Sachie's blog

Excursion to Paris and the German Connection (!?)

Galerie VivienneThe photo (bottom) is the view from the copy machine room of the Maison de la culture du Japon in Paris. (Also, the Galerie Vivienne and roses in the Jardin du Palais Royal).

It was a regular trip to Paris with my husband to fill up with energy. One of my energy sources comes from Book Off, used Japanese bookstore. One of the books I bought this time is written by Setsuko Ono. The book title (in Japanese) is A Woman Flying Alone in the World: Twenty-Eight Years of Experience at the World Bank (Tokyo: Kodansha, 2005). The author's brother-in-law was John Lennon, and her older sister is Yoko Ono. Dr. Ono worked for the World Bank as a senior adviser. Her book seems to confirm my impression that some existing international organizations may suffer partly because some powerful people in development are very keen to promote their own self-interests (rather than to devote much of their energies to fighting global poverty).

Watching the BBC World news at the hotel lobby, I thought of the plight of the people in Syria as well as of Marwan, my old Syrian friend, medical doctor, and businessman, whom I lost contact with.

That night (last Wednesday) we went to watch the movie The Avengers. I wondered if it was one of the movies whose release dates were postponed because of the Fukushima event.

Coming back from Paris, I was checking emails. Lately many of my email correspondents are German people as I find much important work on nuclear and environmental issues has been done by German experts. As you can imagine, nuclear matters are the subject to which I devote a great deal of my thought nowadays.

Our future energy policies

We the citizens of the world deserve the leaders with a visionary energy policy for the future like Mycle Schneider.  I hope that the people of the Japanese nuclear power village watch this video to understand the need of abolition of nuclear energy and the complete switch to renewable energy.

His article last year "Nuclear Fallout Comes With Aura of Arrogance":
www.bloomberg.com/news/2011-03-23/nuclear-cloud-comes-with-aura-of-arrogance-commentary-by-mycle-schneider.html

日本人の歴史的健忘症

私の好きな田辺聖子さんが「楽天少女通ります」(角川春樹事務所、2001年)中で、戦争を次のように回想している。

「・・・楽観的な父が、〈この裏まで焼けたんやから、もうここらは空襲来まへんやろ〉というのへ、そうでんな、とはかない空だのみしか、すがるものはなかった。父は更に、〈偉いサンもそないアホばっかりやおまへんやろ、そのうち、なんぞええ条件で仲直りの手打ちにもっていくのん、ちゃいますか〉

・・・(中略)・・・。母は男たちの話を陰で嗤う。

〈仲直りいうもんは、勝ってるほうがいうもんや。初めに勝ってるときにいうたらよかったのに〉

そしてまた、

〈偉いサンは無責任や。アカンとなったらすぐ投げ出してホカの人に押しつける。若いもんいっぱい死なして〉

母が批判するのは、首相がこの時期、めまぐるしく交代したことだろう。近衛、東条、小磯、鈴木。リアリストの母は結局、お偉方も父の楽観主義も信じていず、衣類そのほかを荷造りしてせっせと岡山へ疎開していた」 (89〜91ページ)。

「すでに盟邦ドイツは降伏しているのに、鈴木貫太郎首相は一億玉砕を唱えていた。その暗示はどれだけの人に効いたろう」 (94ページ)。

与謝野晶子の春、フランスの春

春ブログはほぼ休止状態で、気がつけばもう5月。

ああ()(つき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す君も雛罌栗(コクリコ)われも雛罌栗
君と()くノオトル・ダムの塔ばかり薄桃色にのこる夕ぐれ

フランスに何年も住んでいたかのように、ポストカードに写生するように歌った与謝野晶子。残念なことに、今年はあまりお天気のいい日が続きません。

ちょうど一週間前に新大統領が就任しました。閣僚の給与30パーセント減、男女同数内閣、小学校の年間授業日数の増加、教育重視、過疎地域のソーシャル・サービス復活など、一週間でも政権が変わったんだなあと、感じる国です。

だけど、県庁の移民局の人たちの悪態は変わらないんだろうな。

ハーマン。10日間かけてつくるアルザスのケーキ

わたしの名前はハーマンです。またの名を、友愛のパンといいます。フランスはアルザスからまいりました。天然の発酵食品です。10日間、めんどうみていただくと、一人前になります。

Herman: A cake of friendship that takes 10 days for preparation

Herman takes some fresh air after its journey

This is about Herman, a recipe given by Céline. It never occured to me that there is such a cake that requires ten days for preparation! What's even more amazing is there are people who happily take ten days to prepare such a cake!!

