Japan - Nippon

Japan related topics

あじさい革命雑考 ╾╾ おまわりさん。デモの目的を、わかってらっしゃらない?!

Hydrangea Revolution (Ajisai Kakumei in Japanese) in Japanフランスに住んでいると、デモは日常茶飯事のように見かける。群衆の巨大パーティー、ハレの場という雰囲気が常にあるけど、時には耳をつんざかんばかりのシュプレヒコールが鳴り響き、発煙筒の黄色い煙りが目にしみて、その大混雑から早く立ち去りたくなる場合もある。ヨーロッパには、劣悪な労働条件で働いていた人たちが、デモをして今の社会保障を勝ち取った記憶がまだ生きている。大人も高校生たちも、デモの重要性をよく知っている。

Youtubeで、6月29日の首相官邸前デモの様子を見た(下ブログ)。なんと警官が「シュプレヒコールをやめてください」と叫んで群衆を制している。誰にも聞こえないような静かなデモをして、どうするんですか(大笑い)。

デモの趣旨は、人々が公の場で声を極限まであげて、憤りや抗議や政治的な主張を訴えることである。そういう示威行為の音量は大きければ、大きいほどよい。あんなに、ごみもつくらず、暴動にもならない秩序を保ちながらの大規模デモ。日本の国民は冷静に怒っているのだ。その怒号や叫び、「人々の声」を聞くのが民主政というものだし、本来ならば、官邸前に20万人が結集した事実を報道するのも、(民主主義の)マス・メディアの責務である。

Hydrangea Revolution (Ajisai Kakumei in Japanese)

Anti-nuclear protests are flourishing in Japan like hydrangeas that are in bloom everywhere now. A recent wave of protests is now called Ajisai Kakumei, or Hydrangea Revolution. I do not know who has started to call it, but it is nice as it reflects Japan's ikebana culture. More importantly, I believe that ajisai symbolizes tenacity, and the protesters are as hardy and prolific as ajisai flowers.

Reportedly, 200,000 people gathered outside Prime Minister Yoshihiko Noda's official residence in Tokyo on June 29, protesting against the restart of a nuclear power plant. It was one of the largest public protests since 1960s. Also, many more people protested in other big cities.

For example:

See 1) the video: people are shouting "Saikadou Hantai, or No Restart (the reactors at the Ohi nuclear power plant in Fukui Prefecture)" and "Noda Koso Yamero, or Noda Quit (It is Noda who have to quit)." www.youtube.com/watch?v=UfyFZ_yk7qQ

Our future energy policies

We the citizens of the world deserve the leaders with a visionary energy policy for the future like Mycle Schneider.  I hope that the people of the Japanese nuclear power village watch this video to understand the need of abolition of nuclear energy and the complete switch to renewable energy.

His article last year "Nuclear Fallout Comes With Aura of Arrogance":
www.bloomberg.com/news/2011-03-23/nuclear-cloud-comes-with-aura-of-arrogance-commentary-by-mycle-schneider.html

日本人の歴史的健忘症

私の好きな田辺聖子さんが「楽天少女通ります」(角川春樹事務所、2001年)中で、戦争を次のように回想している。

「・・・楽観的な父が、〈この裏まで焼けたんやから、もうここらは空襲来まへんやろ〉というのへ、そうでんな、とはかない空だのみしか、すがるものはなかった。父は更に、〈偉いサンもそないアホばっかりやおまへんやろ、そのうち、なんぞええ条件で仲直りの手打ちにもっていくのん、ちゃいますか〉

・・・(中略)・・・。母は男たちの話を陰で嗤う。

〈仲直りいうもんは、勝ってるほうがいうもんや。初めに勝ってるときにいうたらよかったのに〉

そしてまた、

〈偉いサンは無責任や。アカンとなったらすぐ投げ出してホカの人に押しつける。若いもんいっぱい死なして〉

母が批判するのは、首相がこの時期、めまぐるしく交代したことだろう。近衛、東条、小磯、鈴木。リアリストの母は結局、お偉方も父の楽観主義も信じていず、衣類そのほかを荷造りしてせっせと岡山へ疎開していた」 (89〜91ページ)。

「すでに盟邦ドイツは降伏しているのに、鈴木貫太郎首相は一億玉砕を唱えていた。その暗示はどれだけの人に効いたろう」 (94ページ)。

Letter from Ogura Noboru Hanshi

I am happy to know that many readers have read the blog (in English, Czech, French, and Japanese) on Ogura Noboru sensei. So, I told Ogura sensei about that and asked him to write a new article. Within a week or so, he replied and enclosed four articles which he contributed to a local newspaper.

