Governments / Politics

Let's talk about our representatives and institutions

Fake news

Last March 4, the BBC reported on the joint declaration regarding fake news, disinformation and propaganda by Mr. David Kaye (UN Special Rapporteur on Freedom of Opinion and Expression) and his counterparts from the Organisation for Security and Co-operation in Europe (OSCE), Organisation of American States (OAS) and African Commission on Human and Peoples’ Rights (ACHPR).

After some minutes of flicking and clicking online, I got into one of the United Nations’ websites which I thought would shed more light on this declaration. Someone from the Special Procedures Division of the UN Office of the High Commissioner for Human Rights responded promptly to my request for a copy of the declaration.

This declaration focuses on concerns about fake news and the risk of censorship while trying to combat these. It, likewise, mentions the danger in which the growing prevalence of fake news or disinformation, fuelled by both State and non-State individuals and agencies, mislead citizens and interfere with people’s right to know the truth. Charter 6, the last section, says “All stakeholders – including intermediaries, media outlets, civil society and academia – should be supported in developing participatory and transparent initiatives for creating a better understanding of the impact of disinformation and propaganda on democracy, freedom of expression, journalism and civic space, as well as appropriate responses to these phenomena.”

Last month, you most probably heard about the much publicised video of a female cyclist responding to catcalls from men in a van by chasing them and destroying their vehicle’s wing mirror. This was posted on Facebook then by the media; several of them later updated their stories calling it as a hoax or fake.

How to recognise fake news?

Publishing or reporting fake news undermines the trustworthiness of the media as a whole. But, why are some media outlets and journalists not careful and thorough with their information?

選挙 と 日本会議 と 主権を制約しようとする「自虐」の日本人!?

先月。パリのジュンク堂に10日後に届くはずだった本が、棚にあった。よろこび勇んで菅野元さんの「日本会議の研究」をゲットし、あわせて集英社のKotobaも読んだ。人にすすめられ「そおーかなァ」と半信半疑で読んでたら、なんと読めば読むほどオモシロい。日本会議に、はまってしまった。最近、肩ががちがちにこっているのは、そのせいだろうか。日本会議をとりまく問題はパンドラの箱というか、昔話にでてくるお化けというか。開けてもあけても魑魅魍魎がでてきて、おもしろい。

すこし最近の雑感とぼやきを。

日本の選挙投票日は、なぜかこちらのお祝いの日と重なる。今回は、欧州のサッカー最強国を決める決勝日だった。その前の選挙は、友人カップルの新居でお茶をする予定が、あまりの選挙結果に落ち込み私だけ家に引きこもった。その前は、忘れもしないベルギーの建国記念日。友人宅でバーベキュー・パーティーという楽しいはずの7月21日。「家が一番」と満足げな友人や子どもたちがプールサイドで踊りたわむれ、水しぶきを太陽光が反射していた。それを眺める友人たちはフラゴリーノ(苺のお酒)をたのしみ。まわりは幸福に息づまるような快晴の夏日で、私は暗澹たる気分で日本を心配していた。その落差ったら、ないッ。

一水会の鈴木邦男氏が日本会議の中心人物たちのことを、「優秀な人たち」と評価していた。www.videonews.com/marugeki-talk 。。。

。。。下につづく

Deported of Indochina: "We Are Forgotten Ones of History"

インドシナにおける強制送還:「我々は歴史から忘れさられている」

Jérôme Jadot, Cécile Mimaut - www.franceinfo.fr "Les déportés oubliés d'Indochine" (21-04-2016)

今年4月、週末。のんびり朝食をとりながらラジオ(フランス・アンフォ)を聞いていたら、涙にむせびながら話す男性の声が耳に飛びこんできた。あんな風につらそうに高齢の男性が泣くのを耳にするのは、祖父が若い頃に(曽祖父の破産が原因で)苦労したといって泣いたとき以来である。

これは訳さなくてはいけないと思い、フランス・アンフォに一応許可を得ようと連絡したところ、約1ヵ月後に許可をいただいた。(こちらが忘れていることでも、欧州人は忘れていない!)できるだけ多くの日本人に、読んでいただきたい。

