Environment

without a proper environment, no Life

ドローンの違法飛行とヨウ素剤

9月~10月。この秋、たくさんの妊婦さんのお腹をさわった。私のまわりは出産ラッシュで、ベルギー人、スロベニア人、アルジェリア人の友人カップル3組があいついで親となった。分娩室からでてきたアルジェリア人の友人は、出産シーンをくわしく知らせてくれた。2回ほど倒れそうになったらしい。

日本人の『叔母』としてはうれしいのと同時に、この子たちがこれから生きていく難事にみちた1世紀を思うと、心配せずにはいられない。

現在、私たちが住むルクセンブルグ市では、ヨウ素剤の配布作業が始まった。万一の原発事故発生(カテノム原発は市から南南東約25キロ、国境近くのフランス側にある)にそなえた実施で、全居住者にヨウ素剤と対応マニュアルが薬局で無料配布された。

ルクセンブルグ内には原発はないが、パンフレットには事故発生を知らせる速報、避難経路、子どものいる家庭、農家、自宅の菜園、飲み水、新鮮な野菜の確保などくわしく緊急用の対応が書かれている。

原発から25キロ圏の自治体に住む運命について、あらためて考えずにはいられない。私は日本と欧米で暮らしてきたのだけども。思い返せば大半は『原発銀座』の近くだった。幸い原発事故はなかった。が、大人になれば『他者におこったことは、自分にもおこりうる』と考えるようになる。

。。。下につづく

Naomi Klein’s New Book and the Poison of Capitalism

In this blog, I translated the English article (below) on Naomi Klein’s new book into Japanese and added my thoughts.

ナオミ・クラインの新刊書。資本主義の害毒

日本が直面する貧困、格差、生活保護の切捨て、生活の質、幸福度の測定、環境、エネルギー問題、異常気象、規制緩和、遺伝子組み換え食品、地産地消、ブラック企業、国際貿易、TPP秘密交渉、戦争、(非)民主主義などの諸問題をよくよく考えると、資本主義とグローバリゼーションという大きな問題に行きあたるように思う。

これらの問題を考えぬかずに、からまりつながる複雑なシステムの全体像をさぐり、解決策をデザインしていくことはむずかしい。ややこしいが、お金がつくられるしくみもわからないと、いけない(ビデオを参考にしてください)。

資本主義やグローバリゼーションの泰斗(頭をよぎるのは宇沢弘文 、ギー・スタンディング)にはスーパースター(学者やジャーナリストのレベルで)も多いが、私が今、注目しているのは、サスキア・サッセンとナオミ・クラインのふたりだ。

今月9月にクラインの新刊書「This Changes Everything <資本主義>対<気候変動>」が発売したこともあり、彼女の短いインタビュー記事を訳してみた(ブログ後半。左派への5つの大事な教訓。ナオミ·クラインの新刊から)。読みやすくするための工夫をしたが、誤訳や改良する点があれば、指摘していただきたい。

。。。下につづく

オリンピックとTPP。希望を歴史の中に見つける

フランス人の友人が「さちえ、オリンピックの招致おめでとう」と言ったのがきっかけで、欧州の仲間はブラック・ユーモアで日本の放射能問題を延々と笑いとばした。

日本は大地震、津波、台風、竜巻、豪雨、豪雪と災害が多いけど、一番の災害はあの人だ。もはや安倍首相の嘘は、世界中に知れ渡ることとなった。「ああいう友達がいるだけで、もう敵は他にいらない。(バカな友達を持つと、自分に大きな災いをもたらすという意味)」ヨーロッパ地方の言い伝えがある。

ヨーロッパのブラック・ユーモアは、イジメではなく徹底的に苦いニガイ風刺で、日本も欧州の問題も自らの死でさえも、トコトン笑い飛ばし辛らつに批判する。(笑い飛ばすからと言って、彼らが死を怖れないのではない)。でもあそこまでブラックに笑い飛ばすと、ともかく「後は、元気に一日一日を生きていこう」という気になるから不思議だ。

。。。下につづく

Our world is indivisible

It’s supposed to be summer here in France but last week it felt like 10°C, there was a severe flooding in the south-west and it’s overcast most days. Summer heat waves in Australia have increased over the last 50 years. The world’s average temperature is now 8°C warmer than a century ago and such increase can lead to even more extreme climatic events, such as very hot days with bushfires and substantial storms and rainfalls.

