Health

without too much technical terms, let us talk about health issues

Réflexions et recommandations sur l'engagement de la relation soignant/soigné

Fixons l'objectif…

Face à la personne âgée en situation de grande vulnérabilité, il est nécessaire d'apaiser le stress des soignants, de redonner du sens aux pratiques, et de fédérer les équipes autour du "prendre soin personnalisé".

Les soignants sont des humains comme les autres, mis à part qu’ils soignent les autres humains.

Chaque jour et chaque fois qu’ils se rendent au travail, ils sont face à la grande vulnérabilité de l’être, à sa grande fragilité, et à son insondable finitude. Les questions qu’ils affrontent sont des questions existentielles et philosophiques qui bouleverseraient la plupart du commun des mortels.

Personne d’autre que les soignants ne touche d’aussi près la part de mystère que représente la vie suspendue à la douleur, la souffrance morale, et la déficience ; Tout soignant essaie d’établir la distance qui protège et qui "met des gants" pour aller toucher l’être et la vie qui "prend aux tripes".

Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster

Yutakana kurashi

I have just published an article entitled "Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster - アマルティア・センのケイパビリティ・アプローチ、民主政と福島の大惨事" in The Asia-Pacific Journal, Vol 9, Issue 46 No 2, November 14, 2011.

For those who are interested in reading the article, please go to:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648

To print the article:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648?rand=1321820495&type=print&print=1

Rei Shiva's photo shows the deserted town of Futaba, inside the 20-kilometer evacuation zone in Fukushima prefecture. The irony is that the crossroad sign saying “With correct understanding of nuclear, (we have) a yutakana (rich or affluent) living.” Another photographer, Ota Yasusuke shows in his blog the photos of the companion animals unintentionally abandoned after 3.11:
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11009698930.html

Dr. Beat Richner - giving the medecine of the richest to the poorest

If you are going to visit Cambodia soon, please check out the concerts performed by Dr. Beat Richner. Dr.

カンボジア・セロ弾きのお医者さん

今年の夏は、驚くニュースが多い。

ローマのホテルでテレビをつけたら、ロンドンの街が炎上する画面が映しだされた。いったい何が起きたんだろう。夏休み気分が、一気にふきとんだ。イギリスでの暴動、ノルウェーで起きた爆弾テロ事件、記録的な干ばつ、深刻な飢饉の問題。最近の世界の災厄を考えると、悶々とした気分になる。その極めつけは、やはり日本の問題。長期戦の原発問題に怒りをキープするのにも、結構体力がいる。

なさけない気分になったら、地道に生きる人たちから勇気をもらう。今回は、カンボジアで働くスイス人の小児科医・Beat Richnerさん。カンボジアやスイスでは、尊敬されている有名人物だ。「セロ弾きのゴーシュ」でなくて、セロ弾きのお医者さん。彼は海外からやってきた旅行者のためにチェロを弾いて医療活動の資金をつのり、無料でカンボジアの子どもたちを治療している。(あまりお金のない)若い旅行者からは血液を、中年からはお金を寄付してもらう。

お金持ちのうちに生まれても、貧しいうちに生まれても、人間として同じ権利を持っているんだよ。お金のあるところじゃなくて、病人がたくさんいるところに最新医療の設備が要るんだよと、当たり前のことをおっしゃる。

カンボジアに行く機会があれば、ぜひ彼の病院に行ってみたい。
プノンペンの病院 Kantha Bopha I and II
シェムリアプの病院  Jayavarman VII

E coli Infections

Escherichia (E) Coli Infections.

Every Saturday there’s a fruit and vegetable market a few steps away from our downtown apartment in the north of France. For a fortnight now, I’ve been spending more time inquiring about the origin of tomatoes, bean sprouts & cucumbers than actually buying them. To date, 33 people in Europe have died of E coli infections - the majority of them were Germans. Since we live less than an hour drive from Germany, we don’t take risks – we peel fruits & vegetables and wash hands before eating. Apart from this apparently preventative measure, Governments and the media haven’t disclosed explanatory and reassuring information.

E coli bacterium grows in soil and intestines of mammals, including those of human beings. Most E coli strains are not harmful: in fact, some of them help the body to digest nutrients and food. Some of them, however, cause infections and poisoning, such as those reported in Europe, especially in Germany (what a coincidence - Escherichia Coli is named after its discoverer Theodor Escherich, a German pediatrician and bacteriologist in the late 1880s). The implications of this health crisis are enormous (e.g. 6 Million Euros per week is lost in France due to decline in the consumption of tomatoes and cucumbers – according to Radio 106.8 FM this morning), and so it’s not surprising that Russia and Germany are having a summit today to discuss import ban and related business issues.