今年から中学校で武道が必修化。小倉先生からのメッセージ

PNGの記事は、小倉昇(居合道範士)先生が下野(しもつけ)新聞に寄稿したコラムです。一度クリックした後、再度クリックすると拡大します。

この記事を掲載するにあたり、先生にお電話して許可をいただいた。どんなに世をはかなんで落ち込んでいる人も、この声を聞けば頭がしゃっきりするだろうと思う、そんな心地よい健やかな声で話される。腹からでているので、大きくとおりやすい。

先生によると、これらの記事は評判がよく、特に年配の人たちからたくさん電話をもらったという。先生は記事の話から、最近の柔道界の問題、マナーや道徳違反にもふれられた。「試合に勝った後で、ガッツポーズをしたり」とおしゃったので、「ガッツポーズは、しちゃいけないんですか?」と尋ねた。(私は、たぶん「あろうことか・・・」という質問ばっかりしているのかもしれない。失礼しました)。試合で戦ってくれた相手を敬い、負けた人の悔しい気持ちを思いやり礼をするという、そのような礼節を忘れてはいけないとのこと。(なるほど)

小倉昇先生(居合道範士)からの手紙

友人のジェシーが彼の師である小倉先生から手紙を受け取るたび、ベルギーからフランスの私にファックスやエアメールで転送し、内容を訳してジェシーに伝えている。

どういう経緯か忘れたが、2・3年前初めて小倉先生より私宛に手紙をいただいたことがあった。夕方、郵便物をいくつか手に持ち、注文したピザを受け取りに行った。ピザが釜の中で焼きあがるのを待ちながら、添えつけのベンチで小倉先生からの手紙を開いた。エアメールから、婉然とした和紙の手紙が出てきた。それをピザ屋のオーナーが見ていたらしく「まあ、きーれい。たくさん書くことがあるのねえ」と感嘆の声をあげた。優れたものは、異文化からの宥和というか親和力を引き出すのを私はよく知っている。巻物のように長い上質の和紙をふわふわと手のひらで広げ、私は誇らしげだったにちがいない。先生の美しい筆跡や、意匠をこらした書簡のやり取りをする日本文化のきわだった良さに感じ入った。

小倉先生に関するブログは読者の関心も高いらしくアクセスが多いので、新しい記事を書いてくださいとお願いしたところ、早速、打てば響くように返信をいただいた。先生の男気というか、きっぷの良さを感じた。先生はとっても楽天的でもいらっしゃる。自信が楽天性を産むのだろう。

武道をするような人たちは、女性でも男性でも身でもって日本を守りたいと思っているんだなあと、そういうやさしみを手紙から感じた。

The fish rots from the head down

Nanami Shiono is a Japanese writer who lives in Italy and has written on the history of the Roman Empire. Referring to the declines of nation states, she mentions: "The fish rots from the head down." ("Piscis primum a capite foetet" in Latin) I find it quite suggestive for reflecting on our country, Japan.

魚は頭から腐る。国家の腐敗

作家の塩野七生さんが次のように書いている。

「歴史を一見しただけでも、本格的な改革とは意外にも、二世・三世によって成されている。ただし、傍流の二世・三世によって、ではあるけれど。

それで私などは、下部構造が上部構造を決定する、などとは絶対に思わなくなった。それどころか、誰が言ったのかは忘れたが、魚は頭から腐る、のほうに賛成だ。歴史上の国家や民族の衰亡も、指導層が腐った結果で、一般の庶民はその後もしばらくならば健全を保つ。ただし、頭が腐るとそれは内臓に及び、身もいずれは腐るのだが」(「日本人へ。国家と歴史篇」文春新書、2010年、162頁)。

彼女のローマ帝国史は読んでいない。だがローマ帝国の衰退を促したとされる、キリスト教(キリスト)のシンボルが魚である。なるほど、いろんな意味で示唆的なところがありますね。

友人や知人の中には日本のエリートそのもののという人たちもいて、とても優秀な人たちだと信頼しているので、一般論で「エリート」の悪口は言いたくない。一方、「なんじゃい、こいつら」と驚倒しそうになったエリート官僚と何度か会う機会もあった。ここでいちいち、あげつらうことはしない。だが・・・。

[2011-08-26 Cambria Press] Japan's Shrinking Regions in the 21st Century: Contemporary Responses to Depopulation and Socioeconomic Decline (Peter Matanle and Anthony Rausch with the Shrinking Regions Research Group)

