Japan - Nippon

Japan related topics

Momotaro and the Zokkoku Theater

This is my blog about the Client State – Japan with a satire flavor. I hope to write an English paper on the Zokkoku sometimes soon, so I won’t go into detail now.

属国劇場 ~ 「あれから桃太郎は」

Momotaro

かつて、神国日本をささえた価値体系があった。国の起源を「神話」にもとめた国体論。国家神道。天皇の神格化。天皇を家長とする家族国家観。「皇祖皇宗のために命を捨てよ」と説いた教育勅語と国民総動員体制に盾つかない従順な人づくり。玉砕を強いる人命と人権の軽視。そして学問軽視。

(国のかじ取りをする人が条理明晰な説明ができずに、中身なし・専門知なしの反論だと外国人に指摘されて、逆ギレしたり開きなおったり。今も、あまり変わってないのでしょうか。世界の常識では、「国を愛し、誇りに思う心をはぐくむ」教育と、国際人権規約に抵触しそうな法案を通そうという国は、矛盾があるとみなされる)

「臣民」の童心教育で教訓性や強制力をすりこむのに、こどもたちからひろく愛された桃太郎ほど最良の教材はなかった。国際連盟から脱退を余儀なくされた日本で、その英雄の暴力性は増し、いつしかハチマキの文字も「日本一」から「世界一」に変わっていた。

戦後、占領軍はさまざまな分野の専門家を集め、日本を骨抜きにするための画策を練った。社会科学者たち(ルース・ベネディクト含む)は、「世界に類をみない特別な国」「日本人らしさ」「日本人の誇り」という偏狭な選民意識に目をつけた。それを逆手にとりアイデンティティとして宣揚すれば、日本の国際協調を困難にし、アジアで孤立させることで、常に宗主国のご機嫌をうかがう属国の思想的な下地になると、彼らは70年前に見抜いていた。

。。。下につづく

Momotaro Story

This blog is about the articles of Okuizumi Eizaburo (1940 – 2013) on “The Story of Peach Boy and Japanese Culture.” It was published in the Japanese American newspaper, Mid America Guide, from February to August (except July) in 1996.

I think that Momotaro is still relevant in today’s Japan. Okuizumi writes that evil Oni (鬼) is Oni (隠), namely something invisible (it can be seen it as Japan’s perception of foreign threats). Momotaro story can be also associated with Nippon Kaigi school’s regimentation, hate indoctrination, and instrumentalization of children. Peach Boy is a very interesting subject to study, indeed.

奥泉栄三郎さん(1940-2013) 「桃太郎と日本文化」

Momotaro

「それにしても、あなたは年寄りの友達が多いねぇ。僕も含めてね」なにを話していたかは、覚えてないが。そう言って、奥泉さんは明るくはじけるように笑った。

彼がいなくなれば、友人関係はそれで終わってしまうものだと悲しかった。ところが、病気になった彼に代わって、妻の圭子さんという友人をあらたに得た。奥泉さんの人生は、この賢くやさしい女性にささえられてきたのだと知るようになった。

その圭子さんが、この春、彼の残した「桃太郎と日本文化」という文書を送ってくれた。

室町時代から語りつがれる民話が、軍国主義を正当化する童話として、GHQに禁じられた時期があったという。「赤鬼・青鬼」は「鬼畜米英」で、「鬼ヶ島」を「真珠湾」にたとえたのだから、ムリもない。ピーチ・ボーイの改変史を知ったのは、近年ジョン・ダワー氏の本を読んでからである。

奥泉さんも、随分まえから桃太郎をみていた。うれしいのと同時に、これは年上の友人からの警告だろうか、と思ったりもする。

つまり「桃太郎人気にご用心」ということだろうか?

