Society / Evolution

purchasing power, inflation,...

日本の民主主義の成熟度は?

今朝もいつものように、「小出裕章(京大助教)非公式まとめ」のサイトをチェックしていました。私たちのように海外に住む在外日本人にとって、原発情報を得る有用なサイトです。コメント欄で、アメリカに住む日本女性(edokko311というペンネーム)が、小出裕章先生の発信情報のFacebookを作成しようと考えているとのメッセージがありました。深夜まで、彼女が自分に何ができるかと、考えた様子がうかがえました。

それで、私も次のような書き込みをしました。フランス時間、今朝9時ごろです。

edokko311さん。みなさんへ。
1)edokko311さん。「なんとかしたい」という切実な気持ちは、私も同じです。私の周りにはコンピューター技師たちが大勢いるのですが、エキスパートによるとFacebookは個人のプライベート部分を公にし、個人・団体の考えや意見を広めるのには向かないと言っています。Facebookに書き入れたことは、おそらく小出先生に属するのでなく、すべてのコントロールはFacebookにいくと思います。ですから、まずはLicenseをよく読んでみてください。

2)このサイトのコメント欄が、フォーラムのように討論の場になっているのは素敵なことだと思います。

私たちも多国語のサイトを、運営しています。このサイトをバックアップする形で、小出裕章先生以外の原発関連の情報や復興支援のアイディアなどを掲載するのに活用してください。
http://social-issues.org/community/

3)私は日本、アメリカ、フランスと原発三大国(そんなこととは知らず)に住んできました。昨日のYOMIURI ONLINEには、今月26、27日にフランス、ドービルで開かれる主要8か国(G8)首脳会議で菅首相は原発、安全性高め継続を表明するとありました。「G8の中で原発推進の立場の米、仏両国と連携し、過度な“脱原発”の流れとは一線を画す立場を鮮明に打ち出す考えだ」そうです。

反原発の世論を反映していない、こんな発言に唖然としています。推進派の米国・フランスにつかず、その残りの国と脱原発に転向してそのリーダーになるくらいの日本であってほしいのに。

巨大地震・現時点で思うこと ─ 在外日本人からの提案

若い世代への期待

日本から離れていても(またそうだからこそ)私、アイディアくらいは出せます。

今回の震災後、融通が利かず手をこまねている大人たちのそばにいて、歯がゆさや苛立ち、怒りを感じている若い世代もいるかもしれません。このブログを読んでくれる人たちの中に、「私たちにしかできないこと」を模索している人もいるかもしれない。

私自身の経験から、思うことなのですが。何か前例がないことを、しようと思う時。自分よりも年上で、名も力もある人や団体に頼ろうとして、結局、そうゆう人たちや団体にはいろいろな制約や規則があって、あまり頼りにならないと感じたことがありました。有名な人ほど、時間も大きなリスクも取れないかもしれません。

もちろん、自分たちにしかできないことをしようとすると、前途に多難はあります。足を引っ張る人たちも、いるかもしれません。

でも、座視してられない。それなら、既得権を持った大人たちの承認や援助を待たず、無名な自分たちで前に進んで行ったほうがいいかなあ、と。

NAO dancing robots at the Universal Expo 2010 in Shanghai

What cute entertainers … they are! A troupe of good-looking NAO robots (produced by the French company Aldebaran Robotics) performs a harmonious dance. They begin by warming up with light movements and gentle stretching. Then, as the music changes to Ravel's Boléro, the NAOs show their real dance skills with equilibrium, fluidity and precision of their moves, and a certain form of esthetics (with postures of aerobics, tai chi, Haka, Noh plays, etc).

At the end of their performance, they bowed down in salute to the audience, I clapped and cheered enthusiastically. You would get touched by their synchronized dancing!

Watching the video, you will understand that we can use robots in many new (positive) ways – for education, for those who have physical challenges, and for many changes.

http://www.aldebaran-robotics.com/en

p.s.: It is interesting that there are also many negative comments on this robot demonstration. Is this due to the general lack of understanding of technology, the use of robots, or robotics? Or, what? Or, these robots look like humans and they move like humans, so people fear that these robots may think, emote, or act like humans!?

« VIEILLIR AU VILLAGE », des liens qui nous libèrent...

VIEILLIR AU VILLAGE, des liens qui nous libèrent... - Fabiola

par Fabiola De Falco – Présidente Fondatrice de l'association Vieillir au Village

Juin/juillet 2010 - Journée de réflexion publique : Vieillir au Village, des liens qui nous libèrent...
Isolement et dépendance... Qu’est ce que « bien vieillir » ?

Une réunion/réflexion publique : Pour quoi ? Pour qui ?

Pour recueillir « en direct » la parole des habitants qui vieillissent sur notre territoire. Pour traduire au mieux ces paroles en actes, le plus justement possible.

Mais aussi pour sensibiliser les élus, les professionnels du grand âge, les responsables d’associations, etc. à un problème de fond, une problématique qui mérite d’être mise en avant, une question à laquelle nous souhaitons réfléchir publiquement : l’isolement et la dépendance des personnes âgées.

L’association Vieillir au Village est au service des personnes âgées de son territoire depuis une dizaine d’années. Le constat qu’elle réalise et qu'elle souhaite partager en l’inscrivant à l’ordre du jour de la réunion publique du 24 juin 2010 à Roynac est le suivant :

L’isolement (social et/ou affectif) est un facteur qui génère et accélère l’entrée de la personne âgée dans « la dépendance ».