I thought that it is a sort of “intangible heritage of humanity.” Even if the UNESCO does not declare it, I would endorse my recommendation. It is a cake of friendship from Alsace, France. Is it called the cake of friendship because you need to think of Herman all the time, take care of it for ten days, and then share the Herman dough with your friends? Or maybe, as Herman stays in your kitchen for ten days, it certainly becomes your very good friend! Probably, the former explanation is the right one, as the latter implies that you eat a quarter of your friend in the end. Whatever interpretation can be given, Herman is special. Remember. A key to successful cake baking is respiration: Herman's steady breathing. Also, it needs to stay out of a fridge. I imagine that it is something similar to cheese making in a cave.

Ladies and Gentleman, here is Céline's recipe of THE Herman!

Letter from Ogura Noboru Hanshi

I am happy to know that many readers have read the blog (in English, Czech, French, and Japanese) on Ogura Noboru sensei. So, I told Ogura sensei about that and asked him to write a new article. Within a week or so, he replied and enclosed four articles which he contributed to a local newspaper.

今年から中学校で武道が必修化。小倉先生からのメッセージ

PNGの記事は、小倉昇(居合道範士)先生が下野(しもつけ)新聞に寄稿したコラムです。一度クリックした後、再度クリックすると拡大します。

この記事を掲載するにあたり、先生にお電話して許可をいただいた。どんなに世をはかなんで落ち込んでいる人も、この声を聞けば頭がしゃっきりするだろうと思う、そんな心地よい健やかな声で話される。腹からでているので、大きくとおりやすい。

先生によると、これらの記事は評判がよく、特に年配の人たちからたくさん電話をもらったという。先生は記事の話から、最近の柔道界の問題、マナーや道徳違反にもふれられた。「試合に勝った後で、ガッツポーズをしたり」とおしゃったので、「ガッツポーズは、しちゃいけないんですか?」と尋ねた。(私は、たぶん「あろうことか・・・」という質問ばっかりしているのかもしれない。失礼しました)。試合で戦ってくれた相手を敬い、負けた人の悔しい気持ちを思いやり礼をするという、そのような礼節を忘れてはいけないとのこと。(なるほど)

小倉昇先生(居合道範士)からの手紙

友人のジェシーが彼の師である小倉先生から手紙を受け取るたび、ベルギーからフランスの私にファックスやエアメールで転送し、内容を訳してジェシーに伝えている。

どういう経緯か忘れたが、2・3年前初めて小倉先生より私宛に手紙をいただいたことがあった。夕方、郵便物をいくつか手に持ち、注文したピザを受け取りに行った。ピザが釜の中で焼きあがるのを待ちながら、添えつけのベンチで小倉先生からの手紙を開いた。エアメールから、婉然とした和紙の手紙が出てきた。それをピザ屋のオーナーが見ていたらしく「まあ、きーれい。たくさん書くことがあるのねえ」と感嘆の声をあげた。優れたものは、異文化からの宥和というか親和力を引き出すのを私はよく知っている。巻物のように長い上質の和紙をふわふわと手のひらで広げ、私は誇らしげだったにちがいない。先生の美しい筆跡や、意匠をこらした書簡のやり取りをする日本文化のきわだった良さに感じ入った。

小倉先生に関するブログは読者の関心も高いらしくアクセスが多いので、新しい記事を書いてくださいとお願いしたところ、早速、打てば響くように返信をいただいた。先生の男気というか、きっぷの良さを感じた。先生はとっても楽天的でもいらっしゃる。自信が楽天性を産むのだろう。

武道をするような人たちは、女性でも男性でも身でもって日本を守りたいと思っているんだなあと、そういうやさしみを手紙から感じた。

The fish rots from the head down

Nanami Shiono is a Japanese writer who lives in Italy and has written on the history of the Roman Empire. Referring to the declines of nation states, she mentions: "The fish rots from the head down." ("Piscis primum a capite foetet" in Latin) I find it quite suggestive for reflecting on our country, Japan.

