Environment

without a proper environment, no Life

Affaire du Siecle

This blog is about l’Affaire du Siècle, climate protection movement. It started with four associations (Foundation pour la nature et l’homme, Greenpeace France, Notre Affaire à Tous et Oxfam France) on December 17, 2018 in France. They sue governments over inaction on climate change.

異常気象「世紀の訴訟」

子供の頃に、ペットを飼い始めた人は多いのではないだろうか。

隣の家が火事になり自宅は事なきをえたのだけども、火が燃え移りそうになって水槽の温度が上がり、飼っていた魚が全滅したと友人が話していた。一・二度の温度の上昇が命とりになったとか。

壊滅的な気候変動の影響を避けるためには、今後数年の対処が分岐点だと (国連などの) 報告書に示されている。つまり十余年が、生態系にとって山場となる。

異常気象にどう対処すべきか?気候正義をめぐり、フランスのオックスファムやグリーンピースなどの4団体が、l’Affaire du siècleという闘いを続けている。この団体は、国の温室効果ガス排出量の削減努力は不十分であり、inaction (無活動・無能力) であると主張し、政府に対策を求めるための訴訟提訴を主導している。ジュリエット・ビノシュやマリオン・コティヤールなどの俳優陣や有名人たちも、動画で協力を呼びかけている。

。。。下につづく

マデイラの大自然

  • Madeira

私の大好きなマデイラの大自然の写真をお届けします (2018年年末に撮影)。

マデイラ行きの飛行機は、午前6時半にルクセンブルグを出発。前回(「太平洋の真珠」礼賛)は気づかなかったのですが。前方の席を見ると、ハイエンドなシニアたちが、遠足に出かける子供のように和気あいあいと朝食を楽しんでました。

空港に降りたち、その場の人たちの後ろ姿を眺めるともなしに見ていたら、皆さん、背筋からお尻まですらりと引きしまり、足元はメンデルなんかのトレッキングシューズを履いていて、そのまま山に行けそうな人たちばかりでした。足元を見るれば、マデイラ旅行の目的と真価がわかるというもの。心ゆくまで自然を感じて楽しむことなんですね。

自然遺産に登録されている山の麓まで、ホテルの電動車を借りて行きました。

  • マデイラ島の照葉樹林
  • 。。。下につづく

collapsology

This blog is about collapsology. Some French collapsologists (introduced in this blog) force us to come face to face with the hard truth that our common home the Earth is endangered and so are we human species. They also talk about some lifesaving actions and ways (life styles).

コラプソロジー 再考「人類が永遠に続くのではないとしたら」

フランスの抗議運動は、8週目に入った。

マクロン大統領の側近、バンジャマン・グリヴォー報道官の発言がかえって火に油を注ぐことになり、昨夜、黄色いベストを着た抗議者たちが政府施設の入り口をブルドーザーで打壊した。

言うまでもなく、黄色いベスト運動の背景には仏国民の怒りがある。 (マクロン大統領が富裕層を優遇するのは、最初からわかっていたはず。彼はロスチャイルド系列会社の出身ですよね)

燃料税引き上げの反対をきっかけに、労働法の改悪、税制改革、中低所得者へのしわ寄せ、年金生活者の負担、生活費の高騰、格差の拡大など、さまざまな不公平が目に余る。さらに追い打ちをかけるような気候変動・環境の異常さ。人々が現システムのほころびに気づき始め、大統領へのつもりつもった不満や怒りが噴きだしたという感がある。

。。。下につづく

Sensible globetrotting

The 29th of September was a fantastic Saturday. It was sunny, which was ideal for outdoor activities, and peaceful. My friends and I opted for a 10-km walk that brought us to scenic, quiet places in three borders (France, Germany and Luxembourg).

We left our dwellings at 1:30 PM for the French village of Contz-les-Bains where we joined the 60 men, women and children eager to do the bush hike. The weather was conducive, the company was great, and the organisation was flawless. Above all, I felt close to nature, especially with the absence of “western” toilet.

Considering that there were some steep and sloping areas, we did fairly well. We got to our destination and came back in one piece feeling proud and wanting to do a similar undertaking soon.

What impressed me most was the Saint-Jean-Baptiste chapel, which was built in the first half of the 15th century and whose choir is classified as a historical monument. We passed by Stromberg, which used to be a place of exploitation of gypsum and dolomitic stones. We also stepped on grounds that lead to a village known for the Schengen Agreements which got rid of borders in most of Europe.