The Earth is wrapped in a layer of greenhouse gases which makes conditions right for life (for us to live) by keeping our planet warm and protecting it from cold (known as greenhouse effect). Carbon dioxide (CO2) is the main actor of the greenhouse effect. When excessive amount of CO2 is released in the atmosphere through the burning of fossil fuels (coal, oil and natural gas) for our energy use, climate change occurs; and inefficient use of this energy damages our planet.

On 17th June 2013 I went to a public meeting on climate and energy. The speaker, Mr. Pierre Radanne, spoke about ‘transition energétique’: the reconstruction in 1996, the petrol crisis in 1973 and the current situation (i.e. global obligation, national responsibility and individual action).

He emphasised that we’re paying for the ignorance and behaviours of previous generations, and this should stop. In France, for example, the consumption of energy are: residential comfort (e.g. heating) – 27%, food 18%, information & education 8% and leisure 8%. How can we reduce these figures? Someone from the audience divulged how her school managed to reduce its energy consumption by 50% by changing heaters and appliances.

Eco-friendly Christmas Decor

We posted the blog on the christmas markets in Strasbourg last Thursday.  But, of course, I wish the Christmas lights were powered by renewable energy.

If those markets have existed since Medieval times when there was no nuclear power, we can certainly make fabulous Christmas decorations without wasting too much energy.

Necessity is the mother of invention....  See the photo (with my folding bike).

電気を浪費しなくてできる、エコなクリスマスのデコレーション!こういういう町っていいなあ。

Right to water

Nice documentary film recommended. Watch below:
www.bottledlifefilm.com/index.php/the-story.html

As a citizen, it is time to ask oneself if it is worth or simply feasible to fight against international corporates and local industries for the human right to good-quality, drinkable, and affordable water.

...and of course, the excellent film of Annie Leonard and her team:
"Story of stuff: Story of bottled water"

Also, you may be interested in:
"Challenge corporate control over water: think outside the bottle!"

...and this: "Public water works!"

...and this: http://warisacrime.org/node/40335

人権としての水へのアクセス。水をめぐる争奪ドキュメンタリー

最近、すぐれたドキュメンタリー映画を立て続けに見ました。その一つが“Bottled Life”です。配給会社が後でいい日本語タイトルをつけるでしょうが。無理やり日本語にすると、「ペットボトルに入れられた命、生活、暮らし」とでもいいましょうか。

ペリエ、サンペレグリノ、ヴィッテルなど、70品目以上のミネラルウォーターを幅広く手がける世界最大の食品メーカ・ネスレ(Nestlé)をめぐるドキュメンタリーです。スイス人ジャーナリストRes Gehrigerが、本社、アメリカ・メイン州、パキスタン、ナイジェリアなどを取材し、ボトルウォーター・ビジネスの戦略・実態にメスを入れてます。自国スイスに本部をおく巨大多国籍企業のひずみを、スイス人が告発し複数の映画賞を受賞した労作です。

メイン州では、当企業による商用用途としての水資源の(無制限)利用確保とその拡大、地域住民との水をめぐる攻防、水源の荒廃、地元の女性活動家たちの活躍などを描写。

原発に偏執する日本。そしてエネルギー転換に出遅れる日本

Solar Windmill Boat3.11以来、どこの国でも政府の助成なしには、不安定な原子力産業をささえるのは、いよいよむずかしくなってきている。

World Nuclear Industry Status Report 2012は、原発の建設費は推定費をはるかに上まわり、建設工事も大幅に遅延する傾向にあると報告している。