。。。下につづく

二週間でみた日本(2)シニアのエージェンシー

再会を楽しみにしていた女性に会いに、銭湯のサウナに行ってみた。すると80代(もっと高年?)とおぼしき女性が、非常に危なっかしい足取りですぐ横を通っていくのを目にした。私のだす石鹸の泡で転んでは大変!と、おもわず手を差しだしたら「前をごめんなさい(正確には横)」と淑やかな彼女。「こんな熱いお湯につかって大丈夫なの」とひやひやしていたら、彼女はまた湯船につかり「お先ですぅ」と満足げに去っていった。お見事。

以前、アルプスの近くに住むシニアの哲学者で牧師さんが、話してくれたことがあった。一人で山登りに出かけるとき、娘や息子が携帯電話を持って出かけるように繰り返しいうが。彼曰く「それはしたくない。それは私の自由」と。なるほど!

彼が毎日同じ赤のセーターを着ていたのは、徐々に視力を失っていく妻に(のちに他界)自分がそばにいることを知らせるためだった。そんな慕い寄っていきたくなるような篤実なフランス人男性が、家族の心配をわからないはずはない。

。。。下につづく

Japan in two weeks (2) Senior agency

I was in Japan for two weeks or so. Over this short period, there were so many things: American presidential election, Japan’s TPP push, flu season, Professor Nussbaum’s winning the Kyoto Prize, etc. I have written a few blog articles on some issues. This piece is about my comments on recent media reports on older drivers reported as dangerous.

Japan in two weeks (1) sexual harassment

I was in Japan for two weeks or so. Over this short period, there were so many things: American presidential election, Japan’s TPP push, flu season, Professor Nussbaum’s winning the Kyoto Prize, etc. I have written a few blog articles on some issues. This piece is about my thoughts on sexual harassment and sexual assault incidences in recent Japan.

二週間でみた日本(1)セクハラ

二週間とちょっと、関西にいました。その間に米国の大統領選挙があり、日本ではTPPの国会承認手続きへの動きがあり、恩師マーサ・ヌスバウム先生が賞のために来日され、彼女を迎えた京都ではしつこく咳がつづくマイコプラズマ肺炎という病気がはやり、ネットでは私のペーパー(日本会議について)を載せていただいたりしたようでした。その間のことを、何回かに分けてブログに書きとめたいと思います。

・・・・

京都の下鴨署などで通訳をする友人が、こぼれ話をしてくれた。夜中の2時3時、早朝にも電話がかかり出かけるらしい。それも毎日のように。私なら寝ぼけて「グッド・ラック」といって、お断りするだろうか。元気に仕事を引き受ける彼女は、エライ!

よくあるケースに、日本人男性と外国人女性のトラブルがあるという。「セクハラ」というので「レイプなの?」と聞くと、「強姦ではなく、男性が女性の性器を触ったりする」のだという。

。。。下につづく

あなたも・わたしも・みんな ⎯⎯ 「障害者」の定義づけ

相模原障害者施設殺傷事件について

シカゴ市内の精神病棟で、元クラスメートにばったり会った。

広大な州立病院で「さち」と呼ばれて、お互い目をあわせて一瞬かたってしまった。

4・5年ぶりの再会で、名前がすぐに思い出せなかった。互いに「この人は患者なんだろうか、あるいは・・・」ととっさに判断しようとしていたように思う。

彼がそれを問いかけた。「なんで、ここにいるの?」

私は大学から来ていることを告げ、彼もリサーチでインタビューしに来ているのだという。そんなことを話しながら、笑いあった。白衣やパジャマなど「役割」を示すユニホームがないから、たたずまいや言葉づかいや語彙で、判断するしかない。ハロウィンの日は薬物中毒の男性が、担当医に扮して蝶ネクタイをつけていた。そんな病棟である。

。。。下につづく

選挙 と 日本会議 と 主権を制約しようとする「自虐」の日本人!?

先月。パリのジュンク堂に10日後に届くはずだった本が、棚にあった。よろこび勇んで菅野元さんの「日本会議の研究」をゲットし、あわせて集英社のKotobaも読んだ。人にすすめられ「そおーかなァ」と半信半疑で読んでたら、なんと読めば読むほどオモシロい。日本会議に、はまってしまった。最近、肩ががちがちにこっているのは、そのせいだろうか。日本会議をとりまく問題はパンドラの箱というか、昔話にでてくるお化けというか。開けてもあけても魑魅魍魎がでてきて、おもしろい。