Bien vieillir en milieu rural… construction d'un projet pérenne

logo Vieillir au Village

par Fabiola de Falco, présidente fondatrice de l’association « Vieillir au Village »
Formatrice/consultante en Gérontologie

Vieillir en milieu rural…

Le paysage rural est en train de se transformer.

La « ruralité » a déjà beaucoup changé. Certains indices visibles nous le prouvent, comme la raréfaction des agriculteurs, l’évolution socio démographique, l’éloignement des services publiques, des commerces et artisans, le développement de l’attractivité pour le tourisme dont l’impact économique est certes intéressant mais n’a pas d’impact réel sur la qualité de vie des habitants vieillissants (résidences secondaires, hameaux et fermes devenus des gîtes de vacances…). au final, la saison estivale passée certaines zones rurales sont désertifiées.

Auvergne (1)

Niwatori

Click here to read English description of this post

Auvergne (2)

Niwatori

Click here to read English description of this post

Auvergne (1, 2 and 3)

Kobe cheese

I have written on a recent trip to Auvergne (1, 2, 3), one of France’s most aging and depopulated areas. Before I traveled to Auvergne, I was a bit nervous. People told me that the Auvergnats have a reputation for being “special.” In French, the word “special” does not often have a very positive meaning.

フランスの農村·オーベルニュ人の人情(その3)

Kobe

車を止めた音を聞きつけて、おじさんがわざわざ家の前まで出迎えてくれた。朝、ひげを剃ったらしい。笑顔も晴れやか。2日前とは違い、家の門も開け放されている。

「この間は、来客があったもので、追い返して悪かったね」と彼は詫びた。家に入ると、台所も片付き整然としている。「犬は飼ってないんですか」と、初めて犬のいない家にいることに気がつく。「うん、老犬が死んでからね。それ以来もう飼ってないんです。林業もしてたから、山にもよく連れて行ったけど。犬好きだから、欠かさず飼ってたんだけどね。 自分に万一のことがあったら、入院でもしたら、誰が世話をする。犬はどうなる。そう考えると飼えないんですよ」とのことだった。おじさんは真の犬好き、愛犬家である。だから自分の楽しみ·なぐさみ本意で、無責任に動物を飼ったりしない。それでも野生の猫が3匹、昼食の時間にやって来た。おじさんから餌をもらって、かっさらって行くらしい。

フランスの農村・オーベルニュ人の人情(その2)

Niwatori

フランス、オーベルニュの村では、少なくとも3タイプのシニアたちに出会った。

まず第一は、Uターン組。過疎の村で生まれ、パリやリヨンなどの大都市で働き、退職後、故郷に戻って老後を過ごすタイプ。国鉄職員や教員などの公務員は転勤の度に引っ越しをしているのでオープンで、教師だった人たちは老いても好奇心・向学心が強い。

フランスの農村・オーベルニュ人の人情(その1)

Hana

オーベルニュ地方はフランスの中央部に位置する。西ヨーロッパの中でもかなり過疎化が進み、国内では高齢化率が三番目に高い地域である。人の話では、あの地方の人たちは「とっつきにくい」「冷たい」「閉鎖的」「よそ者が嫌い」「極右」とのあまりよくない噂を聞いた。なにやら「無法地帯」かもしれん。「もしインタビューに行って門前払いをされたらどうしよう」「どこかの旅行者のように、車を燃やされたらどうしよう」不安がなかった訳ではない。

リヨンを超えて山沿いを車で走ると、窓から入る空気がひんやりとした。目の前には牧場の緑のパノラマで、その上にたんぽぽが咲き広がり、息をのむほどに美しい。「こんな緑豊かな自然美の中で育った人たちが、恐ろしい悪人であるはずがない」直観的にそう感じた。

Doing gerontology; Doing Takuhatsu

Monk doing takuhatsu

In Kyoto, I saw a group of Buddhist monks who were in training, doing takuhatsu, a traditional begging for alms. Takuhatsu monks walk down the street, chanting "Ho-o-o-o, Ho-o-o-o," and stand outside front door of home to beg for money or food.

Questionnaire on quality of life: Answers by JUDITH TAYLOR

Previously, Judith Taylor (English blogger; see my prior blog on Super Elder Bloggers) left a comment on our site.  Since I study quality of life in old age and get curious, I emailed her and posed some questions initially designed by Ann Bowling, prominent gerontologist at University College London (except the last question is mine).

Here are the answers she emailed me today (see below). I think I agree with her on many points.  Her answers are humorous and poetic.

This week I received some very sad news; our close friend, whom I see her as my third Mother, passed away.  So, I have been down, weeping.  But, Judith's mail cheered me up.  I believe we do gerontology partly because we love talking with older persons who have more experiences of life... Thanks, Judith!

http://judithtaylor.blogspot.com/

Happy New Ox Year!

Amid a global financial meltdown, short of good news, I visited a little village in Southern France.  There, I heard amusing anecdotes of their Santa Claus who comes to town annually. The villagers cannot prove exactly who he is, but they feel Santa is a village guy.  This Santa Claus does not deliver any big gifts, but he visits each person to have a chat, play with kids, and take photos with them.  Like Santa Claus in Paulo Coelho's essay, he delivers "his invisible gifts" (hope, love) to his villagers.  It was COOL to hear such gossips.

迎春

南フランスの村で年末を過ごした。12月27日が誕生日だという高齢女性に、当日インタビューに行った。一時間強の間に「お誕生日おめでとう」という電話が3人からかかる。その間に、近所のおばさんも玄関戸をガラガラ鳴らし「おめでとう」と言いながら入ってきた。

それから一時、村のサンタクロースの話で盛り上がった。この時期になると出没する正体不明のサンタさん。

Syndicate content