Japan's Shrinking Regions in the 21st Century - book cover

  • Table of Contents
  • List of Figures
  • List of Maps
  • List of Photos
  • List of Tables
  • List of Abbreviations and Acronyms
  • Note on Romanised Japanese
  • Acknowledgments

[2011-11-14 Japan Focus Journal] Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan’s Fukushima Disaster - アマルティア・センのケイパビリティ・アプローチ、民主政と福島の大惨事 (Mizohata, S)

Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster

Yutakana kurashi

I have just published an article entitled "Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster - アマルティア・センのケイパビリティ・アプローチ、民主政と福島の大惨事" in The Asia-Pacific Journal, Vol 9, Issue 46 No 2, November 14, 2011.

For those who are interested in reading the article, please go to:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648

To print the article:
http://www.japanfocus.org/-Sachie-MIZOHATA/3648?rand=1321820495&type=print&print=1

Rei Shiva's photo shows the deserted town of Futaba, inside the 20-kilometer evacuation zone in Fukushima prefecture. The irony is that the crossroad sign saying “With correct understanding of nuclear, (we have) a yutakana (rich or affluent) living.” Another photographer, Ota Yasusuke shows in his blog the photos of the companion animals unintentionally abandoned after 3.11:
http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11009698930.html

Nuclear Disarmament and the Capability Approach

I have been writing a paper entitled "Amartya Sen's Capability Approach, Democratic Governance and Japan's Fukushima Disaster." So, I think of Hiroshima, Nagasaki, and Fukushima everyday: three man-made disasters. Here are notes from (about) three people on Hiroshima/Fukushima.

John Rawls (whose work has heavily influenced the philosophy of the capability approach):

50 Years After Hiroshima.
"The fiftieth year since the bombing of Hiroshima is a time to reflect about what one should think of it. Is it really a great wrong, as many now think, and many also thought then, or is it perhaps justified after all? I believe that both the fire-bombing of Japanese cities beginning in the spring of 1945 and the later atomic bombing of Hiroshima on August 6 were very great wrongs, and rightly seen as such. In order to support this opinion, I set out what I think to be the principles governing the conduct of war—jus in bello—of democratic peoples. These peoples' have different ends of war than nondemocratic, especially totalitarian, states, such as Germany and Japan, which sought the domination and exploitation of subjected peoples, and in Germany's case, their enslavement if not extermination" (Dissent Magazine, Summer 1995).

The Capability Approach and Fukushima (2) . . . (by Sachié MIZOHATA)

We have started this online community to serve a dual purpose, focusing on political (i.e. public discussions and participation) and social (i.e. collaborative research and online networking) activities. One of our goals has been to develop our eLaboratories. To do so, I have been writing blog articles to maintain this site; so, blog has been secondary to eLabs. However, I have realized that the number of access on my Japanese blog on the capability approach (the CA) is far higher than any other Japanese blog. I was happy to know that Japanese people read my blog to understand the CA.

ケイパビリティ・アプローチ。原発を読みとく(2) . . . 溝畑さちえ

ケイパビリティ・アプローチの定義
ここであらためて、ケイパビリティ・アプローチを定義しておきましょう。このアプローチは個人のwell-beingやケイパビリティなどを見ながら、人々の暮らし向きや社会のありさまを評価分析するための理論です。また社会のしくみの弊害をさぐりあて、不平等や不正義などを批判するのに有効な規範倫理としても活用されています。さらに、国民の幸福度を高めることを目的とした政策立案を導出する、理論的枠組みとしても使われる多目的なアプローチです(Alkire, 2005; Robeyns, 2005; Alkire, 2008, p.30; Comim, 2008)。

補足しますと、このアプローチにもとづいて特定の現象を分析するとき、たとえば貧困や不平等や幸福など(の要素)をおおむねこういうものだと説明することもありますが。このアプローチは、どちらかというとそういった事象を筋道を立てて説明する理論というよりは、貧困や生活の質など個々の現象の本質的な特徴や共通点をとらえ(概念化し)、説明できるように手引きする規範理論です(Robeyns, 2005)。貧しい国だけでなく、経済的に豊かな国の分析にも用いられます。この理論の思想的な源泉は、アリストテレス、アダム・スミス、イマヌエル・カント、カール・マルクス、ジョン・スチュアート・ミル、ジョン・ヒックスだとされています(Sen, 2005; Nussbaum, 2006)。

Syndicate content