese version of NSC, tons of US bases, collective self-defense, etc). This reminds me of the second image: war horses. Reasonably, horses must wear blinders if they are taken to a war, otherwise they may sense and question if there is something wrong. If we see “war horses” as Japanese people, the new secrecy law serves as a “blinder” so that people would not know that a war may be approaching and people would not ask if there is no reason to go to a war (e.g., tanaage agreement Senkaku).

Since some foreign newspapers use the relevant terms in their articles, I guess I am not the only person who thinks of these images.

(For example, “his reinterpretation sleight of hand”)

戦場へ、馬は目隠しをして連れていかれ

Stolen Bride blinkers - Courtesy: Wikipedia.org

アマルティア・センが、「私はインド人である。だからどの国に行っても長い順番待ちの列に並び入国審査をうける。それが苦労して得た貴重な宝であり、だからこそインサイダーとしてわが国を批判できる」いう旨の発言をしていました。私も大いに共感できます。私も今のところ、「ただひたすら」日本人です。

最近、日本のニュースで、明るい話を聞きません。

原発被害、生活保護の切捨て。貧困。消費税率の引き上げ、他方で法人税減税を強行?残業代ゼロ?医療費・介護費負担・75才まで年金支給の引き上げ?TPP秘密交渉、国家戦略特区、マイナンバー、国家安全保障会議(日本版NSC)、一票の格差の増大、沖縄の米軍基地、京都のXバンドレーダー基地建設工事、秘密保護法、集団的自衛権問題、鈴木章浩都議らによる女性蔑視の口汚い野次、そして日本国民の究極の脅威である安倍政権。

さらには、焼身自殺未遂までして、集団的自衛権行使に反対する政治的メッセージを発信した男性。それに対する日本の報道機関のdésinformation(情報の遮断)。自主規制でしょうか。

。。。下につづく

市民の目と口をふさぎたい理由


世界がネルソン・マンデラの訃報に接した12月6日、安倍政権は特定秘密保護法案を強行採決しました。自由の闘士が亡くなった日に、日本の民主主義が踏みにじられるとは、あまりにも皮肉です。

なるほど今の法律ではできない情報隠蔽や言論弾圧の必要性が差し迫ってきた、知られるとまずいことがあるのだということが、彼らの拙速なやり方でかえって明らかになりました。

秘密は隠せば隠すほど、ハデに知れ渡る
1898年1月13日、文豪エミール・ゾラがスパイ容疑で逮捕されたドレフュスを弁護する手紙を、L'Aurore紙の一面に「J'Accuse...! 我は弾劾する!」という見出しで発表しました。フォール大統領に宛てたその手紙が世論を喚起し、冤罪事件解決への大きな一歩となりました。

Quand on enferme la vérité sous terre, elle s’y amasse, elle y prend une force telle d’explosion, que, le jour où elle éclate, elle fait tout sauter avec elle. On verra bien si l’on ne vient pas de préparer, pour plus tard, le plus retentissant des désastres.

(要約)真実を黙らせて地下にうめると、それは増幅し爆発力としての力をたくわえ、ある日、一切を爆破しふきとばす。有名な一節です。

Japan's secrecy law

"Quand on enferme la vérité sous terre, elle s’y amasse, elle y prend une force telle d’explosion, que, le jour où elle éclate, elle fait tout sauter avec elle. On verra bien si l’on ne vient pas de préparer, pour plus tard, le plus retentissant des désastres."

Émile Zola (1840-1902)

(Extrait de la lettre "J'Accuse... ! Lettre au Président de la République, M. Félix FAURE")

(When truth is buried underground, it grows and it builds up so much force that the day it explodes it blasts everything with it. We shall see whether we have been setting ourselves up for the most resounding of disasters, yet to come.)

(Excerpt of the letter "I accuse... ! Letter to the President of the Republic, M. Félix FAURE")

[Translation and notes © Shelley Temchin and Jean-Max Guieu, Georgetown University, 2001]
 
 

The hasty passage of the secrecy law has made me think that some leaders have urgent issues to desperately hide. In other words, they are afraid that the truth will hurt them soon. I can think of two of them.