According to tonight’s news reports, the source of these infections were sprouted grains, however, it’s not known how they were contaminated with E coli bacteria. There are research studies on E coli that have global importance. For instance, Dr. Cobbold, Senior Lecturer in Veterinary Public Health at the School of Veterinary Science (University of Queensland, Australia), and his team are involved in a project that endeavours to develop a vaccine for use in cattle that, hopefully, will reduce their colonisation with Shigatoxigenic E. Coli and diminish the potential for food-borne diseases to spread to humans. This project is still in relatively early stages; however, Dr. Cobbold has kindly shared with us this section of his presentation.

東電の工程表の目標達成を危ぶむ、フランス人ジャーナリストのコメント(2011年4月17日)

3月11日。「こういう大きな事故は、事故発生から最初の一時間でどう判断╱反応して対応╱処理するかが、後々の鍵を握る。未来はそれにかかっている」と、うちの夫が言った。「原発付近の放射線量が高ければ、遠隔操作できるロボットを使えるだろう。日本はロボット工学で最先端だから」とヨーロッパの友人たちがなぐさめてくれた。

そう話したのが、福島原発事故が発生した日(西ヨーロッパ時間)だった。彼らは、専門は違うが国際プロジェクトに携わっているから、ちょっとした不具合やアノマリーでも、数千万人(もっと多い?)に影響がでることを知っている。何か問題があると火事場の消防士のように、みんな死に物狂いで「消火作業」にあたる。

あの日から5週間以上が経った。これまで何とか一喜一憂しながら希望をつないできたけども、「最初の15分、一時間」という初動対応が、最重要だったと私も感じる。

France Info: Comment on Fukushima by Jean-Michel Jacquemin-Raffestin (April 17, 2011)

This is an English summary of Jean-Michel Jacquemin Raffestin´s comment on Fukushima in an interview France Info, major French public news radio station. Its title was “Nouvelle hause de la radioactivité au large de Fukushima”. Mr. Jean-Michel Jacquemin-Raffestin is a French journalist best known for his work on Chernobyl.

A poverty of information on Fukushima

Many Japanese have felt frustrated that they lack comprehensive and useful information about the ongoing nuclear emergency at Fukushima nuclear power plant.

I have listed some websites that may have some useful information (in Japanese).

http://social-issues.org/community/node/418

Especially, for the acquisition and dissemination of reliable scientific information, I find the website on Hiroaki Koide very useful. Hiroaki Koide at Kyoto University belongs to the Nuclear Safety Research Group at the Research Reactor Institute. Kansai people now turn to him for information as he is trusted for his professional ethics, sincerity, and willingness to share his knowledge with the public. The clear and straightforward explanations given by him do not lull us into a false sense of security, but somehow yield a sense of calm assurance.

Koide´s talk (1h 46mins) covers some of the issues discussed in the Forum hosted by the University of Tokyo (http://forum.iss.u-tokyo.ac.jp) and Japan´s nuclear energy-related laws (e.g., Menseki, or an electric power company may claim exemption from compensation for nuclear accident caused by huge natural disasters; Kaso areas have been chosen as "suitable" locations for building nuclear power plants.) Please share the information with your (Japanese) colleagues, students, and friends as widely as possible. Thank you in advance.

欲の皮をつっ張らせた人たちに、日本をつぶしてほしくない

きのう、東京電力福島第一原子力発電所の事故が、現存の国際評価で一番深刻な「レベル7」に引き上げられた。選挙後に発表する被害解析ですね。ヨーロッパの友人たちが「大丈夫?」と気づかってくれるが、だいじょうぶなワケナイデショ。

外見では笑みをふりまいたりするけど。内心は。「ほんまかいな」「えらいこっちゃ」「ほんま安定化してんの」「放射能漏れを隠したり嘘いうのは、人道に対する罪やで。クライム・アゲンスト・ヒューマニティやんかっ」「そういえば。数年前に私もベルギーで会ったことがある。どこにでも、いるんや御用学者」「日本に帰れるのかな」「えー。新開地を求めてロシアに、移住せなあかんの⁉」「東京がゴーストタウンになるの⁉」「原発はいらねえ。欲しくねえ」忌野清志郎や斉藤和義の歌とか、雑念が頭からはなれない。

なにしろ海外にいる自分より、日本に住んでいる人たちの方がおだやかに映るのだから、余計にあせってしまう。「ほんま、大丈夫なん?」

不安な時は、下記の人たちから情報や勇気を得て、気を静めている。楽観も悲観もせず、私はただ、より真実に近いことを知りたい。

日本に未来はまだあるだろうか、と問う。日本人が未来を変えようとするなら「ある」と思う、思いたい。でも現状維持なら、日本はもう生き残れない。
私たちの身体の中には、これからも生き残っていこうとする遺伝子があるはず。まだ愛する人たちと一緒にいたい。生きたい。未来を生きたいなら、変わっていくしかない。そのために、まず現実を知るぞ!

