Society / Evolution

purchasing power, inflation,...

Charm of Luxembourg

  • Clausen banks
  • sakura and holy heart church

ルクセンブルグの魅力

Clausen banks

ルクセンブルグへの通勤者の数は、一日に約20万人。ベルギー・ドイツ・フランスから、国境を超え毎日やって来る人たちが、労働人口の約半数を占めています。金融危機の2008年以降さらに人口は増え続け、この国に住みたい人たちの数も年々増え続けているらしい。

10年ほど前、フランスのメッツからオランダのハーグまで、車で出かけた時のこと。午前6時に、フランス側はすでに交通渋滞。ルクセンブルグを通りぬけ反対車線を見ると、ものすごいラッシュアワーで、ベルギー側から延々と続く通勤車両のテールランプをよそ目に、すいすいと北上していったことがありました。

その渋滞対策として、現在トラムの延長工事が行われ、2020年の春から公共交通は世界で初めてタダになります。横断歩道を渡るときは、交差点にたどり着く前にたいてい車が止まってくれます。まれに横柄な車両に出くわしたりしたら、外国ナンバー(フランスのF)だったりします。

。。。下につづく

Yes to healthy anger but no to violence

On January 19 (Saturday morning) while grocery shopping in our local supermarket, I heard a woman yelling. Since it sounded like she was only an aisle away from where I was, I pushed my trolley aside and had a look. She was pinching and hitting a young man in his early 20s, and I couldn’t believe how calm he was. Was it because there were several of us witnessing it?

I was worried that the young man would eventually lose his temper and fight back, so I hurried to the checkout and asked the cashier to ring security. Some minutes later, two sturdy men arrived and said that they saw it on their camera and thought it was just “problème de couple”. The young man approached and told us that the angry and violent woman had left.

While queuing to pay for my purchases, however, I heard loud voices again. The young woman came back with her two mates, and the safety of the young man bothered me. I turned my head right and left hoping to see at least one of the guards, but they were gone. My nervousness lessened when I noticed that the man was walking towards the male staff at the information/shop entrance. Then, there were piercing voices, but I could only see the staff’s work uniform because of the dozen people around them.

collapsology

This blog is about collapsology. Some French collapsologists (introduced in this blog) force us to come face to face with the hard truth that our common home the Earth is endangered and so are we human species. They also talk about some lifesaving actions and ways (life styles).

コラプソロジー 再考「人類が永遠に続くのではないとしたら」

フランスの抗議運動は、8週目に入った。

マクロン大統領の側近、バンジャマン・グリヴォー報道官の発言がかえって火に油を注ぐことになり、昨夜、黄色いベストを着た抗議者たちが政府施設の入り口をブルドーザーで打壊した。

言うまでもなく、黄色いベスト運動の背景には仏国民の怒りがある。 (マクロン大統領が富裕層を優遇するのは、最初からわかっていたはず。彼はロスチャイルド系列会社の出身ですよね)

燃料税引き上げの反対をきっかけに、労働法の改悪、税制改革、中低所得者へのしわ寄せ、年金生活者の負担、生活費の高騰、格差の拡大など、さまざまな不公平が目に余る。さらに追い打ちをかけるような気候変動・環境の異常さ。人々が現システムのほころびに気づき始め、大統領へのつもりつもった不満や怒りが噴きだしたという感がある。

。。。下につづく

Luxembourg: Flambée des prix du logement

Cela fait peur, surtout quand le Professeur Saskia Sassen parle de ce problème.

Je suis préoccupée par le fait que les prix du logement au Luxembourg se sont envolés au cours des cinq dernières années. Un appartement décent (100m2) coûte 1 million d’euros dans notre quartier (près de la gare), ce qui est inabordable pour beaucoup de gens.

C'est une situation préoccupante puisque nous n'avons pas le droit de voter ici, car « le Grand-Duché compte la plus grande part d'adultes privés de droits de vote dans "l'une des démocraties développées" en raison de sa forte proportion de résidents étrangers à qui il est interdit de voter. »

Cela nous concerne particulièrement dans ce monde pro-business à la façon Trump / Macron qui, de plus en plus, évolue sans s'embarrasser de consultation publique ouverte et éclairée.