特定秘密保護法案

欧州にいてもこの法案を、ずっと心配してましたよ。この法案が通れば、日本を離れる人がさらに増えると思い、じゃあヨーロッパに移住したい人たちのお手伝いをしようかと昨夜は考えたものでした。でも、簡単に日本を出れない人のほうが多いでしょう。

自民党の石破氏は、「大声を出すデモはテロと同じ」とおしゃったそうですが。ヨーロッパのデモを体験したことがないのでしょう、あの方。農民がトラクターで高速や幹線道路を完全にふさぎ、トラクターの古タイヤ(タイヤだけで人の背丈ほどある)を議会の前で燃やすのですよ。黒煙はあがり、公道はめちゃくちゃになるし、トラクターで一気に突進するから負傷者も多くでる。でも、職を失ったり税金が上がることがどういうことかみんな知っているから、互いにかばいあい、社会の機能は麻痺して、政府は大被害がでるから民意を尊重せざるを得なくなる。市民の声を聞かない代償は、高くつくのですね。

飛行機だって客を乗せてからスト、鉄道だって客を「人質」に国境あたりでいきなり動かなくなるのですよ。いつ終わるかもわからないゼネスト。日本のデモやストは、みなさんがんばってらしゃるけど、お行儀がいいなあと感じます。

。。。下につづく

PIAAC Results for Japan

This blog is about the OECD's PIAAC results, focusing on Japan: best in literacy and numeracy, but poorly applying them at work.

応用力におとる日本人 *** 「OECD国際成人力調査」

通称・金持ちクラブ。

経済協力開発機構(OECD)加盟国が行っているPIAACやPISAなどの国順リスト調査結果は、国の威信がかかっている。政治的な責任が問われるから、不面目な恥ずかしい結果は公表しづらく、できればいちゃもんをつけてごまかしたい。逆にいい結果は、誇張したいという各国の裏事情があるようだ。

OECDに限らず国際調査結果を見ると、世界のどこにも完璧なユートピアの国はないとあらためて感じる。

日本はどうだろう。どうも関係者から聴いた情報と日本の文部科学省・報道発表内容との間に、ズレがあるように思う。

。。。下につづく

Taxes, taxes, taxes

There’s no half a day when I don’t encounter newspaper articles, radio reports, TV documentaries and talks about taxes. Every tax payer I come across sounds unhappy with how much they contribute to Government services.

Late last year, in France, there was the famous (or infamous) decision of one of its film stars, Gerard Depardieu, to take a Russian citizenship for tax reason, i.e. in response to the Socialist Government’s introduction of 75% tax on earnings above 1M Euros. Paying taxes is an act of duty and solidarity, but …

When we think of taxes, we often have ‘personal income tax’ in mind; but there are many other national, regional and local taxes, such as those imposed on capital gains, land and residential properties, corporations and specific situations (e.g. inheritance and lodging taxes in France). It’s true though that we mostly pay taxes on our personal income and purchases (VAT - Value Added Tax).

There are national similarities and differences when it comes to taxes and how these are spent. In France, its citizen-residents have to pay taxes on their world-wide income; whereas non-residents must complete a return only if they receive income from letting properties in the country. Similarly, in Australia, non-residents are taxed only on their Australian-sourced income.

TPP as Star Wars’ Trade Federation!?

I find trading is like a war. When I wrote a blog on the Trans-Pacific Partnership (TPP) agreement in Japanese a few months ago, I drew an analogy between the TPP and Star Wars’ Trade Federation. I did not mean to be funny at all. Rather, I think my analogy was not bad at all. Senator Palpatine (who seemed to be a good guy in the beginning) said:

"Supreme Chancellor, delegates of the Senate, a tragedy has occurred, which started right here with the taxation of trade routes, and has now engulfed our entire planet in the oppression of the Trade Federation!" (from Star Wars wikia)

Now I see Mr. Obama is like Senator Palpatine who is eager to conclude the TPP, “corporate power tool of the 1%.”

Remember? In his August 31 statement on Syria, President Obama said:

"I’m also mindful that I’m the President of the world’s oldest constitutional democracy. I’ve long believed that our power is rooted not just in our military might, but in our example as a government of the people, by the people, and for the people.”

Find more references here...

Syndicate content