4月21日 2016年 ジェローム・ジャド(国営ラジオ フランス・アンフォ)
今週日曜日の強制送還記念日は、ナチスによる強制収容所の犠牲者への追悼と尊敬の意を表する。だがその日は、我々があまり耳にすることのない、第二次大戦中に強制送還されたその他の犠牲者たちを含むものではない。1945年3月~9月の間、15,000人のフランス人はインドシナの日本収容所に収監されていた。

キャンプの生存者のインタビュー。

。。。下につづく

日本礼賛 と 星の王子様のうぬぼれ男(2)

This is again about my English essay Superb Japan!?
mizohata.org - Superb Japan!? ― 日本礼賛の幻想

In my Japanese blog (1), I write on Japan’s recent self-praise claims in connection with the conceited man in The Little Prince by Antoine de Saint Exupéry, though of course I did not mention it in my English essay. That’s why you see the cute Little Prince.


Credits: Le Petit Prince Collection by AmiAmaLilium on DeviantArt
under Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 License

日本礼賛 と 星の王子様のうぬぼれ男(2)

先週のブログで、大事な点がもうひとつぬけてました(他にもありますが)。うっぷす。

日本礼賛は、日本の美点を誇りほめたたえる政治宣伝です。

日本礼賛を見聞きしているうちに、われわれはこんなにも優れた民族なんだという気になるのでしょうね。でも、その有能感の深層にあるのは、優劣重視や差別意識に基づいた世界観ではないでしょうか。

愛国心や戦意高揚をねらった称賛扇動と軍国主義は、密接なつながりがあることは述べました。(英文エッセイには、もちろん「星の王子様」は登場しません)過去にはアジアの「指導民族」であるという優越心が、自国の来し方や侵略戦争を善なるものとして正当化したわけです。
mizohata.org - Superb Japan!? ― 日本礼賛の幻想

敗戦により、日本人のおごりや陶酔感はものの見事に叩きつぶされます。

ですが戦後すぐに、日本のうぬぼれや虚栄心を目ざとく見てとったのが、ジョン・フォスター・ダレスでした。そう、「望むだけの軍隊を、望むだけの場所に、望む期間駐留させる」と発言したことでも知られるアメリカの政治家です。

。。。下につづく

危機に面してリーダーは生まれる

戦争法案が、強行に採決されようとしている前夜である。日本から離れ、ルクセンブルグ/パリにいても、私は気がかりで落ち着いていれない。でも。絶望して眠りにつくと、翌朝はよりたくましい気持ちになっている自分がいて、驚いたりもする。

「危機になれば、必ずリーダーになる人が現れる。リーダーは生まれる」

アラブ人の弟が、日本の危機を憂いた私をそう言ってなぐさめてくれた。確か、一昨年のことだ。山本太郎さんや奥田愛基さんの発現で、彼の口にした事が現実になったと思った。すぐれた学者も生まれ出てくることだろう。

「私たちは一人一人、個人として声をあげています。不断の努力なくして、この国の憲法や民主主義、それらが機能しないことを自覚しているからです」SEALDsの愛基さんの言葉だ。

。。。下につづく

日本に米軍基地があるのはなぜ?

動画の冒頭で、ダントツに高いアメリカの軍事費と、世界中に点在する800もの米軍基地を紹介。

米軍基地は日本の防衛のためにあるという、属国日本の基地継続に都合のいい思い込みや誤解を問いただす必要がある。

辺野古移設問題の「源流」はどこにあるのか―大田昌秀元沖縄県知事インタビュー

Why does the U.S. have military bases in Japan?

Nice video! To add a little more information to it, not only the US taxpayers’ money is spent to retain 800 US military bases, but also astronomical sums of money have been spent from the rest of the world!

For example, the US-Japanese governments plan to build a new military US base in Henoko, Okiwana. The Japanese taxpayers’ money has been currently used for all the expenses associated with relocation, construction, and maintenance of the US military bases. If we have a new base for 200-year service life in Henoko, it would cost 1 trillion 500 billion yen.