After the walk, I had the opportunity to talk with the organiser, who gracefully explained the principle and modus operandi of "Just Boarded". I liked what I heard. They organise small adventures that respect the environment and give fair remuneration to everyone involved, particularly the local hosts and guides. In short, for me, it’s a sensible tourism in which you are a responsible traveller and not an insensitive tourist.

Civility, respect and responsibility

It was a beautiful sunny morning; unlike the previous three months, it was neither raining nor snowing. At 7:30 in the morning, there were already more than 20 cross-border commuters lining up for the public transport. On the same street “Place de la liberté”, there was a local bus waiting for the traffic light to turn green. We watched in disgust as four teenage girls opened its window and threw empty cartons of orange juice that landed in front of the queueing passengers. I got out of the queue and picked these up then gave them a disappointing look wondering whether they realised that they had just exposed publicly their uncivility. When I returned from the nearest bin, their bus had left and mine had arrived, and no one uttered a word.

I didn’t think twice; picking up that litter was an instinctive reaction. I didn’t expect or want recognition from anyone; however, if I see you removing a piece of rubbish left lying in a public place, I’ll definitely give you some words of encouragement. Littering is hazardous for our health and environment.

During my first two years in France, while in parks and playgrounds with my toddler, I used to pick up wrappers of snacks and boxes of juice and put these in the bin while asking myself whether it was the kids or their parents who littered.

Whose responsibility is it when children litter: parents or society?

We, as parents, have an immense responsibility and opportunity in educating our children to be respectful of people, properties and our environment. Our words and actions help shape our children’s values and behaviours. If they deliberately litter, we must tell them why this is unacceptable. (When my son was 3 years old, he said, “Mummy’s bag is a fridge and a bin” because I had water, snacks and fruits every time we went out and kept all wrappers till we found a garbage bin). If the parents litter, their children are likely to do the same, and this is a societal problem.

Predicting and Forecasting

January has always been an intellectually exciting month for me. My students are eager and thrilled with whatever subject I present for discussion. Perhaps being the first month of the year, which is associated with resolution and starting afresh, they are motivated with most things, including learning or improving their English.

In January 2018, one of the topics that interested them most was predicting and forecasting — two words which are often confused by many native and non-native English speakers.

For me, predicting is a subjective telling of the future based on intuition and personal judgement, which can be biased (sometimes it is entertaining or disconcerting). Whereas, forecasting is done by analysing the past. I predicted that my Aussie nephew would have a wedding in a tropical island where the weather forecast is favourable for outdoor ceremony, reception and party.

The Cambridge English dictionary defines ‘to predict’ (verb – /prɪˈdɪkt/) as “to say that an event or action will happen in the future, especially as a result of knowledge or experience: It’s still not possible to predict accurately the occurrence of earthquakes. [ + that ] Who could have predicted that within ten years he’d be in charge of the whole company? [ + to infinitive ] The hurricane is predicted to reach the coast tomorrow morning. [ + question word ] No one can predict when the disease will strike again” (see ''predict'' in the Cambridge Online Dictionary).

Mediums Craig and Jane Hamilton-Parker have made the following predictions for this year (read ''Predictions: Psychic and Astrology World Predictions for 2018''): “A trade embargo with North Korea will fail, the US will strike at railway line and bridge to disrupt imports. Massive Bitcoin fraud uncovered and thwarted that funds terrorism and war. Terrorists make an airborne chemical weapon gas attack by multiple drones on a European capital city.”

Would you like to try your predicting skill? Who will win the football/soccer World Cup in Russia in June? Who among the world’s celebrities will fall from grace?

屈しない明日へのビジョン(3)

ポスト真実

みなさん「ホームランド Homeland」という米国のTV ドラマを、ご覧になったことはありますか?

