Reply to comment

Bonne Année 2018! Vill Gléck am Neie Joer!(謹賀新年)

大晦日の夜。夫とレストランをでて、友人宅の玄関先にシャンパンのボトルを置き、駅前の歩道橋をのぼったところで年が明けました。四方の夜空に花火がはじけ、道々、通りすがりの人たちとボン・アネーと言いかわしながら帰ってきました。

新年のご挨拶をした人の中には、たぶん陽気なドラッグ・ディーラーもいたように思う。この包摂性が当地の醍醐味。町のあちこちに、楽観的な気配のただよう(アムステルダムでも感じましたが)雨天のルクセンブルグです。

前述の善友は、元日午前12時15分がバースデーで、まさか旅先から帰った私たちが立ち寄るとは思いもせず。ドルビーサラウンドの大音響で、子供たちと映画を見ていたという笑い話です。

クリスマスを南スペインで過ごし、ジブラルタルで30キロほど離れたアフリカ大陸を眺めました。エル・カミニート・デル・レイ(Youtube)を歩きながら、人生のチャンスは何度でも巡ってくるのだなあと考えていました。普段、それとは気づかずにやり過ごしているだけかもしれません。

今年の日本にも、チャンスはあると思います。たくさんあると思う。チャンスを探訪すれば、きっと良くなっていくと思う。皆さんにとって、実りの多い2018年でありますように。日本の社会が良くなりますように。

Reply

  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
  • Allowed HTML tags: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • Lines and paragraphs break automatically.

More information about formatting options

CAPTCHA
This question is for testing whether you are a human visitor and to prevent automated spam submissions.
Image CAPTCHA
Enter the characters shown in the image.