魚は頭から腐る。国家の腐敗

作家の塩野七生さんが次のように書いている。

「歴史を一見しただけでも、本格的な改革とは意外にも、二世・三世によって成されている。ただし、傍流の二世・三世によって、ではあるけれど。

それで私などは、下部構造が上部構造を決定する、などとは絶対に思わなくなった。それどころか、誰が言ったのかは忘れたが、魚は頭から腐る、のほうに賛成だ。歴史上の国家や民族の衰亡も、指導層が腐った結果で、一般の庶民はその後もしばらくならば健全を保つ。ただし、頭が腐るとそれは内臓に及び、身もいずれは腐るのだが」(「日本人へ。国家と歴史篇」文春新書、2010年、162頁)。

彼女のローマ帝国史は読んでいない。だがローマ帝国の衰退を促したとされる、キリスト教(キリスト)のシンボルが魚である。なるほど、いろんな意味で示唆的なところがありますね。

友人や知人の中には日本のエリートそのもののという人たちもいて、とても優秀な人たちだと信頼しているので、一般論で「エリート」の悪口は言いたくない。一方、「なんじゃい、こいつら」と驚倒しそうになったエリート官僚と何度か会う機会もあった。ここでいちいち、あげつらうことはしない。だが・・・。

Updating you on eLaboratories

We have been working on two main subjects: (1) international and interdisciplinary collaboration for quality of life (QoL) research; and (2) computer-based technology and infrastructure assisting (1). This type of computer-supported cooperative work in the social sciences has been termed eHumanities or eSocial Science.

QoL or human well-being research has gained momentum after the representatives of the European Commission, the OECD, the UN, the UNDP, and the World Bank made the Istanbul Declaration in 2007 to undertake the measurement of societal progress in each country. In the context of QoL or human well-being research and measurement, one of the most influential concepts is the capability approach (CA). Yet, the operationalization of the CA has long been one of the serious challenges faced by social scientists. As regards to this issue, we argue that modern technology has the potential to provide ample tools for enhancing the measurement of human well-being, and facilitating large-scale collaborative research on the QoL.

We have developed a methodology, procedures, and tools based on the new technologies developed for both governmental and intergovernmental (OECD) sponsored assessments and that are ready to be used for QoL analysis. We propose a viable alternative for facilitating international and interdisciplinary research collaboration to develop a methodology and a dashboard of indicators to monitor the progress of human well-being over the years and to formalize its multidimensional measure for international comparisons.

Family Procession

Yutakana kurashi

Happy New Year 2012. I would like to start with a happy blog.

Luckily, I was able to take a photo of our elderly neighbor and his three pets: two dogs and one cat. The Yorkshire Terrier is Tania. She was abandoned and terrified when this man found her under a car in our neighborhood. He fed her and took her to a veterinarian for check up and some vaccinations, and adopted Tania two years ago or so. The Retriever is a new family member. Being a puppy, he is quite playful, but he is also gentle. He pays attention to his older master, who walks slowly and laboriously. Also, Tania closely observes him as her master walks and crosses the street. The last one is the carefree cat that is often at the tail end of the queue, but easily catches up with the group. As families do, they take care of one another. Very cute procession.

私の好きな情景

Strange family

夏なら朝6時すぎから夜9時くらいまで。冬の寒い日も雪が降らないかぎり、おじさんはうちの目の前に広がる公園で一日を過ごした。公園が彼の社交場、サロンで、いつも仲間のおじさんやバァ〜ルフレンド(田辺聖子さん、あるいは司馬遼太郎さんの造語?)たちと日が暮れるまで、外で人生を過ごしていた。夏になると日焼けで、顔が赤銅色にてかっていた。早朝、ジョギングに行く私を見つけると、おじさんは不自然な方向転換をして歩調を速め、ガイジンの私に近づき話しかけてくれた。最近は特定のバァ〜ルフレンドができたのか、おじさんは家にいることが多いらしい。

最近、おじさんを見かけたので、写真におさめた。「なんか、ええなあ」となごむ風景です。近所のおじさんと三匹のペットが、お散歩するたたずまい。犬二匹に猫一匹。

おじさんは、いつもお昼ごろお散歩するらしい。先頭をいくのは、ヨークシャ・テリア(?)のタニアである。2・3年前の夏、近所にとめられた車の下でおびえていたタニアを見つけて、おじさんは保護した。

Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster

Yutakana kurashi

I have just published an article entitled "Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster - アマルティア・センのケイパビリティ・アプローチ、民主政と福島の大惨事" in The Asia-Pacific Journal, Vol 9, Issue 46 No 2, November 14, 2011.

For those who are interested in reading the article, please go to:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648

To print the article:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648?rand=1321820495&type=print&print=1

Rei Shiva's photo shows the deserted town of Futaba, inside the 20-kilometer evacuation zone in Fukushima prefecture. The irony is that the crossroad sign saying “With correct understanding of nuclear, (we have) a yutakana (rich or affluent) living.” Another photographer, Ota Yasusuke shows in his blog the photos of the companion animals unintentionally abandoned after 3.11:
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11009698930.html

Syndicate content