ちなみに、フィンランドのオルキルオト原子力発電所三号機の建設は5年遅れで、必要費は100〜120%予算超過(60〜66億ユーロ)。フランスでは、2007年にフラマンヴィル原子力発電所三号機の建設開始、2012年に商業運転開始の予定が、竣工は2016年に延期となり超過額はすでに60億ユーロにのぼっている(World Nuclear Industry Status Report 2012、34ページ)。莫大な予算超過分は、当然、国民にはねかえってくる。

原発は商業的にも技術的にも、もう時代遅れの技術であることを周知している先進国は、風力、水力、太陽光、波力、潮力、地熱等々、再生可能エネルギーの開発をアグレッシブに進めている。唯一、日本とフランスが大いに出おくれた感がある。しかし、原発大国のフランスでさえ、確実に変わろうとしている。

野田政権や「原子力ムラ」の人たち、いつの時代に生きているんですか。もっと勉強してほしい。

写真(横)は、ご近所。船のお家

(下)パリ市内の公営の電気自動車貸出制度「オートリブ(Autolib)」

eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20111011/108720/

Our future energy policies

We the citizens of the world deserve the leaders with a visionary energy policy for the future like Mycle Schneider.  I hope that the people of the Japanese nuclear power village watch this video to understand the need of abolition of nuclear energy and the complete switch to renewable energy.

His article last year "Nuclear Fallout Comes With Aura of Arrogance":
www.bloomberg.com/news/2011-03-23/nuclear-cloud-comes-with-aura-of-arrogance-commentary-by-mycle-schneider.html

Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster

Yutakana kurashi

I have just published an article entitled "Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster - アマルティア・センのケイパビリティ・アプローチ、民主政と福島の大惨事" in The Asia-Pacific Journal, Vol 9, Issue 46 No 2, November 14, 2011.

For those who are interested in reading the article, please go to:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648

To print the article:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648?rand=1321820495&type=print&print=1

Rei Shiva's photo shows the deserted town of Futaba, inside the 20-kilometer evacuation zone in Fukushima prefecture. The irony is that the crossroad sign saying “With correct understanding of nuclear, (we have) a yutakana (rich or affluent) living.” Another photographer, Ota Yasusuke shows in his blog the photos of the companion animals unintentionally abandoned after 3.11:
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11009698930.html

次世代のために、原子力巨大企業から生地を守った男

3.11以降、欲に目がくらんで原発推進派になった人たちのことを、私たちは知るようになった。手段(お金・経済成長・ウラン)を得るために、本来の目的(自分・家族・人々のしあわせ・命)を見失った人たち。この期におよんで、原発を止めるとどれだけの雇用がなくなるとか、経済に影響するとか言っている人たち。他のエネルギー資源や新しい雇用機会の選択がないように脅している。

そんな本末転倒した人たちをものともせず戦ってきたジェフリーさんは、まともで幸せそうだ。彼は足りる・充足するということを、よく知っているからだと思う。

ジェフリー・リーに関する日本語のブログ
http://tabimag.com/blog/archives/1921

Qu'est-ce qui est le plus rationnel: se sentir en sécurité avec une arme nucléaire ou vivre en sécurité sans elle?

YouTube montre une œuvre d'art intitulée «Une Carte Temporelle de Toutes les Explosions Nucléaires depuis 1945" par l'artiste japonais, Isao Hashimoto. Avec des spots lumineux clignotants et des sons, il montre 2053 explosions nucléaires qui ont eu lieu entre 1945 et 1998.

www.youtube.com/watch?v=LLCF7vPanrY

Si à la suite d'un de vos essais nucléaires, la radioactivité due à la matière fissible impliquée dans l'explosion contamine le sol, l'eau, l'air et la nourriture dans mon pays, ces matériaux radioactifs se répandront inexorablement sur ​​de longues distances par l'air et par l'eau, et ils retourneront petit à petit dans votre pays pour y empoisonner la chaîne alimentaire et contaminer les aliments que vous, vos enfants et petits-enfants mangez.

Alors, est-il plus rationnel d'avoir une arme nucléaire pour se sentir en sécurité, ou de ne pas en avoir?

Inhalt abgleichen