すこし最近の雑感とぼやきを。

日本の選挙投票日は、なぜかこちらのお祝いの日と重なる。今回は、欧州のサッカー最強国を決める決勝日だった。その前の選挙は、友人カップルの新居でお茶をする予定が、あまりの選挙結果に落ち込み私だけ家に引きこもった。その前は、忘れもしないベルギーの建国記念日。友人宅でバーベキュー・パーティーという楽しいはずの7月21日。「家が一番」と満足げな友人や子どもたちがプールサイドで踊りたわむれ、水しぶきを太陽光が反射していた。それを眺める友人たちはフラゴリーノ(苺のお酒)をたのしみ。まわりは幸福に息づまるような快晴の夏日で、私は暗澹たる気分で日本を心配していた。その落差ったら、ないッ。

一水会の鈴木邦男氏が日本会議の中心人物たちのことを、「優秀な人たち」と評価していた。www.videonews.com/marugeki-talk 。。。

。。。下につづく

Deported of Indochina: "We Are Forgotten Ones of History"

インドシナにおける強制送還:「我々は歴史から忘れさられている」

Jérôme Jadot, Cécile Mimaut - www.franceinfo.fr "Les déportés oubliés d'Indochine" (21-04-2016)

今年4月、週末。のんびり朝食をとりながらラジオ(フランス・アンフォ)を聞いていたら、涙にむせびながら話す男性の声が耳に飛びこんできた。あんな風につらそうに高齢の男性が泣くのを耳にするのは、祖父が若い頃に(曽祖父の破産が原因で)苦労したといって泣いたとき以来である。

これは訳さなくてはいけないと思い、フランス・アンフォに一応許可を得ようと連絡したところ、約1ヵ月後に許可をいただいた。(こちらが忘れていることでも、欧州人は忘れていない!)できるだけ多くの日本人に、読んでいただきたい。

4月21日 2016年 ジェローム・ジャド(国営ラジオ フランス・アンフォ)
今週日曜日の強制送還記念日は、ナチスによる強制収容所の犠牲者への追悼と尊敬の意を表する。だがその日は、我々があまり耳にすることのない、第二次大戦中に強制送還されたその他の犠牲者たちを含むものではない。1945年3月~9月の間、15,000人のフランス人はインドシナの日本収容所に収監されていた。

キャンプの生存者のインタビュー。

。。。下につづく

日本礼賛 と 星の王子様のうぬぼれ男(2)

This is again about my English essay Superb Japan!?
mizohata.org - Superb Japan!? ― 日本礼賛の幻想

In my Japanese blog (1), I write on Japan’s recent self-praise claims in connection with the conceited man in The Little Prince by Antoine de Saint Exupéry, though of course I did not mention it in my English essay. That’s why you see the cute Little Prince.


Credits: Le Petit Prince Collection by AmiAmaLilium on DeviantArt
under Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 License

日本礼賛 と 星の王子様のうぬぼれ男(2)

先週のブログで、大事な点がもうひとつぬけてました(他にもありますが)。うっぷす。

日本礼賛は、日本の美点を誇りほめたたえる政治宣伝です。

日本礼賛を見聞きしているうちに、われわれはこんなにも優れた民族なんだという気になるのでしょうね。でも、その有能感の深層にあるのは、優劣重視や差別意識に基づいた世界観ではないでしょうか。

愛国心や戦意高揚をねらった称賛扇動と軍国主義は、密接なつながりがあることは述べました。(英文エッセイには、もちろん「星の王子様」は登場しません)過去にはアジアの「指導民族」であるという優越心が、自国の来し方や侵略戦争を善なるものとして正当化したわけです。
mizohata.org - Superb Japan!? ― 日本礼賛の幻想

敗戦により、日本人のおごりや陶酔感はものの見事に叩きつぶされます。

ですが戦後すぐに、日本のうぬぼれや虚栄心を目ざとく見てとったのが、ジョン・フォスター・ダレスでした。そう、「望むだけの軍隊を、望むだけの場所に、望む期間駐留させる」と発言したことでも知られるアメリカの政治家です。

。。。下につづく

日本礼賛 と 星の王子様のうぬぼれ男

I have just started my own site www.mizohata.org and posted my English essay. Please visit the site!

Syndicate content