Not surprisingly, local opposition has been growing stronger.

We know that the US military bases are not to defend Japan. What then is the democratic legitimacy to keep all the US military bases in our country!?

Okinawa 2 (I love Okinawa)

I visited Okinawa last month. Okinawa hosts 74 % of the U.S. bases on 0.6 % of the land. Despite overwhelming opposition, the Japanese government is taking the lead in efforts to build a new U.S. military base in Henoko Bay, emphasizing the deterrence value of the U.S. bases in Japan. Our policy makers want to proceed with the construction "shuku shuku to (calmly and solemnly)."

It is shockingly mindless and undemocratic to disregard the Okinawans' will. Here are some of useful websites on anti-U.S. base acitivities and protests (see the Japanese version – four of eleven sites are in English).

  1. 辺野古(新基地阻止)基金
  2. 辺野古への土砂搬出反対 協議会が発足
    (辺野古に埋め立てる土砂が足りず、多府県からけずって運搬する。すべては米軍のために ― なんとも馬鹿げている)
  3. 映画が描く沖縄基地問題と日本の選択
  4. 『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』劇場予告編
  5. 三上智恵監督インタビュー
  6. New Wave to Hope宮島玲子さんらの活動
  7. 米軍基地はもういらない〜辺野古の海を守る人々
  8. チョムスキー氏「反基地に奮闘する県民、県政を強く支持」
  9. "All Japan" versus "All Okinawa" - Abe Shinzo's Military-Firstism 「オール・ジャパン」対「オール沖縄」 安倍晋三の軍事最優先主義
  10. Economics of U.S. base redevelopment sway Okinawa mindset
  11. Looking at Flaws in the Henoko Landfill Permit Process from the Standpoint of the Right to Self-determination

大好きだよ沖縄 2(希望としてのおきなわ)

20代の頃、ベニスのある詩人にたずねた。「イタリアの人は、どうしてこんなに温かいのだろう?」すると。「クリマ、クリマ (clima, clima)」気候のせいだよ、という即答がかえってきた。

沖縄を初めて訪問して、あの時をふと思い出した。ふんわかとした温気を感じる。

辺野古の新基地建設に反対し、座りこみをする人たちの顔に笑顔があった。前にどこかで、会ったことがあると思った。ホロコースト体験や、政治的弾圧や拷問などの痛苦をくぐりぬけた人たちの穏やかさに似ている。講演で聞いたエリ・ヴィーゼルの、静かに謙虚でおちついた口調のようだった。

。。。下につづく

Okinawa 1

I would like to share this song titled "Okinawa, Let's stand up now" -- it is about decades of Okinawan struggle (ongoing) and is written by Hiroji Yamashiro (lyrics) at the Okinawa Prefectural Peace Center. The song is originally in French, I think (Ah! Le joli mois de Mai à Paris), a protest hymn of May 1968.

大好きだよ沖縄 1

「沖縄 今こそ立ち上がろう」

作詞は山城博治(沖縄平和運動センター議長)さん。5月11日付けの沖縄タイムスで、彼が入院中であることを知った。どんなに悔しいことだろう。

辺野古では今日もこの曲が歌われていることだろう。「美しき五月のパリ」(Ah! Le joli mois de Mai à Paris) のメロディーにあわせて。

沖縄の()()は 沖縄が(ひら)
戦さ世を(こば)み 平和に生きるため
今こそ立ち上がろう 今こそ(ふる)い立とう

。。。下につづく

わたしは健二

أنا كانجي

أنا لست شينزو

إعطونا فرصة للسلام

 

私は健二。

私は安倍じゃない。

平和を我等に。

 

Je suis Kenji. Je ne suis pas Abe.

Donnez une chance à la paix.

 

I am Kenji. I am not Abe.

Give peace a chance.

More in ''Mother of Japanese Isis hostage Kenji Goto makes tearful appeal'' (source: journal The Guardian)

Illegal drone flights and iodine pills

Syndicate content