現場からの証言。「原発がどんなものか知ってほしい」

「これ是非読んでください。今日本で展開されている原発の現状なんて氷山の一角です」 シカゴに住む圭子さんが、送ってくださったメッセージです。

原発に関する知識を得るには、やはり現場で働いていた人たちのじかの経験談が、何よりの情報源・証言になるのではないでしょうか。

ぜひみなさんも、平井憲夫さんの記事をお読みください。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html


The voice of experience: From an insider of a Japanese nuclear power plant

Mr. Norio Hirai was a former piping engineer and a supervisor who worked at a nuclear power plant for twenty years. He died of cancer in 1997. Before he passed away, he wrote a (Japanese) article titled “I want you to know what the nuclear power is really like.” In the article, he writes about Japan´s regulatory framework for the safety and security of nuclear power (exisiting on paper, not on the ground), radiation exposure and the effects on human health, radioactive waste, the dumping radioactive water into the sea, the stigma attached to those who work at a nuclear power plant and those who live near the plant, and so on.

If you would like to read an English version, please visit at (someone is trying to translate the original Japanese article into English): http://gyomusys.blogspot.com/2011/03/blog-post.html

Japanese: http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

福島原発事故の深層/真相。世界人類への影響

3月11日以降、日本の報道と欧米の有力紙とに、大きな食い違いがあると感じてきました。後者は、日本で実際に報道されているよりも、事態はかなり深刻であると伝えています。

私に何ができるか。何をするべきか、随分悩みました。

真実を伝えること、パニックが起きるのを避けること。人命を救うこと。

最優先すべきは、人命です。ですから、この報道を載せます。

一刻も早い、解決を!

広瀬隆さんインタビュー 1/3

Nakamura Brace´s Prosthetic and Orthopedic Devices

Last week, I was reading the Japanese book entitled "Company that Receives Thank You Letters from Overseas"(世界から感謝の手紙が届く会社) written by Nozomi Chiba.

The book is about Nakamura Brace Co.,ltd (中村ブレイス), a company that makes prosthetic and orthopedic devices. They have had customers order from over 30 countries. The company is located in Omori, a town of 500 persons in Shimane Prefecture – one of the most depopulated prefectures in Japan. Though, this town´s Iwami Ginzan Sliver Mine was listed as the World Heritage site in 2007. Mr. Toshiro Nakamura, clinical prosthetics specialist is the company´s founding president.

This company/Mr. Nakamura impressed me, so I would like to write about them, highlighting some points.

タイガー・マスクだけじゃないよ

タイガー・マスクだけじゃないよ

以前、国境なき医師団の通訳ボランティアを、一度したことがあった。私にとっては初めての公の場での通訳で、医療関係者やマスコミの人たちの前で緊張して、通訳はお粗末なものだった。さらに悪いことには、海外医療に派遣された医師は、話が進み熱が入ると、だんだん早口になった。しかも、アフリカからの報告は悲惨な内容で、こちらは同時通訳のプロではないから、あたふたとした。そんな緊張を察して、その医師は私の背中をずっと撫ぜてくれた。彼の患者にするように。こんなやさしい人たちが海外医療のボランティアに飛び込んでいくんだなあと、感心した。

Our dentist: Dr. Schoubben - "Il changeait la vie"

In my earlier blog, I wrote that Jean-Jacque Goldman is a very popular French singer and songwriter with "the sociological imagination." In his song entitled "Il changeait la vie" (He changed the life), he sings about ordinary people like a school teacher, a shoe maker, a saxophone player, etc. A person appears to be "some nobody" far different from those who do "grand theories." Though, "he put his heart and soul into his work" and make all the difference to our daily lives.

うちの歯医者さん

見過ごしてしまいそうな村にいる、どこにでもいるフツーの人たち(靴紐屋さんとか。学校の先生。サックス吹きなんかの芸術家。)すごい言説とかgrandes théoriesとか無縁の人たちだけど。それぞれの生業にうち込んで、才能と時間と心がこもったすばらしい仕事をする。そんな彼らは(靴をはく人たちの)人生を確実にかえる。

こんな風に唄ったジャン・ジャック・ゴールドマンの歌。ゴールマンは「社会学的想像力」を持ったフランスを代表するシンガー・ソングライターだと、常々、尊敬してますが。実際、彼は社会学で学位を取得した人だそうです。

http://www.youtube.com/ J.J. Goldman - Il changeait la vie

今日はそんなゴールドマンの歌を思い浮かべるような、うちのベルギーの歯医者さんのお話です。

ヨーロッパに来てまもなく、甘いものを食べたとたんに歯の詰め物がとれて、それ以来、お世話になっている歯医者さん。年に一度か二度このペルリナージ(聖地巡礼)で「聖シューベン」に会いに行かないと年は越せない。

Distribuir contenido