(Pour lire la suite...)

Luxembourg: Skyrocketing Housing Prices

This is scary, especially when Saskia Sassen talks about the problem like this.

It concerns me that the housing prices in Luxembourg have sharply increased over the last five years. One decent apartment (100m2) costs €1 million in our neighborhood (near the station), which is unaffordable for many people.

This is a worrying situation since we do not have the right to vote here, as “the Grand Duchy has the largest share of disenfranchised adults of ‘any of the developed democracies’ due to its high proportion of foreign residents who are barred from voting.”

This concerns us in the pro-business Trump/Macron era, without open and informed scrutiny.

(Continue to read...)

Preventing brain drain

This summer we visited our friends in Hanover, Germany, and one main purpose was to celebrate our friend’s birthday. The friend happens to be the manager of the famous Royal Gardens of Herrenhausen. According to him, the attractive Gardens were planned and constructed after the Thirty Years’ War to keep their local decision makers in Hanover. So, I understand it was to tackle a brain drain there. Very interesting.

Large fountain Water springs as a geyser in the largest fountain charming spot
Nana by Niki de Saint Phalle Nana by Niki de Saint Phalle Nana by Niki de Saint Phalle

頭脳流出をふせぐ代物

Royal Gardens of Herrenhausen in Hannover

皆さん、いかがお過ごしでしたか?(8月26日に書きました)この夏、私のまわりでは、(日欧・台湾)8人の方が亡くなり、5人の赤ちゃんが生まれ、1組のカップルが結婚式を挙げました。その間に、友人の誕生日パーティーもいくつかありました。

週末になると、スーツケースを抱えベルギー・フランス・ドイツ・ルクセンブルグのあちこちを移動してました。8月初旬は、友人の誕生祝いにドイツのハノーファー(ハノーヴァー)に行ってました。

飛行機の窓から見下ろすと、町は意外にも青々としていて、この緑化に友人はひと役買っているのだなあと思いながら着きました。友人トーマスはマネージャーとして王宮庭園で働いている人で、歩いて仕事場を案内してもらいました (ドイツやフランスにお住まいの方は、人に慕われる彼をテレビ・インタビューで見かけたことがあるかもしれません)。現地に行くまでは、名だたる名所とは知らず、敷地の広さも木の数も想像以上に大きなものでした(フランスのエッフェル塔、スペインのサグラダファミリア、イギリスのビックベン、ベルギーの小便小僧に並ぶ観光スポットで、EUの記念紙幣裏面のデザインに使われたことがあるそうです)。

庭園づくりの構想にも驚きました。彼の説明では中世の宗教戦争(30年戦争)の後、政治に関与する能力のある人たちが南に移転するのを防ぐため、数十年かけて建造されたそうです。庭園は長年にわたり連綿と手入れされつづけ、毎年、様々な催しが行われるそうです。

。。。下につづく

Inequality in Germany by Michael Hartmann

(a blog post written by my German friend Guido)

Professor Hartmann

Michael Hartmann is an emeritus professor of Technical University Darmstadt

Summary

Social and economic inequality is increasing in Germany faster than in all other developed countries (EU. US, JP, AU, CA, etc.)

Real income (not gross income) has not increased for the average German since the end of the 1990s, and today it has even fallen back to the level of beginning of the 1990s. Most alarming is the increase of income disparity caused by extreme concentration of wealth:

  • +17% for the top 10%,
  • -14 % for the bottom 10%
  • Total: +30% difference in 20 years.

(Continue to read...)

Inequality and Precarity in Japan - The Sorry Achievements of Abenomics

残念なアベノミクスの成果

残念なアベノミクスの成果

アイム・ソーリ、髭ソーリとおちゃらけたのは、たしか忌野清志郎でした。それにならって、アイム・ソーリ、アベ・ソーリ。ソーリ・アベノミクス。

そうです。インタビューで甘利さんたちが「トリクル・ダウン、トリクル・ダウン」(*)とあまりにも繰りかえすので、トリクル・ダウンという言葉のトリックに皆さんはひっかかったのでしょうか。経済成長の恩恵がそのうち庶民にもまわってくるだろう、そのためには、まず大企業と富裕層を儲けさせなくちゃ、トリクル・ダウン効果は起こらないとでも、思ったのでしょうか。ですが実はトリクル・ダウンの逆で「アベノミクスの効果が、大企業や富裕層のみに及び、それ以外の国民には及んでいない」(**)のが事実です。