事実をゆがめ 嘘も繰りかえし拡散すれば、世論やポスト真実としてなりたつという情報・印象操作や政治プロパガンダの一面を扱っています。

スノーデン氏が香港のホテルに持参していた本のタイトルも、実は「Homeland」で、同じタイトルでIT 専門家による本もでています。

その「Homeland」を下巻とすると、上巻にあたるのがCory Doctorow の「Little Brother」 (Big Brother じゃなくて) です。(わたしはまだ全部読み終えてませんが)

。。。下につづく

屈しない明日へのビジョン(1)

最近考えていることを、書きとめたいと思います。

国有地

むかし、むかし。チリという国に、独裁者がいました。

このあくどい男は、お金ほしさに大地を売りさばいていました。

そこに通りがかったお母さんとお父さんが、夢のようにきれいな原っぱをひとめ見て気に入りました。ふたりは、見わたすかぎりの草原を買うことにしました。

「この牧草地を守りそだて、いつか時がきたら国にかえしてあげよう」そう誓いました。

それから、ながいながい年月がすぎました。その草むらは、いこいの楽園になり、みんなのもとへもどったそうです。

めでたし。めでたし。

。。。下につづく

「太平洋の真珠」礼賛

  • Madeira

ここはどこでしょう?

そう、ポルトガルはマデイラ諸島。

昨年末、その楽園に2週間滞在しました。過去には、結核患者の保養地としても知られたところだろうです。あそこにいたら、そりゃどんな病気でも治るでしょ、という明るく希望を持てる安息地でした。

自然保護地区内にあるホテルのスタッフは、訪ねてきた友人を迎え入れるようにあたたかく、毎日オーガニック野菜の手作り料理を食べさせてもらい、連日レバダという灌漑用水路(昔は共同洗濯場でもあったそう)沿いにトレッキングに出かけました。行けども行けども山脈が冴えて見え、海岸線の断崖に立っては足の震える思いをしました。足は震えるのだけど、引き返そうとは思わない。野趣満載。そんな不思議なチャレンジをしました。後で聞いたら、地元住民以外は立ち入り禁止地区でした。

ハヤトウリ、じゃがいも、紫陽花、ブーゲンビリア、ゴクラクチョウカ以外は、図鑑でも見たことのないような、あでやかな花が行く先々で見られ、幾筋もの大滝に息をのみ、源泉を手ですくい、ユーカリの香りを肺一杯にすい込み、幸福感いっぱいの気持ちになりました。

。。。下につづく

米軍の極秘プロジェクト

今週火曜日。午前6時前。

外はまだ暗く、頭の中もぼおっと薄暗く、フランス・アンフォ(ラジオ)を聞きながらパンを口にしようとした矢先、椅子からずり落ちそうになった。

ニュースが伝えるには、冷戦時代にしかも氷原の下につくられた米軍極秘核ミサイル基地が、気候変動により地表に出てくる可能性があるという。

「なんとまあ。米軍って、とんでもない事をやってのけるよな~。汚したまま片づけもせずに、核廃棄物を置き土産にでて行ったのは沖縄だけじゃないんだ」とあらためて知った。

ネットで調べてみたら、英ガーディアン紙のジョン・ヘンリー記者が基地に関する記事を書いていたので、訳する許可をいただいた。

。。。下につづく

Illegal drone flights and iodine pills

ドローンの違法飛行とヨウ素剤

9月~10月。この秋、たくさんの妊婦さんのお腹をさわった。私のまわりは出産ラッシュで、ベルギー人、スロベニア人、アルジェリア人の友人カップル3組があいついで親となった。分娩室からでてきたアルジェリア人の友人は、出産シーンをくわしく知らせてくれた。2回ほど倒れそうになったらしい。

日本人の『叔母』としてはうれしいのと同時に、この子たちがこれから生きていく難事にみちた1世紀を思うと、心配せずにはいられない。

現在、私たちが住むルクセンブルグ市では、ヨウ素剤の配布作業が始まった。万一の原発事故発生(カテノム原発は市から南南東約25キロ、国境近くのフランス側にある)にそなえた実施で、全居住者にヨウ素剤と対応マニュアルが薬局で無料配布された。

ルクセンブルグ内には原発はないが、パンフレットには事故発生を知らせる速報、避難経路、子どものいる家庭、農家、自宅の菜園、飲み水、新鮮な野菜の確保などくわしく緊急用の対応が書かれている。

原発から25キロ圏の自治体に住む運命について、あらためて考えずにはいられない。私は日本と欧米で暮らしてきたのだけども。思い返せば大半は『原発銀座』の近くだった。幸い原発事故はなかった。が、大人になれば『他者におこったことは、自分にもおこりうる』と考えるようになる。

。。。下につづく

Naomi Klein’s New Book and the Poison of Capitalism

In this blog, I translated the English article (below) on Naomi Klein’s new book into Japanese and added my thoughts.

Syndicate content