「できるだけ多くの角度から論点を明らかに」(**) せよということですので、そのように検証しました。そうですね。悪魔/神は細部に宿るといいますものね。ぜひ私たちの記事に目を通していただきたい。

スティグリッツやケイパビリティの理論家たちがまとめた、国連のストックホルム声明書があります。アマルティア・センの理論の影響が、色濃く見られる声明書です。そこには「経済成長は目的ではなく、健康・教育・雇用・安全保障・消費の改善など社会目標を達成するために必要な資源を創出する手段にすぎない」と書かれています。本末転倒のアベノミクスは目的達成をできず、手段の段階で終わっています。

。。。下につづく

Happy New Year -- no resolution, yes motivation

It’s still the holiday season and being on staycation, I’ve time to read. One of the articles I’ve recently come across is on the science of success and motivation (read on Forbes, ''The Science Behind Success And Motivation'', seen 26/12/17). Mr Eric Barker, writer of the Barking Up The Wrong Tree blog, stated that “If you’re tired and unmotivated, it almost doesn’t matter what other strengths you have. People who do nothing tend to achieve nothing. So knowing what motivates you can be critical to success.” I agree with him.

Quoting Prof Teresa Amabile’s research finding that the feeling of progress in your efforts is the most motivating factor in life, Barker advises us to focus on “small wins.” I share his view on this: it is better to work gradually and a step at a time toward meeting our main challenge than to deal with massive issues head on then feel like we’re not getting closer to our goals and are failing.

There are two types of motivation: intrinsic and extrinsic. Intrinsic motivation comes from within, i.e. yourself. Individuals are motivated because they want to be accepted, honoured, independent, loved, powerful, respected, or wanted.

Extrinsic motivation comes from the outside, and the most often mentioned motivating factor for working hard is money. However, many studies have shown that money is not the main source of happiness. If I were one of the respondents, I would have definitely revealed the same thing.

屈しない明日へのビジョン(3)

ポスト真実

みなさん「ホームランド Homeland」という米国のTV ドラマを、ご覧になったことはありますか?

事実をゆがめ 嘘も繰りかえし拡散すれば、世論やポスト真実としてなりたつという情報・印象操作や政治プロパガンダの一面を扱っています。

スノーデン氏が香港のホテルに持参していた本のタイトルも、実は「Homeland」で、同じタイトルでIT 専門家による本もでています。

その「Homeland」を下巻とすると、上巻にあたるのがCory Doctorow の「Little Brother」 (Big Brother じゃなくて) です。(わたしはまだ全部読み終えてませんが)

。。。下につづく

「太平洋の真珠」礼賛

  • Madeira

ここはどこでしょう?

そう、ポルトガルはマデイラ諸島。

昨年末、その楽園に2週間滞在しました。過去には、結核患者の保養地としても知られたところだろうです。あそこにいたら、そりゃどんな病気でも治るでしょ、という明るく希望を持てる安息地でした。

自然保護地区内にあるホテルのスタッフは、訪ねてきた友人を迎え入れるようにあたたかく、毎日オーガニック野菜の手作り料理を食べさせてもらい、連日レバダという灌漑用水路(昔は共同洗濯場でもあったそう)沿いにトレッキングに出かけました。行けども行けども山脈が冴えて見え、海岸線の断崖に立っては足の震える思いをしました。足は震えるのだけど、引き返そうとは思わない。野趣満載。そんな不思議なチャレンジをしました。後で聞いたら、地元住民以外は立ち入り禁止地区でした。

ハヤトウリ、じゃがいも、紫陽花、ブーゲンビリア、ゴクラクチョウカ以外は、図鑑でも見たことのないような、あでやかな花が行く先々で見られ、幾筋もの大滝に息をのみ、源泉を手ですくい、ユーカリの香りを肺一杯にすい込み、幸福感いっぱいの気持ちになりました。

。。。下につづく

Syndicate content